元旦のお風呂は風水的に入るのはいけないって本当?いつから大丈夫?

元旦 お風呂 風水 生活

スポンサードリンク



年末には一年の垢を洗い落として、年始には新たな気持ちでお風呂に入りたいという気持ち、なんとなくわかりますよね?

 

でも実は、元旦にお風呂にはいるのは、風水的には良くないとの話があります・・。

 

この記事では、元旦のお風呂はNGなのか?それであれば年始はいつから入ったらよいのか?などについてご紹介させていただきますね。

元旦のお風呂は風水的に入るのはいけない?

 

元旦のお風呂は風水的に入るのはいけないのかというと、厳密にいうとだめではないのですが、やはり一般的に避けられています。

 

避ける要因としては、風水的にというよりいくつか要素があるのです!

言い伝えや迷信なども含まれていたりします。

 

①元旦は神様がおうちに来ているから、掃除をすると福を掃くことになるから、風呂も同じで福を流さないようにする

 

これは今も地域的に言われていることでもあり、一般的に多く言われています。

 

元日には、どのおうちも神様が来てくれているから、お屠蘇などを食べるのです。

 

神様をおもてなしはしても、追い出すような真似をしないということですね。

 

②元日は、身に付けた福が逃げないようにお風呂は避けておく

これも①と少し似ていますが、皇族や公家などでも言われていました。

 

元日は福が自然に誰にでもつくようになっているから、その福を自ら洗い流さないということです。

なんとなく正月は確かに福という気がするのが不思議ですが、それが感覚的にあるということは、やはり福は洗い流さないほうがよいですよね!

 

③元日くらい嫁をゆっくりさせてあげる

今でこそ全自動ですが、昔はお風呂にはいるのも、井戸から清水を桶で汲んできて、長距離運び、お風呂桶を満たして、さらに薪を焚いて・・というように大変な作業でした。

 

これをお嫁さんが基本的にお風呂のたびにするので、正月くらいお嫁さんを休ませてあげようという配慮から、正月は入らないということになったとか。

 

このお話も地域によっては今も根付いています。

それにしても現代はボタン一つでお風呂に入れるなんて、幸せですよね(笑)

 

④お正月には火と水の神様に休んでいただく

料理やお風呂、洗濯など、毎日の日常で水や火を多いに使用しています。

ですので、火の神様と水の神様にも正月くらい休んでいただこうという配慮があるという話です。

 

これはごく少ない地域のお話みたいですね。

 

こうしてみてみると、やはり元旦は神様や福というのを重要視してお風呂に入らないという俗言があるんだなとわかりますね。

スポンサードリンク

年始はいつからお風呂に入って大丈夫?

 

基本的にこの流れでいくと、お風呂は年始の1月2日から入って良いのです。

新年初めて入るお風呂は初風呂、または初湯と言います。

 

確かに多くの銭湯が年始は1月2日から始まり、しかもその1月2日は早朝の6:00からオープンなんてところも結構ありますよ!

 

特に正月はゆっくりしようとしているおうちでは、家でお風呂も焚かないから銭湯というのもよく聞く話ですね。

 

実際、昔は初風呂は元日の夜から焚き始めたと言われています。

それは江戸時代に遡るお話です。

でもそれが明治半ばまで続いていたお話なんですよ!

 

うん、でも家族への愛情として元日、元旦はゆっくりしようという意味でも、世の中の主婦さんたちにはいいお話ですよね!

 

年始はみなさん、1月1日の夜から入るという人もいれば、やはり1月2日の朝に入るという人も。

 

中には1月2日の朝にはお清めの意味で入り、夜にもう一度いつものお風呂を入るという人までいます。

 

なんとなくこの正月は、日の出ているときにお風呂に入っていたいという気分は、わからなくもないですよね!

 

まとめ

 

正月元旦のお風呂は、風水的に入ってはいけない・・というわけではなく、神様が来ている正月なので、洗い流さないということ、福を流さないということで入らないといわれています。

 

もうひとつとしては、正月は家事を休もうという計らいの意味もあります。

そして初風呂は1月2日から入ってOKです!

 

今年のお正月も神様や福をしっかり身に付けて、1月2日に気持ちよく初風呂いきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました