生理痛の彼女にかける言葉や彼氏がラインを送る時の注意点とは?

生理 かける言葉 彼氏 メッセージ
スポンサーリンク

生理痛って、男性としては触れにくいゾーンの話ですよね。

 

生理の痛みは理解してもらい辛い内容です。

見た目でもあまり伝わることでもないから周囲に伝わりにくい。

 

でも世の中がもっと寛容になってくれると、仕事などの調整もできてうれしいですよね。

 

今回の記事では、生理痛の時に彼女にかける言葉や気遣い、LINEを送る時の注意点などをご紹介します。

生理痛の彼女にかける言葉や喜んで貰える気遣いは?

生理痛ってものすごく伝わりづらい苦しみ。

 

特に男性としては、なにがどう辛いのか経験もないしわからない。

どうにかしてあげたくても機嫌が悪くて声も掛けられない。

 

生理痛はひとぞれぞれ症状が違います。

 

生理痛があるタイミングも、生理前の人、生理中の人、後の人もいます。

症状は、頭痛、腹痛、吐き気、イライラ、不安など精神面含め辛いのです。

 

だからまず、一遍通りではなくて、自分の彼女が、「いつのタイミングで」「どのような症状で辛いのか」というのをヒアリングしておいてください。

 

そしてその彼女にあった言葉かけや気遣いをしてさしあげてください。

 

一般的に多いのは、「生理前は、頭痛、腹痛が現れ、生理中はその痛みが続きながら、イライラが激しくなる」という流れが多いです。

 

掛けて欲しい言葉として

生理前「そろそろ症状でている?無理しないで伝えてね」

生理中「辛いよね、できることあったら言ってね」

という言葉で充分。

 

逆に気遣いされすぎてもイライラしてしまうかも。

理不尽だけどそこが仕方のない現象。

 

してほしい気遣いは、

・休ませてくれることがまず一番

・甘い物の差し入れをして長居をせず帰る

・腰が痛い系の場合は、さすってもらったり温めるグッズを差し入れ

・頭痛、腹痛の場合は痛み止め差し入れ

・食料などを買い込んで差し入れてくれる

 

こういうことが嬉しいですね。

 

できるだけ動きたくない・しゃべりたくない・何もしたくないので、家で休めるような態勢を自然に整えられるとすごくうれしいです。

 

ちなみに私が個人的に嬉しかったのは

「おれに八つ当たりしていいよ、生理の期間だけ(笑)」

これはすごく助かりました(笑)

 

いつもイライラしているのが申し訳ないと思っていながら、どうしても改善できない。

それで相手もイライラするということが続いていて、生理の内容を話して、そこから八つ当たりしても、「1週間のサウンドバックです!」と言ってくれるのがありがたかったです!

生理痛の彼女に彼氏がラインを送る時の注意点とは?

生理の時には会うことも辛い人もいますし、酷い人では寝込むのでしゃべるのも辛い。

私なんかは、スマホの画面の光が辛いほどです。

 

生理痛真っただ中に、彼女にLINEを送るときの注意点を紹介しておきます。

 

・長文は送らない

・返信が強要される内容を送らない

・いつものようにたわいもない会話の余裕もないので、あいさつ程度と気掛ける程度

・何度も送らない

 

生理中のLINEは、おはよう、おやすみの挨拶、生理痛が大丈夫?という様子を聞く内容以外は、特に彼女の要望がなければ送らないようにしましょう。

 

生理中は音や光にかなり敏感になり、それらが頭痛の刺激になってきます。

そういうのを避けたいのでLINEも控えめに。

 

ただ、生理は精神不安定や気持ちの不安、イライラもあります。

人によっては寂しく感じる人もいるかもしれません。

 

一番大事なのは、自分の彼女がどういうパターンなのかを知ることです。

そして知ってから、どうしてほしいかと彼女に聞くのが一番良いのです。

 

気遣ったつもりでLINEを全く送らないでいると、不安的な状況の彼女が不安になり、マイナス思考に陥るパターンだってあります。

 

ですので、そういう誤解やすれ違いを起こさないためにも、彼女本人の意向を聞いておくことが一番よいでしょう。

 

一度聞いておけば、毎月その期間そのような対応をする感じでOKです。

 

また、別記事では生理中の彼女に対して、彼氏が出来ることや実際の神対応の体験談などをご紹介します。

ぜひこちらの記事も参考にして下さい!

生理痛の彼女に彼氏ができること?神対応と最低な言動や行動とは!

 

生理の時に実際にかけてもらって嬉しかった言葉とその理由!

彼氏に生理痛の時に実際にかけてもらって嬉しかった言葉と、なぜ嬉しかったのかを教えてもらいました。

 

ぜひ、こちらの実際の体験談も参考にして下さいね!

 

「暖かくして無理しないでね」と言われたことが嬉しかったです。

生理は女性特有のものなのでなかなか男性に理解されにくいものですが、ひと言無理しないでねと言われるだけで、スッと心が軽くなりました。

また、生理時にお腹を冷やしてお腹をくだすことが多いので、それを気にかけてくれるのも嬉しかったです。

暖かい飲み物を用意してくれたり、代わりに家事をしてくれるなどの行動でも優しさを示してくれて、とてもありがたかったです。

 

私はもともと生理痛が酷く、あまりに辛いときは寝たきり状態になってしまいます。

生理痛が酷い時には、彼はご飯を作ってくれ、なおかつ消化の良いものを作ってくれました。

「しっかり体を温めて食べれるだけ食べて、ゆっくり寝てね」と言われたときはとても嬉しかったです。

どうしても生理中は情緒が不安定になってしまうので、些細なことで泣いてしまうこともあるのですが、彼の優しさに包まれている間は気持ちも落ち着き、体調も自然と回復していくような気がしています。

 

生理痛で動くのも辛い中、仕事に行って、深夜残業をして帰ってきた時。

ぐったりして横になっていると、彼氏に「ただでさえ忙しい仕事なのに、毎月こんな辛い思いしながらよく頑張ってるね。尊敬するよ」と言ってもらいとても嬉しかったです。

いくら体調が悪くても自分が休めば他の人にしわ寄せがくるし、辛そうにしていれば周りも大変な中気を使わせてしまうので、職場では顔に出さずにいつも通り仕事をしています。

そうした努力を認めてくれている人がいると思うととても救われた気がしました。

 

かなり生理痛がひどくて寝込んでいたときに「何なら食べたり飲んだりできそう?用意するよ」と言ってくれたこと。

相手には痛みは伝わらないだろうから、飲食ぐらい自分でできるだろうと思われても仕方ないことだと思うけど、それでも何が食べられるのか確認してくれてそれを用意してくれようとする優しさや思いやりが伝わってすごく嬉しかったです。

食事が取れているか一緒にいてくれたり飲み物の温かさを調整してくれたりと、細かい気遣いが助かりました。

 

あまり無理しないで、俺には頼ってね。

丁度長年付き合ってたモラハラ人と別れられて、新しくお付き合いした人に言われた言葉です。

モラハラに悩んでいた所助けてくれた彼です。

とても気遣いできる人で、常にレディーファースト 私を優先してくれるので、ほかにも、生理痛は俺にはわからないけど、生理痛がある時は悪化したらダメだから暖かくしててねって声掛けてくれます。

心温かい言葉をたくさんくれるのでいつも嬉しい気持ちになります。

 

彼と一緒にいる時に生理になってしまったことがあるのですが、その時に彼が「大丈夫?つらくない?」や「何がいるのかわからないから、鎮痛剤とか他にも必要なものあったら買ってくるからなんでも言ってね。」と声をかけてくれて、とても嬉しかったです。

やはり男性にとって生理はわからないことだらけだとは思いますが、

私の辛さが軽くなるように「なんでもやる!」と言ってくれるのはとても心強く、彼の思いやりの心のあたたかさを感じました。

 

私の彼氏は生理に関しても理解しようとしてくれて、いつも気にかけてくれるような人なので、
会う予定の時も安心して楽しめるようになりました。彼の家にお泊まりに行く予定の直前に、予定より早く生理がきてしまったことがあり、その事を伝えたときにも「大変だよね、今日来るの嫌だったら無理しないで」と言ってくれました。久々の泊まりだったので色々と期待することもあるはずなのに、体調を気にかけてくれたのがすごく嬉しかったです。実際に会ってからも生理痛のある私に、寝るまでお腹をさすってくれたりして、安心してデートできました。

 

私が生理痛でお腹痛いと言うと「どう痛いの?」と聞かれ、「上手く言えないけど痛い。男の人にはわからない痛みらしいよ」と返事をしました。

すると、わざわざネットで調べて「生理痛の痛みはわからないけど、温めるといいって!無理しないでね。」と言ってくれてとても嬉しかったです。

どんな風に辛いのか理解しようとしてくれたことと軽減方法まで調べて気に掛けてくれたことが嬉しかったです。

風邪とは違い男の人には経験がなくなかなか理解しにくい事であるため気にしてくれる優しさに嬉しさを感じました。

 

突然生理になってしまい「生理痛でつらいし気分も落ち込むけど、彼の前では明るく振る舞わなきゃ…」と思っていたのですが、

デートの途中で彼は私が生理だと知ると「無理しなくていいよ〜!」とその後の予定を室内でゆったりできるデートに変更してくれました。

きっとその日もデートプランを考えてくれていただろうに、ちょっと無理して明るく振る舞ってた私に「無理しなくていいから、なんでも言ってね!辛くなったらお家まで送るから、今日はゆっくりして過ごしてね。今日の分のデートはまた今度しようね」と言って、彼のたくさんの気遣いを感じてとても嬉しかったです。

 

生理痛がひどいので毎回悩まされます。

そんな時に「今日はゆっくりしてていいよ」とか、出かけている時でも「無理しないで辛かったら言ってね」とか常に気を使っている声かけをしてくれる事が嬉しかったです。

痛い事にすごく共感してくれる必要はないのですが、ちょっとした声かけや、その日は私のペースに合わせてくれたりわがままも聞いてくれたりと、それでも「大丈夫」と言ってくれた事が一緒にいて安心できる理由にも繋がりました。

 

付き合って2年になる彼氏がいます。

かけてもらって嬉しい言葉は、「寒くないか、ご飯は何食べたい?」です。

体調を気遣ってくれる言葉は全部嬉しいです。生理のときは寒かったり、いつも食べている食事が喉を通らないときがあるので聞いてくれるとすごく嬉しいです。

私は生理痛が重い方なので、水を飲んでも吐いてしまう時があります。

寝ていて体を起こすとき手を貸してくれたり、支えてくれたりもしてくれるのでものすごく感謝しています。

 

付き合ってまだそんなに長くはなかった頃のお泊まりデートの日に生理になってしまった時に、

「今日お泊まりの日でよかったね〜!早めにチェックインして一緒にゆっくりして過ごそうね!」
と彼が言ってくれてとても嬉しかったです。

お腹が痛いし、よりよってデートの約束をしてた日なのに…と元気が出なかったのですが、一緒にいてくれる優しさが滲みました。

彼は男性なので生理に対して未知な部分が多いと思いますが「デートの日なのに…」と面倒くさがったりせずに、「つらい日なのにわざわざデートしてくれてありがとう」と言いながら、わからないながらも寄り添おうとしてくれたのが嬉しかったです。

 

デートの予定をしていたのですが、生理痛に襲われてかなりしんどい状況でした。

生理痛でしんどいということを伝えると、無理はしなくていいよと気遣ってくれました。

デートは楽しみにしていたので行ったのですが、常に「大丈夫?」と気にかけてくれたので嬉しかったです。

また「どんな痛みなの?」という風に聞いてくれたのが、分かろうとしてくれているんだと感じられて嬉しかったです。

言葉だけでなく、一緒に休んでくれたり、歩く時間を極力少なくしてくれました。

 

たぶんかなり重い方で、2日目はだいたい何もできずに一日中寝込んでいることが多いのです。

ひどいときには基本的にはそっとしておいてくれて寝かせてくれて、買い物をする時には「何か買ってきた方が良い?」「なにか食べたい?」「ちょっとでも食べられそう?」と具体的に聞いてくれたのがとても嬉しかったです。

 

生理の時は本当にきついので動くのも大変。

何かしら「無理をしなくていいよ」と一声かけられて、尚且つ言葉だけでなく差し入れまでしてくれた彼。

おなかが痛くて何も食べれなかったので、たまごおかゆを「これ良かったら食べて!おなかの方が痛くて苦しそうで仕事にも差し支えちゃうと思うし神経ピリピリして困るからきっと、これがあったらきっと体の調子は良くなるはずだよ」って。

なんかそこまでされてなんだかウルウルきてしまいまして感動しました。

立てないくらい本当に痛い時があって動けないときもあるのでこの苦しさはなかなかその立場にならないと分からないので、そこまでされると身にしみます。

 

「だいじょうぶー?…じゃないよね…」「無理しないで!なんか買ってくる」と腰をさすってやってくれたのがとても気が利いてるし嬉しかったです。

私は生理痛がそんなひどくないというより、むしろ全然痛くなかったのですがその日はたまたますごく痛くて酷くて体もだるいし動けなかったのです。

それでもずっと横にいてくれて飲み物も取りに行ってくれたりしてとても助かりましたし、痛がってる自分を見て「痛いよね…」と同情してくれる言葉がけだったので嬉しかったです。

 

私が生理痛がある際にはいつもお腹をさすってくれて「大丈夫だよー」と繰り返し「楽にして寝てね」と言ってくれるのが嬉しかったです。

生理痛がある際は、起き上がることも辛く、何かを考えて行動することがとても難しくなるのです。

その事情を全て理解した上で、家のタスクを全て彼氏が行ってくれて、私は寝てるだけでいいよと言ってくれることが、私を理解しようとしてくれてサポートしようと考えてくれてることが分かったのでとても嬉しかったです。

 

当時付き合っていた彼に、生理中に体に倦怠感があった際に、「今日はゆっくりしな。出来ることあればやるから。女の子は1ヶ月に1回本当に大変だよな」と言われました。

何気ない一言ではありますが、普段あまり気にかけるような言葉を言わない彼から言われた一言だったので、とても驚いたのとすごく嬉しかったのとあります。

生理痛の痛みは分からないけれど、こうやって辛いことの感情を共有出来るのは悪くないなとかんじました。

 

「しんどいね、大変だね」と共感してくれた上で、「本当はそばで温めてあげれたらいいんだけど」とかけてくれたのが嬉しかったです。

遠距離の人なので、すぐに会うことができずに一人で心細くなってしまうのですが、

そうやって言ってくれると、近くにいられるようになった時にそうしてくれるんだろうなと温かい気持ちになりました。

数県またいでいる遠距離恋愛なので実際に温めてもらうのは難しいですが、それを分かった上でそうやって言ってくれるのが嬉しかったです。

 

「今日は無理せずゆっくりお家で過ごそうか」と言ってもらえたのが嬉しかったです。

生理痛でしんどかったですが、久しぶりのデートなのでできるだけ辛さを見せないようにしていました。

ただ、顔色も悪かったし痛みでいつものような元気が出ていなかったのを察して、彼から言ってくれたのがありがたかったです。

せっかくのデートだし行きたいところもあっただろうに、こちらの体調を気遣ってそう提案してくれたことで、彼の優しさを感じました。

 

高校生の頃、テスト期間が終わり久しぶりのデートの日が生理2日目に。

元々私は経血量が多く、腰の痛み、下腹部の重み、全身のだるさと眠気が出る生理痛が毎回ありましたが、デートの日に生理2日目にあたることはなかったです。

それが久しぶりのデートなのに2日目…

彼氏に生理になったとデートの前日に伝えていたのですが、まぁ男子高校生が生理痛なんて理解できないだろうと思っていました。

それが出かける日の朝「無理して出かける必要ないし、俺が家行くからゆっくりしよ」とメールを送ってきて、暖かい飲み物と私が好きなお菓子を買ってきてくれました!

こちらの辛さを汲み取って優しさで包んでくれたことが嬉しかったです。

 

まだ付き合い始めの頃のデートの日と重なってしまい、薬を飲んでいたにも関わらず、痛みが治まらずにずっと我慢してデートを続けていました。

しかし、腹痛が収まらず、どう切り出したらいいか分からないままでいたとき、「少し休憩しようか」と喫茶店に入ることを提案してくれ、温かい飲みものを頼んでくれました。

「しんどい時は言ってくれて大丈夫だよ」「うち、お姉ちゃんいて、辛そうなときとか見たことあるから」と言ってくれました。

生理のことを恥ずかしがらずに受け止めてくれている事実に、驚かされると共に労わってくれる優しさに嬉しく感じたのを覚えています。

 

「何か買ってくる?ナプキンとか足りてる?」です。

「大丈夫?辛かったら無理しなくていいよ」などは、誰でも言えると思いますが、男性が自らナプキンを購入してくれようとする言葉にとても心を打たれました。

これは頼まれても無理という人もいるのではないでしょうか。

私は生理痛が酷いので、生理中には寝込んでしまうほどなのですが、別にずっとそばにいてほしいとかではなく、やってほしいことを当たり前のようにやってくれる人には本当に感謝しきれません。

 

彼氏に言われて嬉しかった言葉は、「今日、なるべく家にいるからね」です。

私たちは同棲はしてないので、ときどき、お互いの家を行ったり来たりしてるのです。

付き合ってからずっと、朝がくれば仕事のためとすぐ帰ってしまうのに、生理で痛くて起き上がれなかったのもあったのか、はじめて、そんな風に私を気遣って言ってくれた言葉がすっごくあったかく感じました。

いつも腹痛が酷いのに、そんな言葉だけで、痛みがだいぶ楽になりました。

毎月来るので、毎月こう言う言葉をかけてくれるかはわかりませんが、少しでも寄り添ってもらえるとすっごく心もほっこり整う気がしました。

 

以前は、なかなか生理痛のつらさは男性に分かってもらえないだろうという気がしていました。

ある時デート中に生理痛がつらく、座って休みたいということを伝えた時に、「うちに妹がいるんだけど、生理中ってつらそうだよね。どこか座ってあたたきお茶でも飲もう」と提案してくれたのがうれしかったです。

また、「うちの妹はホント動けないって寝込んじゃう時もあってさ」などと、世間話的に話を繋いでくれて、私もどれくらいつらいのか伝えやすくなりました。

 

生理でお腹が痛いと打ち明けたところ、「お腹、テイクケアー」と軽い返事が来ました。

私にとっては優しいおまじないのように受け取りました。

なぜうれしかったかというと、こちらのしんどい気持ちに、寄り添ってくれるような言葉だったからです。

痛みがあるからといって、真面目に、一緒に深刻になってしまうような対応をされたら、よけいに落ち込んでしまうような気がします。

こちらへの思いやりと、軽いユーモアを含んだ言葉のほうが、自分の気持ちを軽くしてくれると思います。

さりげない言葉で気遣ってもらえたのがうれしかったです。

 

「大丈夫? 家事とか俺がするから無理しないで横になっててね」と言われたのが嬉しかったです。

私は生理痛がかなり辛いほうです。

ただ、生理痛で苦しくても人によって差があるので、女性でも「そんなに苦しいものなの?」 って言われる時もあります。

男性なら尚更辛さがわかりづらいと思います。

そんなときにこちらの気持ちを汲み取ってくれて、優しい言葉をかけてくれたのが嬉しかったです。

辛さを理解してくれて、寄り添ってくれて、いろいろ手伝ってくれるのですごく助かります。

 

生理痛が冷や汗をかいてしまうくらい酷くて、ベッドに横になっててもキツいときに、当時付き合っていた彼がお腹をさすってくれたり看病してくれたことがありました。

私が「ごめんね。せっかく遊んでるのに」というと「全然大丈夫だよ、無理しないでね。」と言ってくれてただなんでもない言葉なんですが、そのちょっとした言葉が嬉しくて素敵な彼だなと思ったことがあります。

男の人には分からない生理痛のキツさですがそれを少しでも理解してくれたりすると選んでよかったなって思えます。

 

「薬飲む?何か温かいものでも、飲む?」と聞いてくれたとき、嬉しかったです。

私は生理痛が酷い方で、痛くなるといつも薬を飲みます。

そのことを知っていて、「我慢するよりも、すぐ薬飲んだ方が良いよ」と言ってくれました。

具体的に痛みを和らげてくれるて提案をしてくれたのが、とてもありがたいと思いました。

また、お腹を温めると良いという情報も知っていたようで、すぐに自動販売機でホットの飲み物を買ってきてくれました。

声かけだけではなくて、すぐ行動に移してくれる気遣いが嬉しかったです。

 

まとめ

生理痛はもちろん痛みも辛いのですが、精神的にも不安的になったり、まわりに辛さが伝わらないことが苦しいのです。

 

だから心を許している彼氏には、思う存分甘えたい時期になります。

 

日頃から彼女の生理の時の傾向をヒアリングしておいて、どんなものが必要か、どう接したらいいか、連絡はどのようにしたらよいかなどを確認しておくとよいでしょう。

 

毎月のことなので女性も辛いし、男性としても気遣うのも大変です。

傾向をしっておいてお互い思いやりを持って過ごせる期間になるといいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました