文化祭の景品の数が足りない時の裏技的対処法!予算も少ない場合は?

文化祭 景品 足りない 学校生活



スポンサーリンク

文化際の1日目を終えて景品の数を確認したら、

2日目の分の景品が足りないと気付いたら焦りますよね。

 

今回は予算も少なく時間もない中、

どのように対処したらいいのか悩んでいる方に向けて、

文化祭の景品が足りない時の裏技的対処方をご紹介します。

 

文化祭で用意した景品の数が足りないと気付いて、

困っている場合はぜひ参考にしてみてください。

 

文化祭の景品の数が足りない時の裏技的対処法

 

裏技的対策方法として、

一番早いのは先生に相談することです。

 

先生は数多くのトラブルや困難を回避し対処してきたことでしょう。

 

良いアイディアや景品になりそうな物をもらえるなど、

何らかの協力をしてくれるはずです。

 

裏技ではありませんが、

文化際の景品が足りない時にはまず状況をしっかりと確認しましょう。

 

「景品の数がなぜ足りなくなったのか?」

「景品の数がどれくらい足りないのか」などを把握することで、

対処の仕方が見えてきます。

 

例えば、1日目に予想よりも人が来て、

2日目の分の景品を使用し足りない場合には、

 

2日目にもたくさんの人がくることを想定して、

「1日目より多くの景品を用意する」「景品は先着○名までとする」

などの対処法が考えられます。

 

景品の残り個数を確認し、

2日目の景品の先着数を決めるのもいいでしょう。

 

また、2日目の景品が足りないことを共有する事で、

さまざまなトラブルを防ぐことに繋がります。

 

2日目の景品が足りない事を共有しないと、

「違う場所に2日目の景品が保管してあったのに別で用意してしまう」

「個々に景品を用意したので景品を余分に準備してしまう」

「誰かが景品を用意すると思って当日景品がない」などの問題に繋がる恐れがあります。

 

景品が足りない事を知っている人と知らない人では

トラブルになりやすいです。

 

知っている人から知らない人を見れば、

何を呑気に過ごしているのかと不満を感じます。

 

知らない人からすると何を焦っているのかという状況になり、

トラブルに繋がりやすくなります。

 

しっかりと話し合い、現状や対処の仕方を共有することで無駄な行動を減らせ、

さまざまなトラブルを回避することにも繋がります。

 

そして景品の数が足りない時の対処として、

景品の個数を減らす、新たに景品を用意する対処法が考えられます。

 

景品を減らす場合には、全員に景品を配るのではなく、

先着順や得点制として何点以上や上位何位までと決めるとのいいでしょう。

 

新たに景品を用意する場合には、

簡単に手作り出来るものやコンビニで買えるような

すぐに用意できる景品を選んで対処しましょう。

スポンサーリンク

文化祭の予算も少ない場合はどうする?

 

文化祭の予算が少ない場合には、

家にある物を集める、手作りする、安い景品を用意するなど、

なるべく予算がかからない方法で景品を用意するといいでしょう。

 

それぞれ自宅にある景品になりそうな物を当日集めて景品にします。

 

家にある物なので、

お金を掛けずに景品を用意することができます。

 

手作りする場合には、折り紙を折ったものやミサンガ、しおりなど、

簡単につくれる物がいいでしょう。

 

費用があまり掛からず量産できるものがおすすめです。

 

安い景品を用意する場合には、

大袋に品物が大量に入っている物を選ぶといいでしょう。

 

中身を分けて景品にすることで、たくさんの景品になります。

 

ただ、全ての景品がこれらのような景品では、

残念な気持ちになってしまうので、

あくまでも足りない分を補う景品にしましょう。

 

別で豪華景品や目玉景品を用意しておけば、

他の景品がある程度レベルの低い景品でも問題無いでしょう。

 

別記事では、文化祭のお菓子以外のおすすめの景品についてもご紹介していますので、

ぜひそちらの記事も参考にして下さいね!

文化祭の景品でお菓子以外のおすすめ5選とちょっと豪華なアイデア!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

文化際では出来るだけ自分達で対応することで、

アクシデントもいい思い出になります。

 

しかし、余計なトラブルを防ぐためにも余裕を持って対応できるように、

対処法を参考にしてみてください。

 

それでは、文化際を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました