回覧板はチャイムを鳴らすか黙ってポストのどっち?急ぎの場合は?

回覧板 チャイム鳴らす 回覧板



スポンサーリンク

自分が育った地域では地域の重要なお知らせは掲示板で情報を入手、

もしくは個別にポストへ投函という所で育つと、

回覧板なるものが未知のマナーだらけで困りますよね。

 

手渡し?ポストにイン?

何時から何時までだったら届けたらいい??

 

回覧板の回し方について、

どうしたらいいのかをご紹介します。

 

回覧板はチャイムを鳴らすか黙ってポストのどっちが良い?

 

回覧板はチャイムを鳴らすか黙ってポストのどっちが良いかの答えは、

「地域・人による」です。

 

そんなのわかってるわ!という声も聞こえそうですが、

それぞれ、都合が良い・悪いはその家庭毎で変わってくるので、

絶対という正解がないからです。

 

何故かというと、新興住宅地やアパート・マンション等では、

ご近所付き合いが濃くありませんので、

わざわざインターホンを鳴らさないでという風潮がありがちです。

 

それに、若い人(30代前後)が主な住人でしょうから、

夫婦でも共働きの可能性が高いので昼間は不在の確率が高いです。

 

また夕方18時、19時は帰って夕飯の準備で忙しいはずです。

 

在宅でもすぐに出れる状態とは限りませんのでインターホンを鳴らして、

「夕飯時にすみません、回覧板を玄関先に置いておきますね」と一言断って

おいとましたほうがいいかも知れません。

 

黙って夕飯時に置いておくと、

下手したら朝まで置きっぱなしになってしまいます。

 

朝に気づいても出かける準備などもあり、

ゆっくり目を通す暇なんてないので何日間か止まってしまいますよね。

 

多忙な人なら、夕方、ポストに入れてくれたら、

夜帰ってきた時に見るからそっちのほうが都合がいいという場合もありますね。

 

もちろん、ルールで手渡しでと町内会の会長や班長に言われたとか、

特別な事情があれば出来るだけ沿うようにするべきとは思います。

 

逆に、何十年も同じメンツが揃っているような団地や住宅地ですと、

手渡しが基本になってきます。

 

回覧板を置きがてら世間話をして…

みないな場所が多いのではないでしょうか?

 

また高齢者がお一人で住まわれていると、

安否の確認がてら手渡しするという意味合いもあります。

 

ですので在宅時を狙ってインターホンを押すのが基本になります。

あとは、回す先の方の都合です。

 

マンションなどに住んでいても、

気づかないから出来たら手渡ししてっていう人は少数かもしれませんがいるでしょうし、

 

逆に昔からの集落に住んでいるような人でも高齢で足が悪いから、

インターホンを鳴らして声をかけて置いていってほしいという人や、

家にいたとしても忙しくて対応し辛いから、

黙って置いて行ってほしいという人もいます。

 

最初に聞くか、もし聞きそびれても顔を合わせた時に、

「今まで鳴らさずに玄関先に置かせて貰ってたのですが、よろしかったでしょうか?」

「もし、お伺いするなら何時ごろだったら大丈夫ですか?」等聞いておくと、

 

相手の方も希望を伝えやすいので、

お互いが気持ちよく回覧板の受け渡しが出来るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

回覧板が急ぎの場合はどうする?

 

もし、ご近所で不幸があった場合、

回覧板で情報が回るケースもあります。

 

表示などに急ぎ・至急とあるので、

いつもより急ぎで回してあげましょう。

 

普段はポストにだまって入れてても、

この場合は在宅のようなら手渡しで回した方がいいでしょう。

 

「急ぎなので、今日は鳴らしました」と言えば、

大抵の人は、「ああ、そうか」と納得してもらえるはずです。

 

次に迷うのが回す時間です。

 

だいたい一般的に平日だと朝は8時頃、

夜も遅くても21時前ごろが一般的ではないでしょうか?

 

小さな子供がいるご家庭だと21時だと遅いので、

19時を目指して持っていくのがベストです。

(20時だとお風呂に入れている可能性が高いですよね)

 

もし、遅めの時間帯(21時前)だったら諦めて、

朝8時前に「お忙しいところ申し訳ありません、至急の回覧板です」とお断わりして、

「玄関先に置かせてもらっていいですか?」

と相手の了解を得た方がいいかもしれませんね。

 

逆に子供がいない(大きい)お家なら21時頃だったら普通に鳴らして、

「夜分に申し訳ありません、至急なのでお持ちしました」とお詫びして渡すか、

玄関先に置くかすればいいと思います。

 

急ぎと言っても非常識な時間(22時、23時)は寝ている可能性が高いので、

避けたほうがいいですよね。

 

これが正解というものがないので、

先方の都合のよい時間帯を聞いてあげたほうがスマートだと言えるでしょう。

 

まとめ

 

昔はその地域での生活の時間帯はほぼ決まっていましたが、

通勤時間や勤務時間が様々な人が増えました。

 

一般的にはありますが、年配の方、働き盛りの人、夜勤の人、小さな子供がいる人、

それぞれの事情を考慮した時間帯で届けるのが大人のマナーと言えるでしょう。

 

そのうえで、それぞれの家庭の生活習慣というものがあるので、

「あなたの都合はどうですか?」と聞いて、

可能な限り合わせるのがトラブルを回避する第一歩です。

 

自分にはよくても相手には都合が悪い場合もあるので、

できたら一度は直接、相手の人に聞いてみた方がいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました