石鹸のプレゼントに意味はある?いらないって思われない?

石鹸 プレゼント 意味 プレゼント

スポンサードリンク



女友達への誕生日プレゼントや、恋人への誕生日プレゼントや記念日のプレゼントで贈り物にぴったりな石鹸のギフト。

 

予算も千円程度のものから1万を越すようなものまで予算に応じて選びやすいアイテムですよね。

 

でも、実は石鹸の贈り物には意味があると知っていますか?

 

石鹸のプレゼントの意味合いと石鹸がプレゼントで迷惑と思われないか、誰にでも贈ってもいいものなのか解説していきます!

石鹸のプレゼントに意味はある?

 

石鹸は日本では汚れを落とすもの、溶けて消えるものであることから、「厄を落とす」「病を洗い流す」ものとして、快気祝いに贈ったりする定番のアイテムです。

 

男女の厄祝いでも洗剤が好まれるのと同じ意味合いなんですね。

 

でも、欧米ではこの「汚れを落とすもの」が逆の意味に捉えられています。

「あなたは汚いからこれで洗ってください」というように捉えられてしまうのです。

 

フランスのように香水文化が発達している国々では香水のプレゼントも「あなたは不衛生です」と捉えられる(体臭がきついからこれをつけてください)ので、NGとされています。

 

また、石鹸に限らず身につけるものに関してはオン・オフをきっちりわける風習があるので、目上の人や、仕事関係の人に贈るのは地雷行為でしょう。

 

若い方はそこまで深く考えないですが、年配の方へ贈るのは要注意です。

 

石鹸のプレゼントは種類も多く、おしゃれなものからエレガントなものもあり、もらって要らないと思われることが少ないです。

 

特に女性にはたいへん好まれています。

 

石鹸のプレゼントするときは、意味もあるので的外れな時にプレゼントするとあまりよく思われないので注意が必要です。

 

石鹸は快気祝いにプレゼントするのがおすすめです。

病気からの回復で、病を洗い流すという意味をもっております。

 

そういう時以外でも、誕生日や季節のプレゼントなどにもいいですよ。

スポンサードリンク

石鹸のプレゼントはいらないって思われない?

 

日本人に好まれる石鹸の贈り物ですが、「人によっては好みの問題で使ってもらえないかもしれない」と心配する人もいると思います。

 

個人の好みや価値観で変わってきますが、石鹸って安くて百円位で購入できますよね。

 

バスタイムが生きる楽しみって人はバスグッズにお金をかけますが、そうでもない人は一つ千円以上もするような石鹸を普段から使いますか?そんな人はごくごく少数ではないでしょうか?

 

そんな時に石鹸詰め合わせを贈られたら嬉しくありませんか?

 

もちろん、石鹸で体を洗うなんて頭にないって人(いるのかな?)に贈ると「いらない…」と思われる可能性は高いです。

 

後はその辺のお店で買ったものだと、やっつけ感あるし、「こんなの貰っても」と思いますよね。

 

最近はボディーソープ派が多いし、もし家族で住まわれているとそれぞれが別の銘柄のボディソープを使用している事もありえます。

 

贈る相手との関係性やプライベートをどこまで知っているか、その上でどんな商品を選ぶかで「要らない」と思われるかどうか決まってきます。

 

肌の弱い人、アトピーの人は素材にこだわったものを。

シアバターが入ったものや、オリーブオイルから作ったもの。はちみつ入りのもの。

 

ココナッツオイル入りのもの、素材にこだわった、といってもたくさん種類があります。

 

香水やアロマにはまっているような人にはその人が普段つけているような香りのもの。

例えばハイブランドの石鹸(シャネル、ディオール、ロクシタン、プラダ等)なんて自分ではなかなか購入できないものなのです。

 

香りの好みは個人差が大きいので選ぶときには事前リサーチが必須です。

 

インテリア関係が好きな人には飾って目で楽しめるようなもの。

まるで宝石のような見た目のものや、お菓子のような見た目のもの、花や、ゼリーみたいな見た目のもの。

 

しばらくお部屋に飾って楽しんでから、お風呂で使ってもらうことができます。

 

贈りたい人がどんなものが好きか、乾燥に悩まされているのかとか、相手のことを考えながら選んだらきっと喜んでもらえますよ。

 

好みがわからないのであれば、オーガニックの固形石鹸だったら間違いなしでしょう。

 

これだったら洗顔や手を洗ったりするのに十分使うこともできるので、貰って処分に困るということはないはずです。

 

石鹸は使用期限が2年から3年と長いので、すぐに使わなくてもしばらく保存することが可能です。

 

それに芳香剤代わりとしてクローゼットや引き出しの中、部屋に置いておくことも可能です。

 

よっぽど家中に石鹸がたまっているということがない限り貰って困る贈り物ではないですよ。

 

保湿性のあるオリーブオイル配合の石鹸や、香りのついたバラや柑橘系の石鹸などが喜ばれます。

家族用でしたら、シャボン系や全身洗える、洗顔もできるような石鹸が好まれます。

 

また、アロマ系の石鹸ですと、お香をたてなくてそのままお使いできますし、匂いのいい石鹸は洋服箪笥に入れて除菌効果と衣服に石鹸の香りが付きいい匂いを放ちます。

 

洗うだけでなく、多用途に富んでいる石鹸は要らないと思われることはありません。

 

快気祝いだけでなく、誕生日や季節のギフトなどでプレゼントするといいです。

 

プレゼントされた側はえっと一瞬思うかもしれませんが、使う用途を考えれば、これほどいいものはありません。

 

決して高級な石鹸ばかりが喜ばれるわけではありません。

 

確かに高級石鹸はいいものですし、長く使えます。

 

しかし、消費してしまう点からも安い石鹸も同じです。

 

忘れてならないのはプレゼントする相手が喜ぶということと、相手に感謝の意を表すプレゼントだということです。

 

まとめ

 

プレゼントも多種多様で、贈りたい人にどんなものをプレゼントしたらいいか迷います。

 

人によってプレゼントの種類を考えたりして、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら考えるのは楽しいです。

 

石鹸のプレゼントの意味は快気祝いが多いです。

それは、病を洗い流すという意味から来ています。

 

ですが、それ以外でも誕生日や季節などのプレゼントにも最適です。

 

また、石鹸の用途も多様で、一概に洗うだけではありません。

香りを楽しんだり、衣服の防虫にも役に立ったりします。

 

日本人は石鹸は前向きな意味合いで捉えられるけれど、海外の人にはマイナスのイメージ
があるので、贈るときには要注意です。

 

もちろん、友人であれば贈ることもあります。

 

石鹸は保存期間が長いのと、用途によっていろんなアプローチで商品を選べるので、見た目や香り、素材で選ぶとどなたにでも贈ることができるオールマイティなギフトです。

 

石鹸のプレゼントはいらないと思われるかもと不安になりますが、人間関係や人によってそのようなことはありません。

 

贈りたい人にそれとなく聞いてみて、その人に合った石鹸のプレゼントをするのもいいですね。

 

普段お世話になっている人に日ごろの感謝をこめて石鹸を贈ってみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました