仕事で忙しい人にかける言葉を好きな人とビジネス向けに紹介!メールの文例は?

仕事で忙しい人 かける言葉 メッセージ
スポンサーリンク

仕事で忙しい時には周りから掛けられる言葉が励ましや癒しになるんですよね。

 

仕事に没頭している時ってなかなか自分自身も気づいていないし、息していることをすら忘れるほど鬼気迫っているんです。

 

そういう時にほっとさせてあげる一言って大きいです。

 

今回の記事では、仕事で忙しい人に掛ける言葉、好きな人編、ビジネス編、ビジネスでのメール編をそれぞれ紹介していきます。

仕事で忙しい人にかける言葉の好きな人編

 仕事で忙しい人にかける言葉の好きな人編を紹介していきます。

 

こういう仕事の忙しい時の何気ない一言は恋のチャンスなんです!

アプローチの一つとして捉えて言葉をかけてみましょう。

 

「最近仕事かなり忙しいですよね。体が大丈夫か心配です。

〇〇さん仕事ができてしまうから上司から期待されててスゴイとは思う反面、いそがしすぎて心配になるんですよね・・・。

体大丈夫ですか?」

 

「最近仕事忙しいよね?

顔色ちょっと心配だよ。仕事の代わりはいるけど、〇〇さんの代わりはいないんだから無理しすぎないでね・・・

私も心配で仕事に身が入らなくなるし(笑)」

 

「仕事忙しすぎて大丈夫?

ごはん食べてる?ちゃんと寝てる?

今度食事でもいこうよ、気晴らししなきゃ倒れちゃうよ・・」

 

「仕事最近きつそうだね。

頑張り屋の〇〇ちゃんだから一生懸命なのはわかるけど、倒れたらどうにもならないし心配だから、ちょっと気を抜かなきゃだよ。

気晴らしにどこか出かける?」

 

好きな人には、主に体の心配をしている旨を伝えましょう。

そこにさりげなく仕事ぶりの褒めを入れておくと効果も大きくなります。

 

けっこう関係も濃いのであれば気晴らしのデート提案もアリですよ!

 

仕事で忙しい人にかける言葉のビジネス編

 仕事で忙しい人で相手がビジネスの関係であるときにかける言葉を紹介しますね。

 

ビジネスの場合相手がさまざま考えられます。

同僚に、先輩に、後輩に、取引先に・・・それによりかける言葉も違ってきます。

 

同僚

「ここ最近、とても仕事が忙しそうだね。

〇〇だからこそ会社の人もみんな任せたくなるんだよね。

その気持ちわかる(笑)

でも、無理してないか心配。

何かできることがあったら声かけて!」

 

先輩

「仕事かなり大変ですよね?

僕でもお手伝いできることありませんか?

まだまだ〇〇さんほど仕事ができないからお役にも立てないかもですが、少しでもお力になりたいです。

自分自身の成長のためにも、何か任せてもらえませんか?」

 

後輩

「仕事が立て込んでいるね。

頑張るのは偉いし、これからの期待もしている。

でも、仕事には代わりがいるけど、人間には代わりはいない。

それにどれだけ体を壊しても会社は助けてくれないよ?

だから体調管理も仕事のうちだからちょっと休むこともしないと!」

 

取引先

「仕事が立て込んでいると聞いています。

ただの取引先相手が差し出がましいようですが、お体は大丈夫ですか?

普段から〇〇さんとお仕事させてもらっていて、多くの仕事を任せられる人だというのはすごく理解できます。

他社ながらいつも目標にさせていただいていました。

でもお体を壊されたりすると、大変なので心配しております。

同じ社ではないので私にできることなんてないとは思うのですが、ご自愛くださいませ。」

 

仕事で忙しい人にかける言葉!ビジネスメールの文例

 仕事で忙しい人に掛ける言葉でビジネスメール編を紹介してみます。

 

「いつもお世話になっております。

ここ最近仕事が忙しいと御社の〇〇さんより聞いておりました。

 

聞いた話によると残業続きで休日も仕事されているとのことでしたので、体調など心配になりメールさせていただいた次第です。

 

○○さんほどになれば、会社から期待もされていてお仕事もどうしても忙しくなってしまうのでしょうが、お体には充分ご自愛くださいませ」

 

このように、仕事の尊敬点と体を気遣う点をメールに入れこめば良いですよ。

 

まとめ

仕事が立て込んで忙しい時に、ふと気がける一言をもらえると癒しになります。

 

相手が好きな人なのか、家族なのか、仕事の同僚なのか取引先なのかで、かける言葉も違ってきます。

でも、どんな人でも声を掛けられるのは嬉しいものです。

 

ぜひ相手に重荷にならない程度に一言をかけてあげてください。

 

こういう時に貰った一言ってずっと覚えているものです。

特に好きな人からかけられたなら覚えています(笑)

 

忙しい時の気遣いの一言アプローチを実践してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました