あさりの砂抜きをお湯でした際に開かない場合は食べられる!?

あさり 砂抜き お湯 開かない 生活

スポンサードリンク



あさり料理っておいしいですよね。

 

あさりのバター炒め、ボンゴレビアンコ、

あさりの味噌汁、クラムチャウダー♪

 

あさりの味がそのまま出汁となって、

食材そのものを楽しめる手ごろな貝です。

 

あさりといえば潮干狩り!

子供もあさりをとるのに夢中になりますね。

 

食べてもおいしいあさりですが、

気になるのはあさりの砂抜きではないでしょうか?

 

せっかくとってきても十分な砂抜きでないと、

「味はおいしいけど、ジャリジャリが嫌だ」と、

あさり嫌いになってしまう子供もいます。

 

わが家の子も、砂抜きがしっかりできていない事がきっかけで、

あさりが苦手になってしまいました・・。

 

また、お湯であさりの砂抜きをする場合、開かないのも出てきますが、

食べることは出来るのでしょうか?

 

今回は、あさりの砂抜きについてご紹介します。

 

あさりの砂抜きをお湯でした時に開かないのはなぜ?

 

あさりの砂抜きをお湯でした時に開かないのは、

もともと死んでいたか、お湯の温度が高過ぎたためでしょう。

 

“50℃洗い”をご存じでしょうか?

 

テレビで話題になったあさりの洗い方ですが、

お湯が熱すぎると、あさりがその段階で死んでしまう可能性があるんです。

 

通常のあさりの砂抜きは6時間以上かかります。

 

すぐに調理できずに、

待ち時間が長いことがネックなんですよね・・。

 

でも、お湯を使った方法の50℃洗いなら、

たったの10分でできてしまうんです!

 

通常の砂抜きとの比較として、

通常パターンを、まず紹介します。

 

通常のあさりの砂抜きとは?

 

①砂抜きの水の準備

水200mlを用意し、塩小さじ1杯を完全に溶かしておきます。

 

この塩分濃度は、海水より少し薄い程度です。

海水よりやや低い塩分だと、あさりが砂を吐きやすくなります。

 

海水より濃い塩分濃度にしてしまうと、

あさりが窒息してしまうので注意してくださいね。

 

②あさりを浸す

あさりの貝の部分が少し出る程度まで塩水で浸しましょう。

 

真水の状態だと塩が完全に溶けきらず、

下の方は塩分が濃くなってしまいます。

 

あさりが完全に沈んでしまう状態にならないようにしましょう。

 

③蓋をして、冷暗所へ

あさりが活発な場合、

水を元気よく容器の外に吐きだします。

 

蓋は新聞紙でも対応可能ですし、

容器専用の蓋でも問題ありません。

 

また冷暗所といっても、

そこまで暑くなければ冷蔵庫に入れない方が良いです。

 

④6時間待つ(お店での購入なら3時間)

ただ待つだけでなく、たまに観察しましょう。

 

観察点は、「あさりが砂を吐いているか・あさりの水管が出ているか

・水に黒いものが沈んでいるか」です。

 

この6時間は、潮干狩りでとれたあさりの場合です。

 

お店で買ってきたあさりは、

砂抜きしつつ販売されているので3時間程度で砂抜きできます。

 

元気なあさりですと水もかなり元気に飛んできますので、

小学生でしたら夏休みの自由研究の観察材料にもなりますね♪

 

では、お湯を使って砂抜きをする方法を紹介します。

 

あさりの50℃洗いとは?

スポンサードリンク

①まずは、あさりを水洗いします

水道水で充分ですので、貝がらに付いた汚れを落とします。

 

この時にあまり激しくこすり合わせると、

貝がら自体が砕けてしまうので、優しくゴロゴロと洗ってくださいね。

 

お湯が出来上がるまでは水に浸けておきます。

 

②50℃のお湯を準備しましょう

温度計が自宅にある方は、ぜひ使ってください。

 

温度計が自宅にない場合は、

沸騰させたお湯と同じ量の水道水を混ぜれば、

だいたい50℃のお湯が完成します。

 

つまりは、200ml沸騰させたお湯に、

200mlの真水を混ぜれば良いだけなんです!

 

“だいたい”なので完成するのは、

49℃~53℃あたりの温度になってしまいます。

 

③お湯に浸け、10分置く

50℃のお湯に入れ、ゴロゴロと混ぜたあとは、

10分間置いておくだけです。

 

④確認

お湯がやや白くなったら砂抜き完了のサインです。

あっという間ですね!

 

あさりを砂抜きして開かないのは食べられる?

 

あさりを砂抜きして、

加熱調理した時に貝が開くのであれば食べられます。

 

ですが、もともと死んでしまっている貝は

加熱しても開きませんので無理に開けて食べるのは厳禁です!

 

死んでしまった貝の見極め方

 

貝を購入したり、潮干狩りでとってきたあとで、

きれいに洗いますよね?

 

その段階で見極められるんです。

 

あさりが水管を出すのは生きている証拠ですが、

水管を引っ込めるのも生きている証です。

 

ゴロゴロと洗う時に、

貝が完全に閉じていないものは死んでしまっています。

 

また、匂いが悪いものは、

死んでしまっている可能性があります。

 

手に取って、洗う段階で見極めて、

死んでしまっているものは除外させましょう。

 

安全に美味しく食べたいものですね♪

 

まとめ

 

あさりの食中毒は、特に天然の貝に多いです。

 

市販で販売されている貝は安心できるのですが、

潮干狩りの貝は、規制の範囲外なのです。

 

潮干狩りをする区域が、

ちゃんと検査をしていいるかどうかを確認してから

向かった方が良いかもしれませんね。

 

貝はあたると怖いので、

気を付けて楽しみましょうね!

タイトルとURLをコピーしました