家の焼肉の匂いが取れない時に消すことが出来る裏技とは!

家 焼肉 匂い 取れない 生活



スポンサーリンク

焼肉はお家ですると至る所に煙がこびりついてしまうので、匂いが中々落ちづらいです。

いくら掃除しても煙の匂いが残ってしまうのではないかと不安になってしまします。

 

今回は、家で焼肉をして、匂いが取れない時に消すことが出来る裏技や対策方法をご紹介します。

 

家の焼肉の匂いを消すことが出来る裏技

 

家で焼肉をす時、消臭効果のある方法がいくつかありますので紹介します。

 

家で焼肉をする時に煙が気になりますが、主な煙の原因は油煙なのです。

 

脂身が多い肉はカルビやバラ肉、豚トロなど、脂がのった魚などに含まれています。

 

煙は壁などに付着しやすく匂いも残ってしまいますが匂いを消すアイテムもあります。

 

それは消臭剤であったりもします。

空間消臭をそばに置いて焼肉をすると匂いを消してくれます。

 

また、焼肉をする前に壁や床、天井等にアルコールを吹きかけておくと煙がつきにくくなり、匂いも残らないです。

 

また、焼肉をするときは換気をしながらすると効果的です。

 

冬などは寒くて窓など締めがちですが、換気扇や窓を少し開けるだけでも煙が外に行くので違います。

 

要らないタオルを水で濡らして、しっかりと絞った濡れたタオルで振り回しをすると、空気中にある煙を水分が吸収して匂いを抑えることができます。

 

ただし、びちゃびちゃのまま振り回すと水が飛散するので注意してくださいね。

 

さらにお茶の葉をフライパンなどで煎ると消臭効果が得られます。

 

お茶の成分にカテキンが含まれていてそのカテキンが消臭効果をしてくれます。

葉っぱがカラカラになったら交換して幾度かやると効果的です。

 

煎りすぎてしまうとかえって逆効果になり匂いが酷くなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 家焼肉の煙対策はどうするのがベスト?

 

最近では、家庭用ホットプレートで煙が立たないものや拡散させる製品もでてきていますが、完全には煙は消えません。

 

煙対策としては、煙があまりたたない食べ物などを選んだりすると良いでしょう。

 

肉は脂身の少ないハラミやロースなど、魚介類は、脂身の少ない甲殻類などにしたりすると煙があまりたたずにすみます。

 

そして、ホットプレートの余熱をしておくといいです。

 

適温まで時間がかかってしまうので、焼肉をするおよそ20分~30分ホットプレートを温めておくのです。

 

温め始めだと低い温度で焼いていくので時間がかかったりもしますので、予めホットプレートを温めておくと常に同じ温度でおいしくいただけます。

 

そして、設定温度を200度にしておきましょう。

 

それ以上に温めてしまうと、油煙が発生しやすくなり、家中の至る所に油霧が飛び散り匂いがこびりついて汚れとなってしまいます。

 

家庭内焼肉では、布製品などは汚れないように養生しましょう。

養生するものは新聞紙などで十分です。

 

また、焼肉の匂いは焼肉が終わった後、前述したとおり、濡れたタオルを振り回したり、お茶の葉を煎じると匂いが取れます。

 

衣服などは先に消臭スプレーなどしておくといいです。後からでも大丈夫です。

消臭スプレーの使用タイミングなどは使用方法に記載されています。

 

注意していただきたいのは、間違えても扇風機や清浄機などの使用はしないでください。

脂が拡散して、かえって汚くなります。

 

まとめ

 

家で焼肉をやるときは、匂いや汚れが気になります。

しかし、予防や対策を正しく知ることによって、楽しく焼肉ができます。

 

焼肉をやる前には、消臭スプレーや消臭剤を置いたり、換気するため換気扇を回したり、窓を開けて準備を万全にしましょう。

 

また、煙が気になって仕方ないようでしたら、あまり脂身の多い食べ物は控えめにするといいです。

 

食べ終わった後は、捨ててもいいタオルを濡らしてよく絞って振り回したり、お茶の葉をフライパンや使ったホットプレートで煎るといいです。

 

濡れたタオルの水分が匂いを吸収しますし、お茶の葉には消臭成分カテキンが入っていますので、消臭効果ばっちりです。

 

また、使用するホットプレートの性能でいいものがあったりします。

 

煙を少なくするものや拡散させるものや煙を吸い込むのもあったりします。それらを使用するのもいいです。

 

焼肉の煙も気ならない一人焼肉もいいかもしれませんが、やはりみんなでワイワイ楽しく焼肉をしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました