ハンドクリームのプレゼントが嬉しくない理由と贈り物の意味とは?

ハンドクリーム プレゼント 嬉しくない プレゼント
スポンサーリンク

何かをプレゼントしようと言う時に、ハンドクリームは結構お手軽にプレゼントしやすいです。

 

手軽というのも、安価なものから、高価なものまで種類も多いですし、香りがあったりもするのでオシャレなプレゼントとも言えます。

 

それにけっこう女性は頻繁に使うので、ある意味消耗品なので貰うと助かる部分もあります。

 

自分だと間違えたくないので同じものを選びがちですが、貰いものだと冒険できるというか新たな発見ができたりするので嬉しいですよね!

 

今回はハンドクリームについてなのですが、ハンドクリームをプレゼントで貰って嬉しい理由、嬉しくない理由、ハンドクリームのプレゼントをする意味合いなどを紹介していきます。

ハンドクリームのプレゼントが嬉しくない理由とは?

 私は個人的にハンドクリームをプレゼントで貰うと嬉しいタイプです。

冒頭にも書きましたが、消耗品だし絶対毎日使います。

 

自分で購入するのは冒険せず、間違いないものをチョイスするので代わり映えがないのですが、貰いものになると新しい発見ができたりするので嬉しいんですよね!

 

でも実は、ハンドクリームのプレゼントが嬉しくない人がいるのです。

嬉しい人からすると驚きですが、理由を聞くと「たしかに!」と納得できる感じもあます。

 

どんな人が嬉しくないというかというと、

そもそもハンドクリームを使わないという人、香りの好みがうるさい人、質感の好みがある人、効能にこだわりがある人、愛用品がある人です。

 

「たしかに!」と思うのは、効能のこだわりだったり質感のこだわりです。

香りは新しい発見にもつながるので良いかなとも思います。

 

質感でいえば、私なんかはほとんどの人が嫌うのですが、べったりしている感じの方が好きなんですよね。

 

多くの人はサラッとしたテクスチャーが好きだと思います。

重たい感じがイヤだという人もいますね。

 

効能もそうですね、手荒れをしょっちゅう繰り返している人などは、医薬品だけを使用する人もいます。

それに、しみないタイプの物もあるので、そういうのをチョイスして使う人もいます。

 

こだわりのある人は、自分は「これだ!」というものがあるので嬉しくないかもしれません。

 

そもそも使わない人も嬉しくないようですね。

私は使わなかったのですが、貰ってから使うようになったのでそういう人もいますよ(笑)

 

最後に、普段からかなり高価なものを使用している人には、ハンドクリームのプレゼントは難しいかもしれません。

 

ハンドクリームのプレゼントが嬉しいという人は?

 そしてハンドクリームのプレゼントが嬉しいという人を紹介してみますね。

 

普段から常にハンドクリームを使っている、そしていろんなものを試して楽しんでいる人、手が荒れやすい人、医療関係、保育士さんなど仕事上必須な人、主婦など家事が多い人、水仕事がある人などは喜ばれますよ。

 

手荒れの人や職業柄の人はもしかしたら医療用に近いハンドクリームを使用しているかもしれないので、最初にちょっと下調べしておいた方が安心かもしれません。

 

私はいろんなものを試したいタイプなので貰ったら楽しいし嬉しい!

 

あとは考慮としていつ使っているのかというのも調査してもよいかも!

日中に使うものは医療用でも、就寝用にプレゼントしてみるとか、小さいお子様がいる家庭の人には子供と一緒に使える物とか、最近は無添加タイプのものは喜ばれたりもしますよね。

 

ハンドクリームのプレゼントの意味とは?

 実はハンドクリームにもプレゼントする意味合いがあるんですよ。

 

男性から女性へ贈る場合は、相手と手を繋ぎたいという気持ちを込めるということです。

 

女性から男性へ贈る場合は、あなたの役に立ちたい、あなたのことを想っていますという気持ちという意味になります。

 

意外とロマンチックな意味合いがあって驚きますよね。

ほとんどの人は何も考えずに実用的にプレゼントしているでしょう。

 

私、彼からもらったことがあるのですが、「そんなカサカサ?!」って怒ってしまいました。

可愛くないですよね(笑)

 

まとめ

ハンドクリームのプレゼントは嬉しい人と嬉しくない人がいます。

 

嬉しい人はいつも使っている人で、いろんなものを試したりしている人ですね。

 

あとは職業柄でも、医療関係、保育士さんなども荒れやすいので嬉しいですよね。

家事、育児がある人もハンドクリームは必須ですね!

 

ただ、効能や香り、質感の好みはあります。

 

もらって嬉しくない人は、普段から使わない人、逆にとてもこだわりのあるハンドクリームを使っている人、高価なものもを使っている人は嬉しくない可能性があります。

 

ハンドクリームはピンキリの値段なので、贈りやすい選びやすいものなのですが、プレゼントする際はいらない人もいるかもというのを念頭に置いておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました