心が病んでる人にかける言葉を男性と女性別に紹介!NGワードとは?

心が病んでる人 かける言葉 メッセージ



スポンサーリンク

長い間お付き合いしなければいけない人の方が多いと言われる心の病。

 

本人の自覚や心がけなども大事なのですが、周囲の関わり方、声のかけ方もとても重要な関わりになってきます。

 

今回の記事では、心が病んでいる人にかける言葉の男性対象、女性対象、NGワードなどを紹介していきます。

心が病んでる人にかける言葉の男性編

 

男性が心を病む原因は、主に仕事が圧倒的に多いです。

 

仕事の中でも、仕事内容自体、会社の環境、人間環境、それぞれ要因が異なります。

そして、今にも気持ちが押しつぶされそうになっているのです。

 

そんな人に的確な声かけは難しいので基本的にはそっとしておく、そして声を掛けるというよりは、「いつでも聞くよ」というスタンスを持つことのほうがおすすめです。

 

もし心配であれば、

「話はいつでも聞くよ、今はゆっくり休むことだけ考えて」

「とりあえず今日一日のことだけ考えてゆっくりしよう」

というような内容です。

 

励ますのは時にプレッシャーを掛けることになります。

 

自己嫌悪もかなり激しい時ですので、自分はダメな人間なんだと思わせる事もよくないことです。

 

何か具体的な言葉より、今を生きる事だけ考えるように促してください。

それで充分なんだよということが伝われば、それが一番です。

 

心が病んでる人にかける言葉の女性編

 

基本的に女性だから、男性だからということではないですが、心の病になるキッカケは女性の方が広い範囲であると言えます。

 

仕事でなることも男性同様充分にあり得ますし、あとは家庭内、育児疲れ、出産後の精神不安定、更年期などさまざまな場面で心の病が発生する可能性を持っています。

 

仕事に関しては男性と同じですが、家庭や産後、育児などは女性特有のところで繊細です。

 

私だけができない、うちの子がおかしい、私が悪いんだと自分を責める傾向が強いです。

 

そんな時には、

「大丈夫だよ、みんな完璧じゃない」

「無理しないでね」

「みんなできているように見えているだけだよ」

など、あなたが原因でそうなっているのではないことを伝えましょう。

 

「きっと疲れたんだよね、よくやっていたもん」と、いたわりの言葉が一番良いでしょう。

 

間違っても、

「あなたならできる」とか「頑張れ」という励ましはしないでください。

 

それは逆効果で、やっぱり私が頑張れてないんだ、やっぱりみんなできるけど私はできないんだと、さらに自分を追い詰める思考に陥ることになります。

 

併せてスタンスとしては男性編と同じですが、基本的に何か言うというよりは、聞くというスタンスでいるのが一番良いです。

 

話したくなったらいつでも聞くよということを伝えておいてあげて、そっとしておいてあげる事が一番の支えになるかと思います。

スポンサーリンク

心が病んでる人へのNGワードとは?

 

言葉としては、否定も肯定もせず、受け止めてあげる事が一番大事です。

 

最もNGなのは「頑張れ」です。

 

正直、頑張ってきたから、頑張りすぎたから心が病んでしまったんです。

頑張ってもどうにもならなかったから病んだのです。

 

そういう人を相手に、もっと頑張れは酷な言葉でしかありません。

 

そんなつもりで言ったとは思わないでしょうが、本人の考えとしては「まだ頑張らなきゃいけない?」「怠けていたと思われいている?」など、励ましのつもりでもマイナスに捉える状態なのです。

 

総体的に言えば、励ます系の言葉は避けたほうが良いということです。

「あなたならできる」「気持ちの持ちよう」というような言葉はかけないほうが良いですね。

 

この心の病は、自分でもどうしてしまったんだろうと分からなくなっている状況でもあるのです。

 

だから、「いったいどうしたの?あなたらしくない」というような言葉も、言っている側はプラスの気持ちで言っていても本人は自分もわからないし、らしいって何?と余計混乱に陥ります。

 

言葉というのは時に刃になりますので、言葉を意識するより、黙って寄り添う、いつでも話を聞くという受け身の体制で支えてあげる事が一番負担がないのです。

 

まとめ

 

心を病んでしまった人、男性でも女性でも、頑張れというような励ましの言葉はNGです。

 

「無理しないでね」「今はゆっくり休もう」というように、イヤでも頭で考えてしまう状態を、考えなくてもいいんだと思えるような声かけをするくらいです。

 

あとはそっとしておいてあげましょう。

 

何か言葉を掛けられるのはプレッシャーになる恐れもあります。

 

いつでも話は聞くよというスタンスだけは伝えて置いて、そっと気持ちに寄り添ってあげる事が一番の策だと言えます。

タイトルとURLをコピーしました