内定者懇親会がめんどくさい場合の対処法!出ないとどうなる?

内定者懇親会 めんどくさい 就活



スポンサーリンク

長く苦しい就職活動も志望先の企業の「内定」が出てようやく終了します。

就職活動のプレッシャーから解放されて羽を伸ばしたくなりますね。

 

内定式の他にも企業によっては内定者同士の交流や、

先輩社員との交流のための内定者懇親会が開催される場合があります。

 

学業やアルバイトが忙しく、

内定者懇親会への参加を「めんどうだ」と考える人もいるでしょう。

 

今回は内定者懇親会への参加がめんどくさい場合の対処法と、

参加しなかったらどうなるかを紹介いたします。

 

内定者懇親会がめんどくさい場合の対処法

 

まず、大前提として内定者懇親会はあくまで任意で、

この内定者懇親会は基本的に内定式よりも参加必須度は低いです。

 

よって無理して参加しなくても入社後の評価などに直結はしません。

 

参加する、しないは内定者の自由です。

※一部参加必須の企業もありますのでご注意ください。

 

内定者懇親会が「めんどくさい」と思ったら断ることは可能です。

ただ、連絡なしの不参加は会社としても参加人数の把握ができなくなるので迷惑です。

 

断る場合は必ず連絡をいれてください。

 

連絡方法は確実に履歴が残るメールにしましょう。

メールは就職活動中と同様にビジネスマナーに気をつけてください。

 

メールの例

件名:内定者懇親会の欠席連絡+氏名

【本文】

会社名
担当者の所属部署
担当者名+様

平素よりお世話になっております。

内定をいただいている○○大学××です。

○月○日の内定者懇親会のご案内をいただき、ありがとうございました。

大変申し訳ありませんが、当日は都合がつきませんので欠席にてお願いできますでしょうか?

せっかくの機会をいただいたにも関わらず、お断りすることは大変申し訳なく思います。

また、別の機会がありましたら、是非参加させていただければと思います。

以上、よろしくお願いいたします。

ご自身の名前

 

不参加の詳細な理由は不要です。

「都合が悪い」「都合がつかない」という表現をおすすめします。

 

また、不参加を決めている場合は、

内定者懇親会の連絡がきたらすぐに連絡をしてください。

 

内定者懇親会は食事会の形式をとる場合があり、

直前の不参加連絡は会場への連絡が必要となって企業の担当者に迷惑がかかります。

 

どうしても直前になった場合はメールに加えて電話での連絡をして、

迷惑をかけたことについて謝罪しましょう。

 

ただ、内定者懇親会がめんどくさいと思った場合は、

メールで不参加の連絡をすれば問題ありません。

スポンサーリンク

内定者懇親会にでないとどうなる?

 

内定者懇親会に参加しなくても内定は取り消されませんし、

自身の評価が下がるということはありません。

 

しかし、まったくマイナス面がないのかというとそうでもありません。

 

内定者懇親会の目的は内定者同士の交流や先輩社員との交流です。

入社タイミングが同じタイミングの内定者は「同期」となります。

 

特に入社したばかりのころは右も左もわからないため同期が心の支えとなります。

 

そのため、早くから同期で仲良くなっておくと、

入社後に悩みの共有がしやすくなるので便利です。

 

また入社後何年たっても同期で助け合うシーンはでてきますので、

先に仲良くなれるのであれば仲良くなっておいたほうがいいでしょう。

 

また、知っている先輩社員がいれば、

入社後も気にかけてもらえるというメリットがあります。

 

内定者懇親会に出ないと、

「同期との関係づくりが遅れる」「先輩社員とのつながりがつくれない」

というデメリットが発生するということです。

 

内定式の場合は?

 

内定は就職活動にとってはゴールですが、

社会人生活にとってはスタートを意味します。

 

よって内定後の各種手続きやイベントは、

入社後のことを見据えて確実にこなしてください。

 

まず、内定後に内定承諾書を書いて返送する必要がありますので、

しっかりと提出期限を守って提出しましょう。

 

その後、多くの企業では内定式が行われます。

 

内定式は会社のことを知ってもらう、入社のための事務手続き、

新入社員同士の顔合わせなどの意味合いがあります。

 

内定式は建前上自由参加ですし、内定承諾書を提出していれば、

欠席したとしても内定が取り消されることはありません。

 

しかし、実際は内定式は参加必須ととらえた方が無難です。

 

入社前にわざわざ自分の印象を悪くする必要はないので、

極力参加するようにしてください。

 

まとめ

 

「内定をもらったから、後は残りの学生生活を目いっぱい楽しみたい」

と考えてしまう気持ちはよくわかります。

 

そんな時、内定者懇親会はわずらわしいものに思えるかもしれません。

 

内定者懇親会はあくまで任意のイベントなので、

めんどくさいと感じれば断ることは可能です。

 

その場合は速やかにメールで連絡してください。

 

ただ、内定者懇親会には、

入社後の心の支えとなる同期との関係づくりに役立つという側面を持っています。

 

参加を断る前には失うメリットのことをよく考えるようにしてください。

 

個人的には入社後のことを考えて内定者懇親会への参加をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました