子供を産んで後悔するか産まずに後悔するか悩んでいる人へ!

産んで後悔 産まずに後悔 赤ちゃん
スポンサーリンク

「子供を産む」という行為に選択肢の幅が時代とともに大きく広がってきています。

 

一昔前までは結婚して子供を産んで・・・というのが当たり前の流れでしたが、近年は結婚もしてもしなくても自由だし、子供も結婚したからといって必ずしも必要がないと思う人も多数です。

 

人それぞれの考え方がちゃんと反映されている世の中になってきたとも言えます。

 

ただ子供を産むということを迷う人は本当に心から迷うでしょう。

 

子供を産んだら後悔するのでは?

逆に子供を産まなかったらその時あとで後悔するのでは?

ということです。

 

こればかりは正解はなく、決めた自分の意思を正解にしていく生き方をしていくしかないのです。

 

今回の記事は、子供を産んで後悔するか産まずに後悔するか迷った場合の対処法です。

 

子供を産んで後悔する人の割合や意見、子供を産んでおけばよかったという人の意見などを紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

子供を産んで後悔するか産まずに後悔するか迷った場合は?

 子供を産んで後悔するか生まずに後悔するか、同じ後悔するならどちらが良いでしょうか?

 

これは一概にはっきりこっちがよい!とは言えないですよね。

人それぞれ価値観が違うので正解はありません

 

子供を産んで後悔した人も、生んで良かった人も、生まなくて後悔した人も、生まなくて正解だったと言う人も結果論いろいろいるでしょう。

 

それに最初に決めた意思でも、人生を過ごしていく中で環境や状況は思った以上に変わります。

 

今は離婚だって多いですよね。

離婚を始めから考えて結婚する人はゼロなわけです。

 

こんな風になるとは思わなかった・・・から離婚なんです。

 

でも、それも悪いというわけではなくて、見えなかった部分が見えてきたり、分からなかったことがわかったり、あとは環境の変化、状況の変化がありますよね。

 

それを予想できる人なんか誰もいないわけです。

だから、選んだ道を正解にするというのが正解なのです。

 

それは人からどういわれようが、「自分が幸せだと思えたらそれでよし!」なのです。

 

子供を産んで後悔する人の割合や意見は?

 子供を産んで後悔する人の意見をチェックしてみました。

 

子供を産んで後悔した人は実際には4割弱いると言われています。

後悔した人の理由や意見は以下の通りになります。

 

・自由がなくなる

・夫が冷めてくる

・育児が苦痛

 

①自由がなくなる

これは確かに言えることですね。

子供を産むまではすべて自分の予定通りに流れています。

でも子供ができると、特に小さいうちは全て子供が中心にならざるを得ません。

 

赤ちゃんの時は何一つ自分でできないのですべてママです。

ペースを自分にしたいと思っても赤ちゃんは容赦なく泣くし、体壊すし、幼児になっても危険なことをしだすし、と本当に目が離せません。

 

それゆえに自分のことはすべて後回しになるのです。

 

自分のしたいことを自分のしたいタイミングでしたいようにできない。

これは子供がいて特に小さい頃の宿命です。

 

その自由がなくなることで後悔の気持ちが芽生えるのでしょう。

 

②夫が冷めてくる

自由がなくなると同時に自分の時間、想い、脳内がすべて子供に向いてしまいます。

 

それは子供の命を預かっているわけですからそうなって当たり前。

さらに可愛さも増してきて子供に愛情がほぼ注がれます。

 

そしたら好きで結婚して、好きだからその人の子どもを出産したはずが、いつの間にか子供の事で手一杯で夫を放ったらかしに。

 

そこから夫も女として見てくれなくなり冷められるという循環に陥り、夫からの愛情が感じられなくなり後悔した人がいます。

 

③育児が苦痛

育児は思い通りにいかないことばかり。

赤ちゃん、幼児だと言葉もまだ理解できないので意思疎通もままならない。

 

そして自分が良かれと思ってしていることが裏目にでたり、どうしてほしいかもわからなかったりで子供を相手にするということは本当に大変です。

 

その育児が苦痛で鬱になる人もいるほどなのでそれで後悔するのでしょう。

 

子供を産んでおけばよかったという人は?

 子供を産んでおけばよかったと言う人も理由はいくつかあります。

 

・老後になって子供がいればと思った

・周りの家族をみて羨ましいなと思った

・大きくなった子どもと交流しているのを見て後悔した

・ほかの人の孫を見て思った

 

①老後になって子供がいればと思った

老後になって夫婦生活も長くなりすぎて、こういう時に子供がいれば家庭がもっと楽しかっただろうなとか、老後の自分の不安も子供がいれば少し安心できると思った時に後悔したという意見です。

 

②周りの家族をみて羨ましいなと思った

休みの日の家族連れを目にするときに楽しそうで、生んでおけばよかったと言う声です。

 

実際に目にするのと想像では大きく違いますからね。

 

③大きくなった子どもと交流しているのを見て後悔した

子供は確かに小さい時には手がかかり自由も奪われて大変しかないです。

でも、大人になると女の子だと友人みたいになれて話をできたりショッピング、旅行と楽しめたりします。

 

男の子でも一緒に飲んだりして楽しむことができるので、一時の育児の大変さだけを想像して生まない選択をしたことに後悔したということです。

 

④他の人の孫を見て思った

孫は自分の子どもと違ってまた格別に可愛いと言います。

おそらくそれは自身の年齢の経過とともに出る想いでしょう。

 

そうなることも知らず他人の孫を見た時に、とても羨ましく感じて生まなかったことを後悔した人も多いと言います。

 

まとめ

子供を産む、生まないは自由です。

 

自分の人生のライフスタイルを考えてどうしていきたいかということで決めたら良いです。

他の人の意見や他の人と比べる事はありません。

 

でも後悔するのか?と悩むことはありますよね。

 

でも正直それはなってみないとわからないこと。

 

考えても答えは出ないのです。

決めた道を正解にしていくという気持ちがあれば、どちらを選択しても幸せになれますよ。

タイトルとURLをコピーしました