不妊治療中の友人にかける言葉と接し方!かけてはいけない言葉とは?

不妊治療 友人 かける言葉 メッセージ



スポンサーリンク

近年、不妊治療をしている人の数はかなり多いです。

 

私の友人も数人いましたが、本当に想像を絶する大変さです。

もちろん体力的にもなにより精神的にも辛い日々を過ごしています。

 

それに不妊治療をしたら、100%子供を授かれるという保証もないのです。

だから本人たちはすごく気を張っている状態だし、かなり敏感。

 

何度も失敗している人などは、もう神経が尖っている状態です。

かなりセンシティブな内容なので、話したくない人も結構いると思います。

 

今回は、その不妊治療の友人にかける言葉、接し方、かけてはいけない言葉を紹介していきます。

不妊治療中の友人にかける言葉!

不妊治療中の友人にかける言葉をいくつか紹介してみます。

 

立場によって多少言葉かけも変わってくることがありますので、その辺も考慮してお伝えしていきます。

 

不妊治療を経験して今は子供がいる友人

友人の中でも、もしかしたら唯一話す気になる人かもしれません。

 

しかし、不妊治療にも度合があります。

その友人が長期化しているのなら迂闊に話しづらいかも。

 

あなた自身がその友人より長期な状態であれば、その友人も話す事で癒されることもあるかもしれません。

 

「私も不妊治療して、かなり年月がかかった」ということをポロっと伝えておいてあげると、自分から相談しにくることがあるかもしれません。

 

なぜなら、結果として子供もできているので、アドバイスなども貰いたいところもあると思います。

 

かといって、もうできているのを素直に捉えらえないかもしれないというギリギリのバランスです。

 

あえて声をかけるのであれば、

「私も不妊治療経験してて私は〇年かかったよ。

なかなか人にも相談しづらいというかしたくないというか、そんな気持ちもわかるし、なんか力になれることあったらいつでも声かけてね。」

 

不妊治療を経験しながら、まだ子供はいない同じ状態の友人

友人の中で一番話しやすいでしょう。

全く同じ境遇だと仲間意識は持てるし、一緒に気持ちを分かちあうことができます。

 

しかし、同じタイミングで不妊治療する友人の存在は一方では心強いけど、先に授かったりすると喜べないという気持ちになったりも。

 

そこから自己嫌悪になったりして、あまり良くなかったりするのです。

 

だから同じ状態であれば、

「お互い、大変だよね・・だけど、いま頑張り時だと思うから一緒に頑張ろう!

辛くなったらお互い愚痴言い合おうね!」

 

・不妊治療せずに子供がすでにいる友人

このタイプの友人が本来一番多い立場でしょうが、一番言い方はきついですが存在的に疎ましいタイプです。

 

この不妊治療中は精神的にキツイ状態ですので、普段のような心の持ちようができないですから。

 

子供がいる夫婦が子供に接していて大変そうにしているのを見るだけども、傷ついたりしてしまう繊細な状態です。

 

だから声はかけないほうが無難かも。

もし会うなら子供抜きが良いかもです。

 

一方的に、LINEか何かで

「なんかあったらいつでも話聞くからね!」

ということだけ伝えておくと良いでしょう。

 

・結婚はしていても子供がいない人生を自分の意思で選択している友人

このタイプもとても微妙なラインなんです。

自分は欲しいと思っているから、相容れないと考えるのです。

 

だからこのケースの友人の立場なら、上記子供がすでにいる友人と同じような声掛けで、

「なんかあったらいつでも話聞くからね!」ということだけ伝えておくと良いでしょう。

 

・独身

独身の相手はもしかしたら一番気楽かも。

好きなように素直に思いを話せる存在でしょう。

 

「私は結婚も妊娠も経験ないから気持ちわかんないかもだけど、私でよかったらいつでも話聞くし、いつでも連絡してね!」

というのは素直に救われる言葉になりますね。

 

不妊治療中の友人への接し方は?

不妊治療中の友人への接し方は、姿勢でいえば「受け身」な感じでいるほうが良いです。

センシティブな状態で、日によって気持ちも違ったりします。

 

ヘタに触ると、逆にあなた自身が傷つき友情に日々が入るかも。

いつもどうりの友人でないので、気を付ける必要があるでしょう。

 

適度に放っておいて、あちらから接してきたら接するというスタンスが一番良いですね。

 

ただし、最初に「いつでも声かけてね」と言っておくと連絡しやすいでしょう。

スポンサーリンク

不妊治療中の友人にかけてはいけない言葉とは?

不妊治療の人に掛けてはいけない言葉を紹介します。

 

「今辛いだろうけど、絶対赤ちゃんくるから頑張ってね!」

→絶対来るとは決まっていないので、安易な声掛けは避けましょう

 

「私も辛かったけど、できたから大丈夫!」

→励ましのつもりでしょうが、大丈夫とは一概に言えないので避けましょう。

 

「無理しなくても夫婦二人の生活もいいよ」

→子供が欲しいと思って不妊治療しているので、そんな言葉は聞きたくないのです。

 

「子供がいるとホント大変だよ」

→これはかなり禁句。

不妊治療して授かりたいと思っている人は、世間の虐待のニュースや子供で大変な思いをして愚痴っているお母さんたちが本当に嫌に見えるんです。

 

私ならそんなことしないのに・・そんな思いでいるのです。

 

まとめ

不妊治療している時の女性は、本当に体も心も辛い状態にさらされています。

 

凄く傷つきやすく、繊細でピリピリしている状態。

いつもの友達とは違うんですよね。

 

だから安易に声をかけるより受け身でいて、連絡が来たら話を聞いてあげるスタンスが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました