試験前にかける言葉を恋人と家族や友達別に紹介!励ましの言葉とは?

試験前 かける言葉 メッセージ



スポンサーリンク

試験前ってものすごく緊張しますよね。

今まで勉強をしてきて、やれることはやったと思えてでもなお緊張はしてしまいます。

 

その緊張感から失敗してしまうのでは?

ミスをしてしまうのでは?

というイヤな妄想ばかりしてしまい、どんどん不安や心配が膨らんできます。

 

そういう時に身近な人から一言声をかけてもらうことで安心に繋がったり、気持ちが前向きになれたりします。

 

今回の記事では、試験前にかける言葉の恋人編、家族編、友達や後輩編を紹介していきます。

試験前にかける言葉の彼氏や彼女編!

 

試験前に彼氏や彼女という恋人から言葉をかけてもらうと、とっても心強いし安心感がかなりありますよね。

 

自分のことを良く知って貰っている故に、欲しい言葉をそのままダイレクトにもらえたりする相手です。

 

彼氏や彼女、恋人であればこそ掛けられる言葉を紹介します。

 

①「結果がどうあれ、今日までの努力を私(僕)は誰よりも知っているよ、よく頑張ったよ!
やっただけの成果が必ずあるから、いつもどおりの気持ちでいっておいで!」

 

自信を付けさせてくれる言葉ですよね。

近くでいつも頑張りを見ていたからこそ言える言葉で、説得力があるので効果的です。

 

②「受かるとか落ちるとか考えないで、ベストを尽くすだけだよ」

 

家族に言われると近すぎてイライラしたり、友達などに言われると上から目線でなんだか気分の悪くなりそうな言葉。

 

でも、恋人に言われることで素直に受け止められるような言葉です。

 

そうだな!と同意できて、おちついて臨むことができる背中押しのひとことです。

 

試験前にかける言葉の家族編!

 

試験前に家族は一番声を掛けたいと思っていますが、声をかけづらいのも家族であったりします。

 

①「いつでもどんな時でも誰よりも応援しているよ」

 

言葉の裏には試験がダメでも大丈夫、ずっと人生を応援しているという気持ちがあります。

 

でも試験に臨む相手に「ダメ」だった時のことを言う必要はありません。

 

でも、いつでも家族が近くにいるという心強いと思える言葉をかけてあげてください。

 

②「不安になるのは頑張った証拠!堂々と答案用紙を書いておいで!」

 

不安になっているのを一番理解してあげられるのも家族であり、不安な部分も全部見せられるのも家族です。

 

その不安になっていることを理解しているよという気持ちと、不安になっていいんだよということを伝えてあげてください。

 

気持ちが落ち着く一言になります。

 

③「大丈夫、あなたが自分を信じられない分、家族はみんなあなたを信じています」

 

大丈夫という言葉も、家族だからこそ言える言葉。

家族以外は軽率で言えない言葉として考えます。

 

でも、試験に臨む本人は大丈夫だと誰かに言ってほしい気持ちなのです。

 

それを家族だから言えるのです。

だからぜひ、大丈夫だという言葉かけをしてあげてください。

 

家族だからこそ一歩踏み込んだ声かけができると思います。

ぜひ励ましの言葉を掛けましょう。

スポンサーリンク

試験前にかける言葉の友達や後輩編!

 

試験前にかける友達や後輩の言葉編を紹介します。

 

友達はいわゆる同志です。

一緒にやってきたことだから辛さなども一緒に味わっている仲間。

 

分かち合っているからこそ言える言葉があります。

 

①「一緒にここまでやってきたもん!私たちなら絶対大丈夫!」

 

大丈夫という言葉は、なかなか軽々しく言える言葉ではないのですが、一緒にやってきたからこそ言える言葉でもあります。

 

大丈夫と言われると、あなたに何がわかる?と思う人もいますが、友人は一緒にやってきているのでわかっているからこそ言えます。

 

②「最後の最後まであきらめないでやりつくそう!」

 

友人はやはり「一緒に」というところが他の人とは大きく違うところです。

 

自分に言い聞かせながら相手に言っている分、自分の欲しい言葉でもあるので相手にも響きます。

 

結果の合否ではなく、自分の頑張ってきたことを後悔なく出し尽くす。

それでだめなら仕方ないというくらいの想いでの言葉かけは心に響きますよね。

 

まとめ

 

試験前にかける言葉、家族、恋人、友人編を紹介してきました。

 

恋人だからこそ、家族だからこそ友人だからこそ言えて、そして言えないという言葉もあります。

それぞれがそれぞれの立場でかけられる言葉をかけましょう。

 

言葉をかけた時は試験前なので、神経が尖っているため思い通りの返答が来ないかもしれませんし、あまりよくない表情かもしれません。

 

でもすべてが終わったときに、必ず感謝の気持ちが湧いてきています。

 

プレッシャーやさらに頑張れということよりも、安心、自信をつけてあげられるような言葉をチョイスしてあげましょう。

 

結果に目を向けるより、やってきた過程を思い出させてあげると自信になります。

 

平常心で試験に取り組めるよう、応援してあげてください。

そして結果がどうあれ、ベストを尽くしたことを褒めてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました