家事代行の料理がまずい時の対処法!言いにくい時はどうする?

家事代行 料理 まずい 生活

スポンサードリンク



仕事と家事の両立が難しく、

特に料理に割けるような暇がない…

そんなときに利用するのが家事代行サービス。

 

自分の代わりに料理を作り置きしてもらい、

いざ食べてみたときに『あれ、この料理ってまずい…』と思った事はありませんか?

 

今回は、家事代行のスタッフさんが作った料理が

まずかった時の対処法をご紹介します。

家事代行の料理がまずい時の対処法!

 

家事代行のスタッフさんの料理がまずかったからと、

二度と頼まないとなると、

今度は自分が料理を作らなければならなくなりますよね。

 

それでも料理に当てられる暇がないから家事代行に依頼するほかないけど、

また料理がまずかったらイヤだと思いますよね?

 

その場合は次のいくつかのポイントを事前に見るなど、

気をつけて家事代行サービスに依頼しましょう!

 

①どれだけの作業をしてもらえるのか?

サービス会社やスタッフによっては、

『何ができるのか』『何をしてもらえるのか』といった仕事の範囲などが違います。

 

②料理のレベルはどのくらいか?

調理師の資格を持っているならば、

どのくらい料理ができるのかは言うまでもありません。

 

しかし、資格を持っていない人のレベルが分からないと不安になり、

食材のカットすらまともにできない素人に作ってもらうのはイヤですね…。

 

③リクエストにしっかり応えてくれるのか?

依頼主であるこちらの好きな味や苦手な食べ物、

果てはアレルギーがある食べ物などを伝えます。

 

これは調理する前に聞かれるのが主ですが、

聞かずに調理を始めてしまったら早く伝えておきましょう。

 

もちろん要望を聞かないのも問題ですが、

アレルギーのある料理などを食べたことによるトラブルに遭いたくないですね。

 

④スタッフの質を見極める

依頼する前にスタッフのプロフィールが紹介されている会社が多いかと思います。

 

ここで調理師の資格を持っているかの確認はもちろん、

そのスタッフの特徴を知ることができます。

 

前の3つと被りますが、

スタッフの能力がここで事前に確認できます。

 

また、依頼主によっては『中年特有の加齢臭がイヤ』

『自分は女性だから異性のスタッフだと問題が起こりそうで不安』という要望から、

来て欲しいスタッフを選べるところが多いです。

スポンサードリンク

直接言いにくい時は?

 

家事代行のスタッフさんが作った料理がまずかったのだけど、

直接その人には言いづらいな…と思ったことはありませんか?

 

その場合は、依頼したスタッフさんが在籍する

会社のコーディネーターに連絡するようにしましょう。

 

要望に応えられなかった、できないことが多すぎて逆にこちらがした方がマシ、

といったいわゆるクレーム案件としてあちらが受け取ります。

 

それによりスタッフさんに連絡の内容が伝えられ、

どういった問題があったからこのようなトラブルが起きたのかを

話し合って指導してもらえます。

 

また、スタッフさんや依頼先の会社の変更をすることも

手段のひとつとしておぼえておいてください。

 

指導をしてもらったからといって、

すぐに料理のレベルが上がるなどの改善がみられるとは限らず、

同じスタッフさんが再度ミスをすると困りますね…。

 

スタッフさんを変更する際も先にも挙げたように、

事前に能力の確認をするなどの対策をするようにしてくださいね。

 

まとめ

 

ここでお話した内容をまとめさせていただくと次の通りとなります!

 

①事前にスタッフの能力や人柄を確認することで、

料理がまずいというトラブルを回避しやすくする。

 

②直接スタッフに言いづらい場合は、

そのスタッフの在籍する会社に事情を伝える。

 

料理は家事の中で手間のかかる作業です。

 

そんな料理の手間を省くための手段として、

家政婦などの家事代行を依頼することは今日では珍しいものではなくなりました。

 

その家事代行のスタッフさんに作ってもらった料理がまずいといったトラブルは

どうしても避けたいですね。

 

ただまずかったからと文句を言うだけではなくて、

代わりに料理を作ってもらったという感謝の気持ちを持つことも大切だと思いませんか?

 

スタッフさんのレベルアップにも力を入れている依頼先の会社もみられるので、

長い目で付き合うのも重要といえるでしょう!

タイトルとURLをコピーしました