イライラしてる人にかける言葉を友達と職場の同僚や上司別に紹介!

イライラ し てる 人 かける 言葉 メッセージ



スポンサーリンク

家庭でも職場でも「話やすい人」・「話づらい人」がいませんか…?

 

もちろんその方のパーソナリティーもありますが、イライラしていて話しかけづらい雰囲気って感じ取る事ありますよね…。

 

ではどう話しかけたらいいのか、またどんな話題を振ったらいいのかについてご紹介いたします。

イライラしてる人にかける言葉の友達編!

相手との関係性にもよりますが、友達であれば「どうしたの?」と声をかけてみましょう。

 

ここで大切なのは、

「イライラしている事をバカにしない事」

「友達といえど相手が話してくれるまで待つ事」

です。

 

いくら友達でも「イライラしてどうしちゃったの~?」と話しかけてくる人にあまり話はしたくないものです。

 

悩みは同じでも、人それぞれ深刻に考える程度が異なります。

 

特に恋愛関係では怒りもですが、落ち込みも加わっている状態が多いと思います。

また友達の中でイライラしている気持ちが、整理できていない事もあるでしょう。

 

あまり話したくなさそうであれば、「私が聞いてよければまた話してね」などと伝え、無理に聞き出さないようにしましょう。

 

無理に聞き出しては、今後のお付き合いに影響が出ないとも言えません。

 

イライラしてる人にかける言葉の職場の同僚編!

同僚となると同期や後輩といったところでしょうか?

同期は仕事仲間であり友達でもあるので、友達編を参考に声をかけてみてください。

 

後輩となるとどうでしょうか?

 

後輩も友達と同様に声をかけてみても大きく問題はないでしょう。

声かけ以外にもお菓子や飲み物を渡すのも1つの方法です。

 

原因が仕事かプライベートかはっきりはわからなくても、イライラしていては仕事の効率も上がらないでしょう。

 

そんなときは休憩できるアイテムを渡す事で、一度落ち着く時間も作れると思います。

 

イライラしてる人にかける言葉の職場の上司編!

職場の上司となるとどんな言葉をかけたらいいのか?

下手な事は言えない…そう思ってしまう事が多いです。

 

私自身そこまで関係性が悪くない場合は、「何かできる事はありませんか」と聞いて仕事を一緒にやる意思を伝えていました。

 

上司となると自分がやっている仕事に加え管理業務が加わったり、私たちからは見えない仕事が沢山あります。

 

でも手伝えない仕事がないとも限りません

 

イライラの原因を聞くよりも、それ以外で自分にできる事を見つける事で、相手のストレスが緩和できる相手が上司です。

 

また体調をたずねるのも、相手を心配している事を表す意味では使えるかもしれません。

 

ただし、これはまだ声がかけられる段階や関係性。

 

もしとんでもなくイライラしていたり、関係性に悩みがあるようであれば、その場をそっと離れる事も考えましょう。

 

どうしても仕事上声をかけなくてはならない場合は

・今話しかけてもいいか聞く

 ・長く話さず結論から話す事を心がける

 ・場合によっては話す内容をメモにしておく

この3点に注意してみましょう

 

相手と話す時間を短くし、自分と相手、お互いにイライラを増やさないためです。

スポンサーリンク

イライラしてる人にかける言葉でNGなのは?

イライラとなると怒りの感情が多いでしょう。

 

そのため話を聞く中でも、「相手の意見に反論する」「相手を説得する」といった行動はエスカレートする可能性が高いです

 

「そうだね」・「うんうん」といった相槌をうつ事で、相手も落ち着いてくるのではないでしょうか。

 

もし自分の意見を伝えたい、後輩であれば指導しないといけないのであれは、相手の話が終わった後に「少し伝える」程度にしましょう。

 

イライラしている・していないに限らず、会話を遮る事はあまりいいことではありません。

 

ここまで声かけについてお話ししてきましたが、本当に話をしなくてはならない時以外は、相手が誰であってもそっとしておく事も有効です。

 

理由は今までにもお話してきましたが、相手をさらにイライラさせてしまう場合がある事。

 

そして自分自身が相手の感情をもらってしまい、イライラしてしまったり疲弊してしまう事があり得るからです。

 

きっとこの記事を読まれている方は

・円滑なコミュニケーションができるようになりたい

・職場の悪い雰囲気をどうにかしたい

・相手に迷惑をかけないためにどうしたらいいか

などと考えて読まれている方がいると思います。

 

相手の事を思う気持ちは素晴らしいですが、声をかける前に一度余裕があるかどうか自分自身に問いかけてみましょう。

 

結果自分が辛くなっては本末転倒です。

 

仕事上で話しかけなければならない時を除き、イライラしている時に声をかけない事で怒られる事もないと思います。

 

むしろイライラしている時に声をかけて怒られたから、この記事を読んでいるのではないでしょうか?

 

余裕がないときは無理をせず、自分を優先しても構わないと思います!

 

まとめ

人間関係において、どのように話かけるかはとても大切です。

普段の会話でさえ伝え方1つで物事が変わってくることもあります。

 

特に今回のような場合はどんな人間関係においても起こりうることであり、また多くの方が気にしている事でもあります。

 

自分の気持ちの余裕と相談しながら、相手の状況を見て行動していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました