一度着た服の収納方法と置き場所のおすすめ!部屋を散らかさないコツ!

一度着た服 収納方法 生活

スポンサードリンク



一度しか着ていない服を洗濯しない方も多いかと思います。

 

特に冬場の服は、素材別に洗濯方法が違う、乾くのが遅いなどの理由から、

夏服に比べて洗濯の頻度が落ちますよね。

 

「同じ素材の服がある程度たまったら」、

「もう一度着てから」、「今日は雨で乾きにくいから晴れた日に」など、

一度しか着ていない服は溜まりがちです。

 

一度着た服を洗濯済みの服と一緒に収納するのは気が引けるので、

一時的に置いた一度着た服が部屋に溜まって困っている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、部屋が散らからないための一度着た服の収納方法をご紹介します。

 

一度着た服でいつも部屋が散らかるので、

収納方法に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

一度着た服の収納方法3選

 

一度着た服の1つ目の収納方法は、

「専用ボックスに収納する方法」です。

 

一度着た服専用のボックスを用意して収納することで、

洗濯後の服と区別させることができます。

 

専用ボックスに一度着た服を軽く畳んで収納するだけなので簡単です。

 

ボックスは、かごや布製のボックスを使用するといいでしょう。

かごや布製のボックスは通気性が良く洋服の収納におすすめです。

 

お洒落なデザインのかごや布製のボックスなら

部屋の見える位置に置いても気になりません。

 

また、専用ボックスを棚やクローゼットの中にさらに収納する方法もあります。

 

見栄えが良くなりますので、

すっきりと収納させることができます。

 

洋服をぐちゃぐちゃに専用ボックスに入れても

棚やクローゼットの中に収納することで見えなくなります。

 

もう一度着るためではなく、

洗濯物を溜めるために一時的に収納しておきたい場合に向いている収納方法です。

 

洗濯機のある部屋や近くに棚を置くと、

専用ボックスに溜まったらすぐに洗濯しやすく、便利です。

 

2つ目の収納方法は、

「専用ハンガーラックにかけて収納する方法」です。

 

一度着た服専用のラックを用意して、

一度着た洋服をラックにかけて収納します。

 

一時的でも部屋のソファーや床、ベッドの上に置いてしまうと

部屋が散らかって見えます。

 

ラックにかけるだけで散らかって見えないのでおすすめです。

 

また、洋服をラックにかけて収納するとシワになりにくく、

お手入れもしやすいです。

 

3つ目の収納方法は、

「洗濯後の洋服と同じ場所に分けて収納する方法」です。

 

洗濯後の洋服を収納する場所に、一度着た洋服を収納する位置を決めて、

洗濯後の洋服と一度着た洋服を分けて収納します。

 

例えば、洋服棚を使用している方は、

何段目かの棚を一度着た洋服を収納する棚と決めてその位置に収納します。

 

この方法は、位置を決めるだけで一度着た服とそうでない服を分けて収納できるので、

ボックスやハンガーラックを用意する手間がありません。

 

ボックスやハンガーラックを置くスペースがない方にも向いています。

 

一度着た服は置き場所を決めるのが散らかさないコツ!?

一度着た服は、置き場を決めると散らかりにくくなります。

 

一時的に置いておく場合も収納場所を決めて置いた方が

意識して収納することが出来ます。

 

一度着た服が溜まっても散らかって見えない収納場所、

収納するのに手間がかかりにくい収納場所を選ぶといいでしょう。

 

また、洋服の素材が違うので一度着た服が溜まってしまうのであれば、

同じ素材の物を購入すると溜まりにくくなります。

 

一度着た洋服が溜まる原因を突き止め、

どうしたら溜まりにくくなるか考えることも必要です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

一度着た服の収納方法をいくつか紹介しました。

 

ある程度ルールを決めると部屋が散らかりにくくなります。

 

一度着た服が部屋に散らかって困っている方は、

収納方法を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました