初節句のお祝い金が少ないのは当然?旦那の親に期待するのはダメ!?

初節句 お祝い金 少ない 生活

スポンサードリンク



初めての子供の始めての節句、とても楽しみですよね!

 

今の時代は、面倒なことはさておき、簡略化されていたり、まったくしないというおうちもありますよね。

 

それぞれの育ってきた家庭、地域の慣習、そして時代によって考え方もやり方も違います。

そのため、よく両家の考え方が違って揉めるというか、ひと悶着あるのをよく伺います。

 

そのため、そういうもめごともイヤな分、だんだん実施するご家庭が少なくなってきている現状です。

 

今回の記事では、初節句のお祝い金の相場、両家の金額の考え方などをお伝えしていきたいと思います。

初節句のお祝い金が少ないのは当然?

 

初節句のお祝い金が少ないのは当然かと言われると、本当に難しい問題です。

 

冒頭にも書きましたが、育ってきた家庭、地域によって慣習が違うからです。

その家の常識が、違う家では非常識というのは、けっこう通常にあることですからね。

 

ただ、嫁として自分側がきっちり出しているにも関わらず、旦那側がまったくない、または少ないと少し不満に思ってしまいますよね・・。

 

でも、なんか通常的にけっこうそうなるパターンが多いような気がします。

 

初節句に関わらず、お祝い事や孫のなんやらかんやらは、嫁側が気を使ってなんでも多くする傾向がある感じ。

 

娘が産んだ子だからですかね・・・。

 

うちもそうなんですよ!

旦那側が少ないとかいうことはないのですが、うちの親がとても良くしすぎてくれていると。

 

だからなるべく行事ごとは、お祝いも初めから「いらないよ」と伝える事が多いです。

 

100日や七五三、節句、お年玉、誕生日、入学・卒業と、子供の頃はとかくお祝い事が多い。

 

個々の考え方だと思いますが、子供が喜ぶことだったり、覚えていることだったりするのは良いのですが、

初節句や100日祝いなどは、記憶もないので、形としてはすることにしても、お祝いを求めることはしないでおこうと思っています。

 

ただ、そう思った経緯には、うちの孫は全部で7人。

 

全員分それをしているのも大変だし、内孫、外孫で差が付くとか、いろいろ考えるとキリがなくなってしまうので辞めました。

 

今回の記事のように、旦那側が少ない、嫁側が少ないなどになってどちらかが機嫌を損ねるのもイヤですしね・・。

 

初節句のお祝い金の相場は?

 

一般的な相場でお話をすると、旦那側両親は5万円、嫁側両親は5~10万円です。

 

これは嫁がせた側ですので、初節句のお雛様や五月人形などは、嫁側で揃えるということが一般的なため、それを含めた金額になっているので嫁側が多いのです。

 

ただ、ひな人形にしても五月人形にしても、決して安くはないものですよね。

 

なんとなくですが、一般的な相場から結局、嫁側がかなり多くの出費になるような気がします。

 

それに、地域の慣習でも違うので、結婚する相手が同じ地域以外だと、どうしても温度差が生まれそうですね。

 

ちなみにうちは、私の時に7段の雛飾りだったので、どちらかと言えば考えが重たい家だと思います。

 

でも自分の息子の時は、こいのぼりも五月人形もいらないと言いました。

それでも、お祝いをくれましたね。

 

特にお祝い事の食事などもしなかったので、旦那側からはなんにもなかったです。

やはり地域性や家庭性でどうしてもしなければいけないと思うのが、私側でした。

 

旦那は申し訳ない感じでいましたので、やらないと言ったのにくれた私側のやりすぎ行為ということで納めました(笑)

 

でも、私としては、孫を思ってしてくれたことなので、嬉しいし息子の貯金に回しましたよ。

スポンサードリンク

初節句のお祝い金は旦那の親に期待するのはダメ!?

 

前述してきたように、地域性、家庭性、嫁側、旦那側で本当になにが正解だということはありません。

 

お祝い金を旦那側の親に期待するのも普通のことだし、ダメなことではないと思います。

嫁側の親が用意しているのであればなおさら。

 

ただ、時代の変化もあり、かなり簡略化されている時代でもありますので、あまり期待できないようになっているのではないかというのが個人的見解です。

 

併せて、これは嫁側に関係もないことなのですが、旦那側の孫の人数が嫁側よりもとても多いという状態にある場合も、仕方のないことなのかなと感じます。

 

ですので、期待をせずに、もらったらラッキーと思うくらいが良いかもしれませんね。

 

旦那側の親も自分側の親も、孫が可愛いと思っていることには変わりはないと思います。

 

まとめ

 

初節句の祝い金を、旦那側から少なかったということは、けっこうどのおうちでも多い傾向にあると思います。

 

地域性、家庭性などで考え方も違えば、時代も変わっていますからね。

 

お祝い金は期待せずに、もらったらラッキーくらいに思うスタンスがちょうどよいのかもしれませんね。

 

なんにせよ、初節句で、子供の未来が健やかになるように・・との願いは、きっと両家家族みんなの想いは一緒だと思いますから・・。

 

タイトルとURLをコピーしました