領収書の貰い忘れの後日発行でレシートありの場合となしの場合は?

領収書 後日発行 生活

スポンサードリンク



うっかりして領収書を貰い忘れたり、

無くしてしまったりという時はどうしたらいいのでしょうか?

 

そんな時の救世主になってくれるかもしれないのが、

レシートの存在です。

 

今回は、領収書の貰い忘れて、

後日発行をしてもらう時のレシートありの場合と、

なしの場合をご紹介します。

 

領収書の後日発行はレシート持参すれば問題なし!?

 

領収書の後日発行はレシート持参すれば可能です。

 

レシートでも明らかに購入した製品や、日付、金額が機械で印字されるから

その時点で、信憑性はあります。

 

なぜ、レシートじゃなく領収書が重要視されているのでしょうか?

 

領収書には宛名があるのに対してレシートには無いので、

税務署の監査が入った時に、

事業の経費にあたるかを証明することが難しい場合があるからです。

 

あと、昔からの習慣で経費はレシートではなく、

領収書をもらうという習慣が会社ではあるから自然と領収書を貰うのでしょうね。

 

領収書の後日発行でレシートなしの場合は?

 

領収書の後日発行でレシートが無いという事は、

もはや買い物した証拠がないので、ほぼ諦めた方が良いパターンですね。

 

もし、行きつけのお店であなた自身の事をお店側が知っていれば、

お店に来た事実があるとして、

 

いくら買い物をしたかを認識していてくれれば話は別で、

領収書を発行してくれる可能性はあるかもしれません。

 

しかし、これはかなりレアな話ですので、

基本的にはレシートが無い時点で発行は無理ですね。

 

レシートと領収書の違い

スポンサードリンク

レシートには細かく内訳や金額の細かい詳細が印字されるので、

経費を証明することは十分にあります。

 

税務調査ではレシートだからと指摘はないです。

 

領収書とレシートをみたら絶対にレシートの方が信憑性があるのに、

領収書のほうが大事なんでしょうか?

 

「誰が」払ったかを証明するのが領収書で、

領収書は「誰が」払ったかが一目でわかるようになっています。

 

レシートにはそれが無く、事業用とかが分かりませんので、

確実に証明できるのはやっぱり領収書なのです。

 

ですから、領収書にかかれる宛名は「上様」ではなく、

「会社名」を書くようにしましょう。

 

領収書は本来はクレジットカードでは発行はされません。

 

支払ったという証拠に、

領収書は必ず貰えるというイメージがありますが実際は違います。

 

プライベートでなら領収書が無くても困らないですが、

事業者としては困ってしまいますよね。

 

領収書は現金を受け取ったという証明で発行されるのが本来の形です。

 

クレジットカードはカード会社が一時的に代金を払うというシステムですから、

貰えるとしたらカード会社になってしまいますね。

 

ですから、クレジットカードの利用の控えが証明となります。

 

仮に、クレジットの領収書が発行されたとしても、

税務署の方には認められません。

 

また、カード会社から送られてくる明細書と、

利用の控えと一緒にしておけば完全に証明になりますが、

明細書だけは証明にはなりませんので注意してください。

 

領収書とは何のための書類?

 

領収書は金銭を受領した証拠として、

受領した側が金銭を渡した側に交付するものです。

 

これで、金銭の受渡の事実があることを証明として、

トラブルを防ぐことができるのです。

 

領収書を頂くときに知っておくといいポイント!

 

金額が高い物を購入して際は、

税務署の調査のチェックの対象になりやすいので、

領収書は証明のためにあったほうがいいでしょう。

 

また、領収書を書いてもらうときには、

「品代」とは書かない方がいいでしょう。

 

何を買ったのかがわからず私物と間違えられる可能性があるので、

確実に何を買ったのかを書きましょう。

 

接待の時などは接待した相手の名前をメモしておくと、

経費で落ちるかを判断材料になるので知っておくといいでしょう。

 

また、出金伝票やその他のメモを直ちに作成しておくと、

無くした時に活用できる可能性があるので大事なことの一つです。

 

おまけに、もし切符を買った時に領収書をもらい忘れた場合は、

降りる駅で改札をくぐる前に窓口で切符をみせると発行してくれます!

 

また、領収書の後日発行については別記事でも詳しく紹介してますので、

ぜひそちらの記事も参考にして下さいね!

領収書の後日発行で日付を変えたり空欄にしてもらう事は可能?

 

豆知識としてしっておくといいですよ。

 

まとめ

 

レシートと領収書は必ず無くさない(大事な書類です)

必ずその日のうちに貰う

 

トラブルをまねく場合があるので、

領収書の発行は買った日のその場で必ず書いてもらいましょう。

 

あなただけでなく、お店側にも迷惑がかかる事です。

 

せめてレシートは大事に取っておくという

癖をつけることも大切ですね。

 

特に大事な買い物の時には捨ててはダメです。

 

レシートだけでもすぐに写メとっておくといいかもです!

 

もし捨ててしまっても・・

領収書を発行してくれる証拠になりますからね。

 

領収書は経費を計上するのに大事な書類です。

どんな些細な経費も計上すれば節税にも繋がります。

 

まずは、確かな知識を身に着け、

絶体に無くさないことと、貰い忘れないことを心がけてください。

タイトルとURLをコピーしました