バレンタインにスコーンを贈る意味!簡単な大量生産レシピも紹介!

バレンタイン スコーン 意味 バレンタイン

バレンタインも毎年来るので、贈る相手が同じだとチョコレートでも種類を変えてプレゼントということになりますよね。

 

毎年、生チョコというのもちょっと・・って感じですしね!

 

今年は趣向を一味変えて、スコーンなどはいかがでしょうか?

パン屋さんでもスコーンのチョコチップ入り、かなりの人気商品ですよ。

 

スコーンと一口で言っても、お店によって全然味が違うし、食感も違うのです。

だから自分なりの美味しいスコーンを作って贈るのもなかなか素敵なアイデアかも!

今回の記事では、バレンタインにスコーンを贈る意味、どういう人に贈るのが良いのか?

あとはスコーンの大量生産レシピなどを紹介していきます。

バレンタインにスコーンを贈る意味とは?

バレンタインにスコーンを贈るにはそんなに深い意味はありません。

ただ、一般的には、友達や同僚などに贈るのに向いているかもしれませんね。

 

恋人という感じではありませんが、恋人でも長い期間お付き合いしていて、いつもチョコレートに困っているなら、ここで趣向を変えてスコーンもいいですよね。

 

甘いものが苦手な男性でもスコーンは食べやすいです。

 

ただ、彼氏とお付き合いして、初めてのバレンタインデーにスコーンはちょっと微妙かもしれませんね。

イメージ的なものだけですけれども・・・。

 

実際は特に深い意味などないので、誰におくってもまったく問題はありません。

 

バレンタインにスコーンはどういう人に贈るのがおすすめ?

バレンタインにスコーンを贈るのにおすすめな人を紹介していきます。

・友人に贈る

・同僚に贈る

・会社関連、上司などに贈る

・長年お付き合いしていて、毎年どうしようと困っているなら彼氏に贈る

・チョコレートが苦手な人

・父、兄弟、親類など

 

主に、告白的な「好き」を伝えたい時は、あまりイメージとして湧きません。

でも、「軽い気持ちで受け取って!」という人には、スコーンは食べ応えもあるし、甘すぎないので嬉しいかもしれませんね。

スコーンの簡単な大量生産レシピ

スコーンの簡単な大量レシピを紹介してみますね。

 

ミニミニスコーン

こちらはかなり材料が少な目で作れますよ。

しかも工程もすごく少なくて超簡単!

小さいのをいっぱい作るイメージです。

 

【材料】

・HM 400g

・バターマーガリン用 100g

・牛乳 100CC

・板チョコ 2枚

 

【作り方】

①材料を全て混ぜる

②オーブン180度余熱

③一口サイズに丸めていく

④板チョコを砕いて丸めた生地に流し込む

⑤キッチンペーパーに並べてオーブン20分焼く

 

抹茶味のスコーン

一工夫した抹茶味、抹茶は大人の女性、男性とも好きな味ですよね。

甘すぎない感じで喜ばれますよ。

 

【材料】※8コ分

・ホットケーキミックス 150g

・クリームチーズ 40g

・バター 15g

・抹茶 大匙1

・牛乳 大匙2

・メープルシロップ 大匙2

・ホワイトチョコ 1箱

 

【作り方】

①バターとクリームチーズを常温にする

②ダースチョコレートを三分の一くらいのサイズに包丁で砕く。

③バターとクリームチーズをボールに入れて混ぜ合わせてクリーム状にする

④3のボールにホットケーキミックスと抹茶を入れ混ぜ合わせる

⑤4のボールに牛乳、メープルシロップを加えて混ぜて、まとまってきたらチョコレートを入れ込む

⑥オーブンシートに形を作って包丁で好みの多きさに切り分け、少し隙間を作る

⑦170度オーブンで20分焼く

 

基本的にホットケーキミックスを使うと、少し甘目で、周りがサクッとして中身が柔らかい感じになります。

 

お店に売っているようなもっと分厚い感じのスコーンが好みであれば、ホットケーキミックスではなく、薄力粉と小麦粉を使うほうが手間はかかるけどおいしいですよ。

 

今回は抹茶の粉を入れたものを書きましたが、その粉をシナモンにしたり、イチゴジャムにすることもおいしいですよね。

 

大量に3種の味を作って、みんなに3種の味を楽しんでもらうのもアリですよ。

 

作る工程は簡単なので工夫し放題で、料理上手、お菓子づくり上手だと思われるかもしれません(笑)

 

チョコレートをイチゴ、ココア、ホワイトなどでアレンジしても味も変化があるし、見た目の色も変わってくるので可愛いかもしれません。

 

スコーンは工夫がいっぱいできるわりに、手軽な材料と工程なので作りやすいお菓子ですよ!

 

まとめ

友達や会社の同僚、父、兄弟などお世話になっているからバレンタインをあげたいけど、毎年だしチョコレートも飽きてきたと言う方に、スコーンはお勧めです。

 

素朴な味で食べやすいし、甘くないので幅広い年齢層に喜んでもらえます。

彼氏も長いお付き合いになっているなら、今年は工夫を凝らしてスコーンもいいかもですね!

 

ただ、告白しようとか、彼氏で一回目のバレンタインという時は、THEチョコレートというのがいいと思います。

 

スコーンを贈るというのは、少しラフな印象を与えます。

 

大量に作成して味も変えてみて、たくさんの人に贈るのもスコーンだからこそできる技です!

タイトルとURLをコピーしました