誕生日プレゼントをいらないという友達の心理!喜んで貰う方法は?

誕生日 プレゼント いらない 友達 プレゼント

スポンサードリンク



誕生日のプレゼントって、何歳になっても貰って嬉しい物っていうイメージですよね。

 

ただ、みんながみんなそうでもないんです。

 

誕生日プレゼントはいらないという人もけっこういるんですよ。

私の周りにも実際いますしね!

 

いろんな個々それぞれの気持ちや事情などがあるということえ、誕生日プレゼントはだれしもが貰って嬉しいものだとは限らないのです。

 

今回の記事では、誕生日プレゼントをいらないという友達の心理、そんな人への贈り物、誕生日プレゼントがなくても喜んでもらえる方法などをお伝えしていきますね。

誕生日プレゼントをいらないという友達の心理とは!

 

誕生日プレゼントをあげたいな!と友人に対して思った時、『いらない』と言われたらけっこうショックですよね。

 

でも、友人としても『いらない』という時には、それなりの理由が隠されています。

いくつかあるので、紹介しますね!

 

①遠慮の気持ち

そんなに気を使わなくてもいいよという遠慮の気持ちから、いらないと言っているケースは女性は非常に多いですよね。

 

でも貰ったら嬉しいので、表面上の気遣いの言葉でしょうね。

 

②自分もあげなければいけないという気持ち

もらうと自分もあげなければならないことへの義務感が重たい場合。

これもそこそこありますよね。

 

一度交換してしまうと、毎年の義務感になってしまうケース。

これはなかなか辛いですよね。

 

中止するタイミングもなかなかわからなかったりしますもんね。

 

③いらない物をもらったら困るという気持ち

プレゼントといっても自分の今欲しいものではない、もらっても困るというものだとむしろいらないなという気持ち。

 

これもあながち無きにしも非ずですよね。

 

実際捨てるのも忍びないし、だからといってどうしようもない・・。

 

このような3点ほどの気持ちで、プレゼントはいらないなと思ってしまうのです。

わからなくもないですよね・・。

 

誕生日プレゼントをいらないという友達への贈り物は?

 

そんな誕生日プレゼントをいらないという友達に、それでも贈りたいと思う時はどうしたらよいのでしょうか?

 

①すぐ消費できるものを贈る

貰っていらないもので、『残るもの』というのが困らせるひとつのポイントです。

 

ですので、消費できるものをプレゼントすると良いですよ!

 

お菓子、クッキー、飲み物、有名店のものなど。

 

そしたら相手にも迷惑がられることも心配しなくて大丈夫!

 

②友達に欲しいものを聞いて贈る

貰って嬉しくない物をあげるより、確実に欲しいものをプレゼントするほうがいいですよね。

 

ですので、先に今欲しいものを聞いておくことがいちばん無難。

 

自分で買うこともできるけど、欲しい物を人からもらえるのは嬉しいことですしね!

 

③物ではなく体験を贈る

残るものが迷惑であれば、体験をプレゼントするのも良い方法。

 

いつも仕事が大変で疲れてそうならアロママッサージのギフト件、ゆったりゆっくりの時間をプレゼントしたいという気持ちで、コーヒーショップのコーヒー券などなど。

 

運動が好きなら、ジムの一日体験チケットなどなど。

 

あとは温泉は入れるギフトなどもありますしね。

 

④カタログギフト

カタログギフトであれば、本人が自分で選べるので嬉しいですよね。

 

そのカタログギフト自体のセンスは必要なのと、本人が自分で郵送したりの手配をしなければいけないというネックはありますが、喜んでくれる人もいると思いますよ。

 

以上4つの贈り物候補をあげてみました!

スポンサードリンク

誕生日プレゼントが無くても友達を喜ばせるには?

 

でもやはり考えた末、あげるのも何か引っかかるという時、プレゼントがなくても友達を喜ばせる方法があります!

 

仲の良い友達なら一緒にいるだけで楽しいし、一緒に想いでを作れるのも嬉しいことです。

 

だからプレゼントではなく、友達の誕生日に合わせて旅行の計画も素敵ですよね!

 

あとは、シンプルにおめでとうを伝える事、手紙を書いて日頃の気持ちをかくこと。

これって味気ないように見えてとっても嬉しいですよ。

 

一番は物より気持ちであって、『おめでとう』と言われる一言がなにより嬉しかったりします。

 

だからプレゼントに気を取られないで、おめでとうの気持ちを伝える。

これが喜んでもらえる一番のことだと思います!

 

まとめ

 

友達の誕生日プレゼントがいらないということには理由があります。

 

遠慮だったり、自分も上げなければいけなくなるプレッシャーだったり、いらないものは欲しくないという気持ちが隠されていますね。

 

もしそうであれば、残るものではなく、体験や消費できるものを贈ると喜ばれるかも!

 

それでも、プレゼントすることに気が引くなら、なによりも気持ちを込めての『ありがとう』を伝えましょう。

 

会って伝えても手紙で伝えるのも素敵ですよね!

 

一番大切なのは、その日のおめでとうの気持ちと、生まれてきてくれて友達になってくれてありがとうということではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました