出産祝いは現金と商品券どっちが喜んで貰える?贈り方と注意点も紹介!

出産 祝い 現金 商品 券 どっち プレゼント
スポンサーリンク

出産祝いは現金と商品券のどっちが喜ばれるか悩みがちですが、

気持ちもあまり重くなく、お返しも考えやすいことから、

商品券の方が良いのですよ!

 

でももし、現金を贈るならきちんとのし袋に包んだ状態にして、

出産から1ヶ月以内に現金書留で送りましょうね。

 

やっぱり現金ではなく、出産祝いに商品券を贈る場合も、

産後1ヶ月以内にのし袋に包み書留で送ること。

 

出産祝いは何をどんな方法で贈るべきか、

初めてだと分からないことだらけ。

 

そこで今回は、出産祝いは現金と商品券のどっちが喜ばれるか、

またそれぞれの贈り方とその際の注意点を紹介します!

出産祝いは現金と商品券どっちが喜んで貰える?

結論からいうと、出産祝いは現金よりも商品券の方が喜ばれます

 

というのも、現金でお祝いを頂くってちょっと気持ちが重かったりするし、

産後はなかなかすぐには買い物に行くことが出来ないものです。

 

そのため商品券、特にネットショップなどでも使える商品券を選び、

出産祝いとして贈ると喜んでもらえるのです。

 

しかも商品券の方が現金よりも気持ちが重くないため、

出産祝いのお返しを考えるのも難しくないのですよ!

 

私も友人の出産祝いには、

百貨店やスーパーなどで使える商品券を贈りましたが、

やっぱりすごく喜んでもらえましたね。

 

ただし目上の人へ出産祝いを贈る場合に限っては、

商品券ではなく現金を贈るのがマナーなのでご注意を!

 

友人や立場が同じの親類なのでしたら、

商品券の出産祝いを贈って問題ありません。

 

私も結婚祝いで商品券を頂いたことがありましたが、

現金よりも嬉しかったですね!

 

商品券って使い道が多いし、どうしても使わない場合は、

換金することも可能なので、どっちかというと商品券が良いです。

 

出産祝いって現金と商品券のどっちを贈るべきか、

悩むことも多いですが、目上の人宛てではないのでしたら、

ぜひ商品券を検討していきましょう。

 

出産祝いに現金を贈る場合は?

出産祝いに現金を贈る場合、

のし袋にきちんとお包みした状態にして、

産後1ヶ月以内に現金書留で贈るようにしてくださいね。

 

ではより詳しく、出産祝いを現金で贈る場合の贈り方や注意点を解説します。

 

・のし袋に包み現金書留で贈る

現金の出産祝いを手渡しで贈るなら、

産後3週間後経過した頃に渡しに行くべきですが、

送付するなら現金書留で郵便局から贈ること。

 

普通郵便や宅配などでは現金を送付することが出来ないので、

くれぐれも注意しましょうね。

 

お包みするのし袋は水引が蝶結びになっているお祝い用のもので、

色の濃い筆ペンを使い、『御出産御祝』と表書きを記入して、

その下段には贈り主の氏名を記入してください。

 

でものし袋の書き方は、のし袋のパッケージ袋に書かれているので、

その通りに記入すれば問題ないですよ!

 

・産後1ヶ月以内に届くようにする

出産祝いは産後1ヶ月以内に贈り先へ届くように準備しましょう。

 

あまり遅いと失礼に当たるため、遅くとも1ヶ月以内には届けること。

 

ただし、実際に1ヶ月前後の期間で、会いに行く予定があるのでしたら、

その時に手渡しをしても問題ありません。

 

郵送で贈る場合、一般的には産後1ヶ月が目安の期間と覚えておくと良いですね。

 

以上が出産祝いを現金で贈る際の贈り方と注意点です。

 

正しい贈り方をすれば、

お祝いの気持ちをちゃんと届けることが出来ますよ!

 

出産祝いに商品券を贈る場合は?

出産祝いに商品券を贈る場合は、

現金と同様に産後1ヶ月以内に、

のし袋に入れた商品券を書留郵便で送ることと、

メッセージカードを添えるようにすることです。

 

ではより詳しく、出産祝いに商品券を贈る場合の贈り方と、

注意点を紹介します。

 

・のし袋に入れて書留郵便で贈る

商品券も現金の場合同様に、水引が蝶結びののし袋に入れて、

表書きや氏名なども記入して書留郵便で送付してくださいね。

 

あくまでも商品券は現金ではないので、

必ず書留でないとダメというワケではありませんが、

丁寧に贈るべきなので書留郵便で送付した方が真心が伝わりやすいですよ!

 

ただし、百貨店で商品券を購入した場合は、

百貨店から配送手続きが出来ます。

 

もちろんちゃんとのし袋に包んでもらえるので、

郵便局から送付しない場合は、

ぜひ百貨店から直接、配送手続きをしてくださいね!

 

百貨店で購入した商品券を自分で改めて包んで、

郵便局から書留で送付する方法でもOKです。

 

・産後1ヶ月以内に届くようにする

出産祝いに商品券を贈る場合も現金と同じように、

産後1ヶ月以内に届くように贈りましょう。

 

そうすれば受け取ったご家族は、

商品券で必要な物を購入するのに使ったり出来て助かりますよ!

 

産後1ヶ月前後の時期に、実際に会う約束をしている場合なのでしたら、

商品券ものし袋にきちんと包んでさえおけば、手渡ししても大丈夫です。

 

・メッセージカードを添えて贈る

商品券を出産祝いで贈る際には出来れば、

メッセージカードを添えるようにしましょうね!

 

メッセージカードには『ご出産おめでとうございます』など、

一言二言で大丈夫なので、温かみのあるメッセージを書いておきましょう。

 

そうすればより、商品券だけよりもお祝いの気持ちを伝えられるので、

赤ちゃんを産んだご家族が嬉しい気持ちになりますよ。

 

以上が出産祝いを商品券で贈る場合の贈り方と注意点です。

 

ご出産はとてもおめでたいことなので、

お祝いの気持ちをしっかり伝えて、商品券を贈りましょうね!

 

まとめ

出産祝いは現金と商品券のどっちが喜ばれるか迷いますが、

目上の人宛てでないのでしたら、商品券の方が喜ばれますよ!

 

ただし現金を出産祝いで贈るなら、産後1ヶ月以内に、

のし袋に包んだ状態で現金書留にて贈るようにしましょう。

 

商品券を贈る場合も、産後1ヶ月以内に、のし袋に包んでおき、

書留郵便で送付しますが、その際メッセージカードを添えておくこと。

 

あなたのお祝いの気持ちがちゃんと伝わるので、

正しい贈り方で出産祝いを届けるようにしてくださいませ!

タイトルとURLをコピーしました