shiroのプレゼントが嬉しくない理由と嬉しいという人の年代や特徴は?

shiro プレゼント 嬉しくない プレゼント
スポンサーリンク

shiroのプレゼントは嬉しいという人と嬉しくないという人がいます。

あの独特の香りはなかなか香水でもないし、他のブランドにもなかなかないんですよ。

 

私はブランド自体が好きなので、プレゼントとしてもらえると感動しますし嬉しくてたまりません。

ただ、やはり年齢層もあるし、嬉しくないという人もいるんですよね。

 

でも、どんな商品でも好き嫌いなどの好みも肌質などもありますから、賛否両論はあって当然ですよね!

 

今回の記事では、shiroのプレゼントが嬉しくないという人の理由と嬉しい人の年代や特徴、プレゼントのおすすめなどを紹介していきます。

shiroのプレゼントが嬉しくない理由6選

 Shiroのプレゼンが嬉しくない理由はやはり好みの問題が大きいです。

 

・好きな香りではない

・好きなテイストではない

・ブランドが好きではない

・他にこだわりのブランドがあるから

・肌に合わない

・年齢的にちょっと懸念する

 

こういう声が一般的には多いです。

好みの問題か肌質によってというところですね。

 

でも、そういうことって特にshiroだからというわけではありません。

どんな商品でも好き嫌い、好み、合う合わないがありますよね。

 

shiroのプレゼンが嬉しいという人の年代や特徴は?

shiroって、商品そのものももちろんよりのですが、コンセプトや信念や考え方に共感してファンになる人が多いです。

 

かくいう私もそのタイプでした!

 

地球の生命力を、隅々まで、その一滴に

私たち日本人には、エシカルという言葉が生まれる遥か昔から、自然の恵みを余すことなく活用するという精神が根づいています。

shiroは、ブランド創設から10年、大自然のもつ力を取り入れる喜びを日本国内にとどまらず、世界中の人々へ届けることを誓います。

エシカルな選択と意志の連続が、人と社会を美しく、笑顔にすると信じて。

 

こういう「自然」というものをテーマに置いているので、こういうところに惹かれる人も多いんでしょうね。

 

プレゼントで嬉しいという年齢層も30代以降の人が多いです。

 

若い人にももちろん好きな香りだったりテクスチャーだったりする商品です。

 

ですが、自然の恵みを大事にするというようなコンセプトが響きやすい年齢層が30代、40代の今の女性にヒットしていると思います。

 

あまり化粧品!というようなイメージでなく、ナチュラル嗜好で自然に近いものというものを求めている人、そういうことを大事にしたい人が好んでいる傾向があります。

 

日々素材と向き合い、ただひたすらシンプルに、正直に。

わたしたち自身が本当に使いたいと思えるものだけを作る。

それがあなたの魅力を引き出し、笑顔や自信に繋がるものであるように。

 

海と大地の豊かな恵みが、

強く、優しく、美しく、

私たちの中に眠るエネルギーを呼び覚ます。

 

このシンプルに正直に・・海と大地の恵み・・こういう自然を求めている、好きな人がshiroのりピーターに多いのです。

 

shiroのプレゼントのおすすめは?

 Shiroのプレゼントのおすすめをちょっと紹介してみますね!

 

酒かす化粧水

 

がごめ昆布美容液

 

タマヌクレンジングバーム

 

これらはスキンケアのベストアイテムにチョイスされている商品なのです。

これがギフトに入っていると嬉しいですよね!

 

ホワイトリリー ボディミスト

 

ハーバルマスクスプレー

 

サボン ボディミスト

これもTHEベストセラー!

私はボディミストのホワイトリリーをずっと使用しています。

大好きな香りで、どこにもない香りでここで初めて出会いました!

 

サボンにも走ったことあります(笑)

 

このミスト系統はけっこうリーズナブルなのでちょっとしたギフトにも良いですし、何かと組み合わせてあげても嬉しいですよ!

 

このホワリトリリー、サボンの香りはあまり苦手な人もいないように感じますね!

 

同じくこのホワイトリリーのボディミルクやサボンのボディミルクなど、同じ香りで違う用途のものがあるので、香りでセットにしてあげると嬉しいですよね!

 

私は一度、このボディミストとボディクリームとハンドクリームをホワイトリリーで貰いましたが、最高のプレゼントだと思ったし、それからずっとリピートしています!

 

まとめ

Shiroは、自然、ナチュラル、シンプルなどのコンセプトがあります。

 

プレゼントでもらうのを嬉しい人も嬉しくない人もいますね。

 

嬉しい人は意外と30代以降の人が多く、商品力ももちろん香の質、あとはブランドイメージやブランドコンセプトなどの共感も大きいようです。

 

あまり化粧品というイメージが強くないブランドですよね!

 

プレゼントで貰っても嬉しくない人は、匂いが苦手、肌に合わない、他のブランドが好き、などのような好みの問題か肌質の問題というところですね。

 

それでも圧倒的に多くの人が貰って嬉しいという人気はまだまだこれからも高まっていきそうな予感がします。

タイトルとURLをコピーしました