クビになった人にかける言葉やメッセージ!同僚と家族や友達別に紹介!

クビになった人 かける言葉 メッセージ
スポンサーリンク

クビになった人に掛ける言葉というのはとても繊細で難しい内容ですよね。

通常の定年でも退職でもなく、会社側からのクビなのでとても難しい。

 

今の時代、企業の業績が良くなくて早期退職希望募集などはありますが、クビというのはなかなかできる措置ではありません。

 

労働者側によっぽどの不手際や悪い勤務態度などがなければ、成績などでクビはあまりない世の中だと言えます。

 

どちらかといえば労働者が守られている世の中ですからね。

 

でもクビにするということは、おそらく周囲の従業員も納得というかクビになって仕方ないという状況だったと思います。

 

周りの従業員がまったく納得いかないクビなら、会社側が大きな問題になりますからね。

 

今回の記事では、クビになった人にかける言葉、メッセージの同僚、家族、友達のバージョンを紹介します。

クビになった人にかける言葉やメッセージの同僚編!

 クビになった人にかける言葉やメッセージの同僚編を紹介します。

 

同僚というと社内の人間なので、ダイレクトに関わっている人たちですので、ある意味一番声をかけづらい、言葉内容が難しくなってくると思います。

 

クビになった内容次第でかなり様子は違ってきますので、言葉もむしろ曖昧に欠けるくらいの方が良いのです。

 

「ここからは前を向いていくしかないよね。

過去を振り返っても仕方ないから、明日からどうしていくかだよね。これからも応援しているよ」

 

「今回のことはさておき、一緒に仕事ができてたくさん助けてもらってありがとう。

存在がとても心強かったです。これからの未来も頑張ってね」

 

「お疲れ様でした。一緒に働いた日々は楽しかったね。

色々あったけど本当にありがとう。

これから仕事は違えど一度一緒に働いた仲間だし、これからも何かあったらお互いに話したりしようね。」

 

「とにかく、お疲れ様でした。

私もいろいろあなたには助けられてきたから、何か手伝えることや話聞くこととかならできるからまた言ってね。

私にできることはするから。」

 

当たり障りない内容で、お世話になったことお礼とこれからの応援をお伝えしましょう。

 

仕事仲間だからこそ、あまり突っ込んだ内容で話さないほうが良いですよ。

本人も同僚という立場の人とクビの状態で話すのはなかなか辛いものです。

 

何も言わずにコーヒーを差し入れる、肩をポンポンとするというように言葉はなくても良いかもしれません。

 

クビになった人にかける言葉やメッセージの家族編!

 クビになった人にかける言葉やメッセージで家族だからこそ言える言葉があるし、家族にしか言えない言葉があると思います。

 

家族は時に厳しくもあり、最後まで一番の味方でもあるのです。

 

「今回の事は反省はしなさい。

落ち込む必要はない、反省をすること。

そしてこれからの人生に活かすことが重要だよ。

失敗で転ぶのか、この失敗を活かすのかはあなた次第だよ。

いつも味方だから、もう一度奮起してみよう」

 

「今回のことを仕方なかったと思ったらいけないよ。

どこに問題があってどうしたら良かったのかわかっているなら、これからそれをするだけ。

いつまで考えてても仕方がないから気持ちを切り替えていこう。いつでも話聞くしね」

 

「今回は大きな失敗だ。でも失敗は悪いことだらけでもない。

失敗したからこそ大きくなれると言う考え方もできる。

今が一番大事な時だよ。応援しているから踏ん張れ!」

 

 

クビになった人にかける言葉やメッセージの友達編!

クビになった人に掛ける言葉やメッセージの友達編を紹介します。

友達の立場も難しい言葉選びになると思います。

 

あまり仕事のことを詳しくは分からないし、クビになった人側からしか話を聞いていないだろうから迂闊なことは言えませんね。

 

でも、クビになった本人は精神面で頼りにしているのが友達という可能性も高いですからね。

 

「あまり詳しい内容はわかんないけど大変だったね。

でもこれで友達の縁が切れるわけでもないし友達関係は変わらないよ、いつでも頼ってね。」

 

「話ならいつでも聞けるから、何かあったら言ってね」

 

「仕事の内容とか会社のことは全然わかんないけど、いつでも話聞くから、気が向いたら連絡ちょうだいね。」

 

もし周りに叱ってくれる人などいないようであれば、関係性によっては愛情をもって苦言を言うのもアリです。

 

まとめ

クビになるということは、正直今の世の中ではよっぽどの事だと思います。

 

労働に関してはどちらかと言えば労働者の守られる立場の方が強いです。

 

クビということは本人が何か問題を起こしたのか、勤務態度が悪く、その改善傾向が全く見られないのか、ほとんどが本人起因のものでしょう。

 

かといって家族、友達の立場でとやかく言うと、本人も孤独感を感じてしまうかもしれません。

 

話を聞いてあげたりしながらも、今後の未来を応援していることを伝えられると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました