バレンタインで本命に手作りチョコは重いか高校生男子に聞いた!

バレンタイン 本命 手作り 重い バレンタイン



スポンサーリンク

バレンタインが近づいてくると、さまざまなお店でバレンタインコーナ-が出現します。

特に本命のお相手へのチョコは、市販にするか手作りにするか悩まれると思います。

 

高校生男子の中には、手作りチョコは重たいから引いてしまうという男子もいます。

 

手作りチョコで気持ちを伝えたいけど、重たいと思われてしまうと嫌なので、どうしようか悩まれている方もいるでしょう。

 

そこで今回は、本命に手作りと市販のチョコのどちらを渡した方がいいかご紹介します。

バレンタインで本命チョコを手作りするか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

バレンタインで本命に手作りチョコは重い?

男子高校生には手作りチョコの方が重たいと感じる男性が多いです。

しかし、バレンタインで手作りチョコを重いと感じるかどうかは、本命の相手によります。

 

手作りが苦手な方でしたら、当然重たいと感じるでしょう。

反対に手作りの物が好きな方や手作りに抵抗のない方でしたら、喜ばれるはずです。

 

本命の相手をよくチェックして判断してください。

 

友達との間での間接キスや一口ちょうだいを嫌がる男性は、手作りチョコが苦手な方が多いので注意が必要です。

 

また、あなたとの信頼関係がどの程度築かれているかによっても、手作りチョコが重いと感じるかの判断が変わります。

 

例えば、幼い頃から家族のように過ごされてきた幼なじみで、お互いに手作り料理を抵抗なく食べられる関係性ならば、手作りチョコを重たいと感じることはでしょう。

 

あまり親しくはなく、一目惚れのようなお相手にいきなり手作りチョコを渡すのは重たいと感じられてしまう恐れがあります。

 

もし、あまり親しくないお相手に手作りチョコを渡す場合には、ある程度仲良くなっておく必要があるでしょう。

 

バレンタインまでに親しい関係を築いておくことで、手作りチョコを重たいと感じる相手ではなくなる可能性があります。

 

バレンタインで本命には手作りか市販のどっちが良い?

相手との関係がまだ浅い、こちらが一方的に好きなどの場合は、市販のチョコの方が無難です。

 

ある程度、仲がいい場合などで、手作りが苦手ではない相手に渡すときには料理が得意かどうかどうかで決めるといいでしょう。

 

料理が苦手な方は、無理をして手作りチョコを作る必要はないです。

得意な方は、家庭的な一面をアピールすることも出来るので、手作りするといいでしょう。

 

男子高校生は、チョコの味やラッピング、デザインよりもバレンタインにチョコをもらえたことを意識します。

たとえチョコが苦手な男子でも、バレンタインにチョコを貰えることを嬉しいと感じます。

 

手作りでも市販でもどちらでもいいと考えている男子高校生も多くいますが、チョコ好きな男子は、手作りや市販でも好みのチョコを貰えた方が喜びます。

 

チョコ好きの方は、こだわりが強い可能性もあるので事前にチェックしておくといいでしょう。

 

また、お付き合いをしている本命の相手に渡すチョコに迷われている場合には、彼にどちらがいいのか聞いてみるといいです。

 

手作りチョコが欲しいと言われた場合には、手作りが苦手な方もチャレンジしてみてください。

きっと市販のものよりも喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

バレンタインで本命にチョコを渡すときのコツは?

バレンタインで本命にチョコを渡すときのコツは、雰囲気作りが大切です。

 

渡す時に緊張すると思いますが、その緊張が伝わるような渡し方をするのがおすすめです。

相手もあなたを意識しやすくなるシチュエーションで渡しましょう。

 

また、普段よりもお洒落をして渡すことで、より意識させやすくなります。

 

友人を通して渡して貰う方法や、分かる場所に置いておくという渡し方は、あまりおすすめしません。

 

遠距離の場合やどうしても会えない場合には、仕方がありませんがなるべく直接渡した方が良いでしょう。

 

まとめ

バレンタインまでに本命の相手に手作りチョコを渡しても重たいと思われない関係性を作って置くと渡しやすくなります。

 

気持ちが詰まった重たい手作りチョコの方が嬉しいと思われるようになれるといいですね。

 

それでは、本命にチョコを渡す際には参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました