手術前にかける言葉を家族と上司や友達別に紹介!励ますメッセージは?

手術 前 かける 言葉 生活

スポンサードリンク



健康というものはあるときは当たり前のものであって、いざ自分が病気になったり、ケガをしたりすると、そのありがたみというものがわかるものですよね。

 

ましてや、手術しないといけない、となるとますます不安になるもの。

 

手術すれば症状がよくなるとわかっていても神経質になったりするものです。

普段ならなんでもない言葉でも悪く捉えてしまいがちです。

 

元気がないときにはつい「がんばって」と言いたくなりますが、本人は病気・ケガで苦しんでおり、検査などで今でもがんばっています。

 

相手を励ましてあげたい…そんな時にどういった言葉を選べばよいか、提案していきます。

 

もちろん、性格や状況によりかけるべき言葉は変わってきますので、参考にしていただければ嬉しいです。

手術前にかける言葉の家族編!

 

自分の身内が手術をすることに。

不安からくるストレスで、あなたに辛く当たってしまうことがあるかもしれません。

 

そんなときは不安を受け止めてあげるように静かに聞き手に回って上げましょう。

 

親・兄弟の場合は自分の状態も医師から、どんな状態か、成功率は、など説明は受けているはずです。

 

よりそう気持ち・言葉をかけてあげましょう。

「一緒にいるから」「一緒に乗り越えよう」のような「独りではない」という気持ちになるような言葉を選びましょう。

 

もし、何も言ってこなくても「辛いときは話してね」と気持ちを受け止めてあげたい事を伝えると、本人も張っていた気持ちがゆるむのではないでしょうか。

 

もし、自分の子供が手術を受けるときは年齢にもよりますが、普段とはただならぬ雰囲気を察してしまうこともあります。

 

「悪いものをやっつける」、「元気になろう」と、病院・手術は決して悪いものではないよ、と伝えて悪いイメージを払拭させるような言葉がいいですね。

 

「また○○へ行こう」や、「退院したら○○を食べに行こう」とか、終わって元気になったあとの予定を話すと、本人はこれが終わったらご褒美がある!という風に前向きな気持ちになれるでしょう。

 

昼間は元気でも、夕方や夜、一人になると悪い考えばかりわきあがってしまう事もあります。

 

手紙やメールの文字で、「あなたを想ってる」という言葉を見れば、本人も勇気付けられるのではないでしょうか。

 

ただし、病院は消灯時間が早いので、お昼ごろに送って、「返事は無理してしなくてもいいからね」と一言付け加えると、本人も余裕がある時に見ることができます。

 

手術前といのは誰もが不安ですが、贈り物で気が紛れたりすることもありますよ!

手術前の励ましのプレゼントのおすすめを男性と女性別に紹介!

 

手術前にかける言葉の上司編!

 

自分自身でも言えることだと思いますが、1日ではなく長期の休みだと、やはり仕事の進捗状況が気になったりしますよね。

 

きっと上司の方もそう思っているに違いありません。

まずは治療・回復に専念してもらうような言葉を選びましょう。

 

「仕事は皆で分担し力を合わせて当たっております。今はお体を休めてください」

「気がかりな事もあるかと思いますが、今はご静養ください」のような言葉がいいでしょう。

 

あとは、顔を見たい、というような言葉も前向きになれるはずです。

 

家族の場合と同様ですが、未来の事を考えることができる言葉や、待っています、という気持ちを込めたメッセージもいいでしょう。

 

「いつも明るい○○さんのお顔が見れなくて寂しいです」

「退院したら部署のみんなで食事にいきましょう。好きそうなお店を見つけました」

「また○○さんと働ける日を心待ちにしています」

 

このような言葉だと安心して治療に取り組めるのではないでしょうか?

 

手術の日程がわかっているのであれば、お見舞いは手術の少し前にお伺いしたり、手紙やメールで送ると、「こいつは気が利くな」と思ってもらえるかもしれません。

 

手術の前日はしっかり体力を温存しておきたいもの。訪問して、体力を消耗させてしまっては本末転倒ですからね。

スポンサードリンク

手術前にかける言葉の友達編!

 

友達だと、お見舞いに行きたいと思っても、本人の性格で、「見舞いはいらない」と言われる可能性があります。

 

普段はとても仲が良くても、病気で弱っている姿を見られたくない、身奇麗にする余裕がないので来て欲しくないと思う方もいるので、予め見舞いにいってもいいか確認したほうがいいでしょう。

 

「手術がうまくいきますように祈っている」というような言葉も素敵ですが、「退院後に遊ぼう」みたいな言葉のほうが重過ぎず、軽すぎずでいいのではないでしょうか?

 

「退院したら新しくオープンした○○へ行こう」とか、「好きなものを食べに行こう」のような未来の言葉のほうが手術の不安より、元気になったら、あれしたい、これしたいと思って前向きな気持ちになれるのではないでしょうか?

 

家族とは違い、なんでも話せるとはいってもそれは通常時だからです。

どれほど簡単な手術とは言っても、万が一死んでしまう可能性は捨てきれません。

 

体の状態がどういう状況なのか知っている、知っていないにも関わらず、安易に大丈夫だとか言うのはNGです。

 

また、普段ならブラックジョークとして笑っていても、たちの悪い冗談は決して言ってはいけません。

 

手術前といのは誰もが不安なものです。

その不安も、かける言葉や贈り物で気が紛れたりすることがあります。

 

別記事では、手術前に贈る励ましのプレゼントのおすすめを紹介してますので、ぜひそちらの記事も参考にして下さい。

手術前の励ましのプレゼントのおすすめを男性と女性別に紹介!

 

また、別記事で手術後にかける言葉もご紹介してますので、手術が終わったら温かい言葉をかけてあげて下さいね。

手術後にかける言葉やメール内容を家族と上司や友達別に紹介!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

家族でも、上司でも、友人でも、共通して言えることは、あなたが元気で帰ってくるのを待っているという気持ちの言葉が一番良いということです。

 

なかなか経験しない出来事なので、相手の気持ちを考えてなんてとても難しい問題ですよね。

 

どんな関係の方であれ、未来を考えることができるような言葉や、不安な気持ちに寄り添いたいという言葉をチョイスしましょう。

 

口頭だと、言葉を発した瞬間に消えてしまいますが、メール・手紙のような文字に残すと、本人の体調や気分が良いときに見れるのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました