誕生日プレゼントを早めに渡す時のシチュエーションおすすめ4選!

誕生日プレゼント 早めに渡す プレゼント

スポンサードリンク



恋人がいると必ずといっていいほど、

誕生日というのは重要な行事となるのではないでしょうか。

 

誕生日プレゼントならぜひ特別なものを

特別なシチュエーションで渡したい。

 

彼氏の忘れられない思い出の一部になってもらいたいですね。

 

そんな誕生日ですが、

お互いの仕事などの関係で当日にプレゼントが渡せない場合も…。

 

早めに誕生日プレゼントを渡すとなったら

どんなシチュエーションがいいのでしょうか?

 

誕生日プレゼントを早めに渡す時の注意点含め、

おすすめのシチュエーションをご紹介いたします。

 

誕生日プレゼントを早めに渡す時のシチュエーション4選!

 

はじめて出会った場所や付き合った場所でプレゼントを渡す

はじめて出会った場所や、

付き合うきっかけになった場所を大切に感じている男性は非常に多いです。

 

特に彼氏の方から告白した場合は、

誕生日プレゼントを思い出の場所でもらえたら新しい思い出にもなると同時に、

当時の彼女に対する愛おしさがよみがえります。

 

出会った場所や付き合ったきっかけになった場所がレストランとかなら、

誕生日の演出やケーキを用意してもらうのもいいですね。

 

場所によってはプレゼントを預かってもらえるというところもあるので、

サプライズをしたい人はレストランなどに相談してみましょう。

 

飾りつけをした自宅でプレゼントを渡す

早めに誕生日プレゼントを渡すからこそサプライズ感を発揮できるのが、

自宅を飾りつけしてのおもてなしです。

 

自分で飾るからこそこだわりの演出ができます。

 

彼氏が「自分のためにこんなに手間をかけてくれた」と、

喜んでくれること間違いなしです。

 

日常的に過ごしている場所を特別な場所にできるので、

思い出にも残りますね。

 

部屋のどこかにプレゼントを隠して、

宝探しゲームをやってみるのもアリかと思います。

 

飾りつけした自宅で誕生日祝いをすると、

手作りのご飯でもてなしても喜ばれますし、

豪華にデリバリーしても特別感があるのでいいですね。

 

日常的な場面で非日常的な演出をするというのが乙ですね。

 

彼氏の自宅で誕生日のお祝いをするなら、

バッグのなかやベッドサイド、上着のポケットのなかに、

手紙やメッセージカードを何枚か仕込んでおくのも特別感があります。

 

プレゼントだけではない演出ができるので、

自宅で誕生日プレゼントを渡すといろいろなシチュエーションが考えられますね。

 

2段構えのプレゼント

これもサプライズ感が強めなプレゼントの渡し方です。

 

早めに誕生日プレゼントを渡す際に、

本命ではないプレゼントを渡しておきます。

 

当日に本命のプレゼントを渡すのもよし、彼氏の部屋に隠しておいて、

誕生日当日に「〇〇にプレゼントあるから見てね」と伝えるもよし。

 

早めに誕生日祝いをするときに本命ではないプレゼントを渡しておいて、

帰り際に本命のプレゼントを渡してもサプライズ感があります。

 

コインロッカーにプレゼントを入れておく

誕生日のお祝いだとテーマパークに行くカップルも多いのではないでしょうか。

 

その際に誕生日プレゼントを常に持ち歩いていると形が崩れてしまったり、

誕生日プレゼントアピールになってしまいますね。

 

そういったときにおすすめなのが、

テーマパークのコインロッカーにプレゼントを隠しておくという方法です。

 

誕生日プレゼントとばれない形で荷物をコインロッカーに預けにいって、

一見してプレゼントとわかるようにコインロッカーに入れておきます。

 

帰りに「荷物取ってほしい」と頼んで、

彼氏がコインロッカーを開けたらプレゼントが目の前に…というシチュエーションです。

 

「彼氏の驚いた顔を見たい!」という人におすすめな演出です。

 

誕生日プレゼントを早めに渡す時の注意点!

スポンサードリンク

 

誕生日を早めに祝う際に気を付けておきたいのが、

「祝い事を前倒しするのは縁起が悪い」と思う人がいることです。

 

誕生日のお祝いに限らず、

昔から多くの地域でお祝い事を早めにするべきではないと考える人もいます。

 

誕生日を早めに祝うと寿命が縮むという言い伝えもあるとか…。

 

そういった昔からの風習を重視する地域や家庭で育っている人に対しては、

誕生日を早めに祝うのは辞めた方がいいかと思います。

 

事前にそのあたりをリサーチしておくことも大切ですね。

 

また早めに誕生日プレゼントは渡せても

誕生日当日は会えなかったり祝えなかったりするのは、

やはりちょっと寂しいですよね。

 

そのため誕生日当日に、

メールやLINEでバースデーメッセージを送るといいですね。

 

あえてポストにバースデーカードや電報を届けても

意外性があるので喜ばれるかと思います。

 

誕生日のプレゼントを早めに渡すと、

「当日は忘れられちゃったかな…」と思われてしまうかもしれないので、

誕生日当日にもお祝いを伝えることは大切です。

 

例え早めに誕生日プレゼントを渡していたとしても、

「当日はあなたのこと考えていた」「覚えていたよ」と思えるので、

言葉だけでもお祝いをもらえるととても嬉しいですね。

 

別記事では、誕生日プレゼントを当日に渡せない場合は、

前か後のどっちが一番喜んでもらえるかについてもご紹介してますので、

ぜひ参考にして下さいね!

誕生日プレゼントを当日に渡せない場合はいつあげる?前か後のどっち!?

 

まとめ

 

誕生日は一年に一度の特別なイベントです。

 

早めに誕生日プレゼントを渡すとなると、

サプライズ感を演出できるのがいいですね。

 

高級なレストランやホテルを用意しなくても

さまざまなシチュエーションが楽しめます。

 

しかしやはりなかには早めにお祝いをするのに抵抗があるという人もいるので、

そのあたりは事前に確認しておくことも必要です。

タイトルとURLをコピーしました