履歴書を送ってから何日で連絡が来る?返事が遅い場合はどうする?

履歴書 送ってから 何日 就活
スポンサーリンク

企業に履歴書を提出して連絡を待っている間は、気が気ではありませんので時間が長く感じてしまいますよね。

 

いくつかの会社に応募した場合は、面接の日程の兼ね合いなどもあるので早く書類選考の結果は聞きたいところ。

 

今回の記事では、履歴書を送ってから何日で連絡が来るのか?

不合格でも連絡は来るのか?

履歴書を送ったのに返事が遅い場合の対処法などについて紹介していきます。

履歴書を送ってから何日で連絡が来る?

 履歴書を企業あてに送付したら、返事、連絡待ちですよね。

 

履歴書を送った後の連絡は、一般的な平均値では1週間内というところですが、その会社の規模にもよります。

 

大手で何千人などの採用を一気にしているタイミングの送付だと、1週間以上かかることもあり得ます。

 

大概は、履歴書を送ってくださいと言われたときには、返事の期間なども伝えてくれるところは多いと思います。

 

しかしそれがなくても、だいたい1週間が基本だと念頭に置いておくと良いでしょう。

 

イレギュラーでは、ゴールデンウィークや連休を多く挟むと10日前後になることもあり得ます。

 

小さい企業で、さらに一人の応募、多くても2~3人だろうというところは、3日から4日で連絡が来ると思います。

 

「今すぐにでも採用を!」という企業であれば、履歴書が届いて目を通してその日に連絡もあり得ます。

 

会社の規模感と、時期などに応じますが、一般的には1週間内と覚えておきましょう。

 

余談ですが、いつでもすぐに対応できるよう、電話番号を会社名でちゃんとスマホに入れておくことをお勧めします。

 

履歴書を送ったら不合格でも連絡は来る?

 履歴書を送ったら不合格でも連絡はあるかということですが、これに関しては企業ごとですね。

パターンは多くあります。

 

大きい規模感の企業では、あらかじめ「不合格の場合は連絡しません」と言われているケースが多いです。

 

その他は、書面で不合格通知、合格したら電話連絡というのを事前に伝えられている、もしくは事前には連絡なしで不合格通知のみ届くと言うことがあり得ます。

 

ですので、不合格でも連絡がくるということは一概にありません。

むしろ連絡があるケースのほうが少ないと言えるかもしれませんね。

 

もし不安だったら企業側に聞くことも良いですが、不合格の理由などは言えないという決まりになっていますので、そこは聞かないようにしておきましょう。

 

履歴書を送ったのに返事が遅い場合はどうする?

履歴書を送って、合格にしろ不合格にしろ連絡がなく返事がかなり遅い、10日たっても連絡がないと言う場合は不合格の可能性が高いでしょう。

 

前述もしましたが、不合格の場合は連絡しないというパターンもあるからです。

 

しかし、不安なのであれば連絡を自分からしてもOKです。

しかし前述でも言いましたが、不合格理由は聞かないようにしましょう。

 

それに、もしこちらから連絡するとしても1週間~10日たってないと、急かしているようになってしまいます。

 

ご自分のスケジュール的なものもあるでしょうが、企業側の事を考えてある程度待って連絡しましょう。

 

もし何らかの手違いで履歴書が届いていない、見られていないなどの不手際なことがあったら連絡して正解という場合もかなり稀なケースですが無きにしも非ずです。

 

どうしても入社したい熱意があった会社であれば、連絡をしてみても良いと思います。

しかし、そんなに気持ちがないのであれば、不合格だとみなして次に気持ちを切り替えるというのが一番良いかなと感じますね。

 

それに連絡がない場合は基本的に不合格が鉄則ですが、イレギュラーで忘れた、漏れているなどがあった場合は、そういう管理の会社であるということも考えられますしね。

 

想いが大きくなければ、次に気持ちを切り替えるほうが早いと感じます。

 

まとめ

基本的に会社の採用に関しては、1週間内に合否の連絡が多いです。

履歴書を送るということは書類選考ということなので、遅くとも10日内に連絡はあるはず。

 

しかし、不合格の場合は連絡がない、郵送で書面のみの対応というところがほとんどでしょう。

だから連絡がない=不合格だと思っていて良いと思います。

 

企業の規模感や採用のタイミングなどで少し会社によって違ってはきますが、不合格には連絡しないケースが多いと思っておきましょう。

 

でもどうしても入りたい想いのある会社であれば、はっきり答えを聞きたくて連絡をするのはOK。

 

しかし、そこで不合格理由などは聞かないようにしましょう。

何があっても不合格の理由は話さないのが基本的に企業のスタンスです。

 

そのことを頭に入れて連絡をしてください。

タイトルとURLをコピーしました