毎日のlineを突然やめる男性心理と対処法!既読無視の場合は?

毎日 line 突然やめる 男 恋愛

一度、lineで会話をして続くと何時間も続いたり、毎日lineが必ずある人というのも決まってきたりします。

 

でも、毎日あったlineがパタッと急にとまると、心配になったり不安になったりしますよね。

 

今回の記事では、毎日のlineを突然やめる男性の心理、突然やめる男性への対処法、既読無視をする男性への対応を紹介していきます。

毎日のlineを突然やめる男性心理とは?

毎日のlineのやりとりをなんらかでしていた男性がいて、パタッとそれが止まるとき、男性には何があってどんなことを考えているのでしょうか。

 

いくつか考えられる心理がありますので紹介しますね。

 

①あなたに対して良からぬことを噂で聞いた

②気になる女性ができた

③恋の駆け引き

この3つが考えられる心理です。

 

①あなたに対して良からぬ噂を聞いた

あなたに確かめればいいものの、誰かに何かを聞いてあなたに対して良い印象ではなくなったため、突然lineのやりとりを辞めてしまったと言うことが考えられます。

 

一言教えてくれてもいいのに・・・と思いますが、あなたに真意を確かめもせずにその人から言われたことを信用しているのですから、そこまでの人だっと割り切ってはいかがでしょうか?

 

②気になる女性ができた

あなたよりほかに気になる女性ができて、その人へアプローチするので頭がいっぱいなので、あなたに毎日していたことをすっかり失念している感じ。

 

でもそうなるということは、それまであなたに毎日lineをしていたのですから、あなたのことを気になっていたのか、女性の中では一番信頼がおける相手だったのかどちらかっだったのでしょうね。

 

③恋の駆け引き

今まで毎日のようにやり取りをしてきていたので、急にここでストップしたらあなたが心配する、驚く、気になるであろうということを先に読んでわざとそうさせるということです。

 

要するにあなたの事が好き、もしくは気になっているので、駆け引きとして使っている感じです。

 

毎日のlineを突然やめる男性の対処法!

毎日のlineを突然やめる男性の対処法を紹介します。

 

あなたの気持ちとして、その男性に対して好意があるのかないのかでは対応が違いますね。

 

もし好意があるのであれば、

・共通の友人に相談してみる

・一度自分からlineしてみて反応を伺ってみる

・電話をかけてみる

・好きな気持ちを告白してみる

 

ということでアクションを起こさないと、このままになってしまいます。

 

もしあなたに恋の気持ちがないのであれば、このまま放っておけば良いです。

 

ただ、友達として大切な存在だったり、恋ではないけど関係を終わらせるのが嫌なのであれば、ちゃんと面と向かって話すことが大事です。

 

顔と顔を合わせながら、ちゃんと理由を聞いておきましょう。

毎日のlineを急に既読無視する男性の場合は?

一方でlineを急に既読無視する男性の場合はどう対処していったらよいでしょうか。

 

そもそもlineを既読無視する男の心理も、上記lineを辞める男と同じような心理です。

 

それも、あなたの気持ち次第ですよね。

あなたが相手を好きかどうか、それにより対処も違ってきます。

 

好きならもう一押しして、それでだめなら諦める事をきめてアクションしましょう。

 

もう一押しは、他のSNSでコメントを送ってみる。

それで返信なしなら潔く諦めましょう。

 

もし、あなたに気があって駆け引きなら、どこかで必ずアクションが来ますので、既読無視でも数日は様子をみましょう。

 

もしなんらかの理由で、誤解されていての既読無視であれば一番いやなパターンと言えます。

 

でも本当に嫌われた場合は、ブロックされるでしょうし、SNSなどもフォロー外されたりブロックされたりしているでしょう。

そちらをチェックして大丈夫なら、お話をしてみても良いかもしれません。

 

なんにせよlineの既読無視については1~2週間は少し期間をおいて様子を見たほうがよいでしょう。

 

まとめ

lineとは便利なツールなのですが、既読無視や毎日来ていたlineがピタッとなくなるなど、心を乱すような出来事も起こりやすいツールです。

 

もし既読無視や、急にlineが来なくなると言うことが起きれば、少し時間を置いて様子を見ることが先決です。

 

その後、あなたが彼に好意があるならなんらかのアクションをする、彼のことを恋ではないけど大切なら、面と向かって話す。

特に大事な人でないなら、放っておくと言う感じのスタンスで対処していきましょう。

 

あまり気に病みすぎず、気にしないほうが自分の精神状態のためだと言えます。

タイトルとURLをコピーしました