奢られるのが嫌いな女性の心理と対処法とは?25歳の職場の同僚編!

奢られる 嫌い 女性 恋愛

スポンサードリンク



ご飯をごちそうしたら喜ばれるのが当たり前だと思っていた方は、

奢ろうとしたら断られたら不思議に思いますよね。

 

女性の中には奢られるのが嫌いな人もいますが、

それを知らない人からすると、

どうして奢ろうとすると断られてしまうのか悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は、奢られるのが嫌いな女性の心理や対処法をご紹介します。

 

職場の女性を誘ってご飯に行く時、

いつも奢られるのを嫌がるので悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

奢られるのが嫌いな女性の心理とは?

 

奢られるのが嫌いな女性は奢られるのに対して、

平等ではなくなることが気持ち悪いというような感情を抱いています。

 

そのため、奢られる人や状況により、

奢られても嫌だと感じないことがあります。

 

同僚と平等に食事をしたのに奢られることで、

優位に立たれることや立場が上だと思われることなど、

上下の関係に繋がると感じる方がいます。

 

奢られることで相手が優位になると思っているので、

対等の関係でいたい相手に奢られるのを嫌がります。

 

関係性を気にして奢られるのが嫌な女性は、

職場でフォローをして貰った時など、

何らかのお礼の場合や賞をとった時や誕生日などのお祝いの場面では、

奢られても嫌な気持ちにならないという女性が多いです。

 

今回はご馳走するから次回は奢って欲しいなど、

順番が決められている場合も嫌だと感じないでしょう。

 

このように状況によっては、

対等な相手に奢られるのが嫌いな女性も奢られても不快にならないことがあります。

 

また、男女の場合では、

「恋愛感情があるのでは?」「恋愛に発展してしまうのでは?」と思われて、

奢られるのを拒否している場合があります。

 

奢られたら期待させてしまう、頼りにしていると思われる、

嬉しくないのに勘違いをされるなどの理由から、

好意を抱かれている可能性のある男性に奢られるのは気持ちが悪いと思う女性がいます。

 

この場合は、奢られるのが嫌なのではなく、

特定の人や異性に奢られるのが嫌だと感じています。

 

ご馳走して貰った後に、

お礼を言うのが屈辱なので奢られるのが嫌だという女性もいます。

 

このような女性は、

自分で食べた食事代は自分で支払いたいという気持ちが強いです。

 

性別や上下関係に関わらず、全ての人に奢られるのを嫌います。

 

また、奢られるのが嫌いではないのに断る場合もあります。

それは、奢ってくれる相手の金銭面を心配している場合です。

 

奢られるのは嫌ではないが、

相手に金銭面で負担を掛けたくないと思っている場合にはお断りする女性もいます。

 

奢られるのが嫌いな女性への正しい対処法とは!

スポンサードリンク

奢られるのが嫌いな女性への正しい対処法は、

奢る理由を説明することです。

 

女性は奢られる理由が分からないので、

不信に思い奢られるのを断ります。

 

奢る理由がある場合には、

理由をしっかり伝え女性が納得できれば断られることはないでしょう。

 

ただし、過去のトラウマや育てられ方など、

奢られるのが嫌いな理由が複雑な場合もあります。

 

奢りたい理由を説明しても受け入れて貰えない時には、

どうしてなのかを直接聞いてみてもいいでしょう。

 

また、奢られるのが嫌いな女性に対して無理に奢ろうとせず、

女性が嫌がるのであればそれを受け入れるのも楽しい食事に繋がります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

毎回奢られるのを断る女性の心理をある程度理解できたでしょうか。

 

女性の心理は複雑で人によって違いますが、

少しでも悩みの解決に繋がるといいですね。

 

どうしても奢りたいのであれば、

奢りたい理由を説明して女性を説得してみるといいでしょう。

 

それでは、なるべくお会計のことは気にせず、

食事を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました