石油ストーブつけっぱなしでの外出や寝るのは危険?節約にはなるの?

石油ストーブ つけっぱなし 外出 生活
スポンサーリンク

エアコンのつけっぱなしは節約になるという話は、よく耳にするようになりましたよね。

 

家に出入りするたびに消したり付けたりしていると、稼働する時には力を大きく使います。

無駄な労力を使わせるくらいなら、つけっぱなしのほうが効率的だということなのです。

 

長い時間不在にするなら、一旦消したほうが良いということです。

 

ただ、石油ストーブでも同じことが言えるのでしょうか?

確かに石油ストーブも点火の時に一番労力、電力を使いそうではありますよね。

 

今回の記事では、

石油ストーブつけっぱなしでの外出は危険か?

つけたまま寝るのは?つけっぱなしは節約になるのか?

ということを解説していきます。

石油ストーブつけっぱなしでの外出は危険?

石油ストーブをつけっぱなしで外出するのは危険です。

 

行く距離感や時間も関わってきますが、基本的に人が不在での石油ストーブつけっぱなしは危険です。

 

ただ、火事になる可能性が高いかと言われるとそうでもないんですよ。

意外と電気ストーブのほうが火事の可能性が高いとも言えるのです。

 

石油ストーブは灯油を燃やして部屋を暖める仕組みで、熱源の灯油がなくなると自然に消えるようになっています。

 

そのため、ただ石油ストーブをつけっぱなしにしているだけで、火事になることはまれなのです。

 

実は電気ストーブは電気で熱を起こすため表面温度が非常に高く、近くに物を置くと普通に燃えます。

 

電気だから安全と思ったら大間違いなのです。

ですので、石油ストーブより電気ストーブのほうが火事の可能性は高いのです。

 

ただし、石油ストーブでも、上に洗濯物が干してある、ストーブのまわりに何か置いてある状態であると、物が落ちたり近づいたりして燃え移ることはありえます、

ですので、危険ではないと言い切れません。

 

それとあながち見逃してしまうのは、灯油の出し入れをしていた時に灯油がストーブ周辺に零れ落ちているケース

 

目で見てはっきり分からないため、気づかない恐れがありますが、これに引火するパターンもあります。

 

やはり、人の不在の時に石油ストーブをつけっぱなしにするのは危険ですよ。

 

石油ストーブつけっぱなしで寝るのは危険?

 石油ストーブをつけっぱなしで寝るのも同様に危険です。

 

もちろん上記不在時のように火事の危険性もあります。

 

それ以外にも、人を脱水症状にしてしまったり、乾燥によって体調不良を招く恐れが多いにあります。

 

エアコンも同じですが、石油ストーブはエアコンよりさらに乾燥させ温かくさせるのでその可能性が高まるのです。

 

火の取り扱いと言う意味でも怖いですが、温まりすぎているという状態によって体にも怖いということです。

 

エアコンも冷房を朝までというのは、最近の熱中症の傾向により奨励されています。

しかし、エアコンの暖房は寝ている途中で切れるように設定しておくことのほうが奨励されています。

 

それに寝てる間も見えないですから、布団などが石油ストーブに近づいていたら大変なことになります。

 

やはり寝る前に消してから寝る事をお勧めします。

火の元は基本的には始末してから寝るのが当然ですからね。

 

石油ストーブはつけっぱなしの方が節約にはなるの?

石油ストーブは、つけっぱなしの方が節約につながるかどうかはケースバイケースです。

住環境やストーブの性能によって、つけっぱなしが良いのかどうかが異なるのです。

 

家が鉄筋か木造かでも違ってきますし、ストーブの古さ新しさで性能も馬力も違っています。

 

つけっぱなしで節約をするという考え方より、家の中をどうしておくと良いかということに着目したほうが効率的です。

 

・ドアや窓の隙間を塞ぐ

・窓ガラスに断熱シートを貼る

・サーキュレーターを使う

・カーペットを使う

・日差しを利用する

・加湿器を使う

 

このような工夫をしていたほうがよっぽど効率的に節約できるというわけです。

 

しかし石油ストーブは一酸化炭素なので、中毒に気を付けるため換気が必要になってきます。

 

それに石油ストーブをつけっぱなしの状態でいると、実際はかなり暑すぎるという状態になります。

 

石油ストーブである程度部屋を暖めて、その温まった部屋をキープするというように考えたほうが良いでしょう。

 

つけっぱなしに拘るのでしたら、パネルヒーターの方がおすすめですよ!

ぜひこちらの記事も参考にして下さい。

パネルヒーターつけっぱなしでも火事にならない?電気代はどれくらい?

 

まとめ

石油ストーブはやはり火をつかうものなので、家主が不在の時、寝る時は消すことをおすすめします。

 

万が一の火事も怖いですし、私たち自身の脱水症状や過度の乾燥も危険です。

あまり喉が乾燥しすぎると風邪などもひきやすいですしね。

 

基本的につけっぱなしというのはやめておきましょう。

 

節約になるかと言われるとなんとも言い切れないところがあり、住環境でもそのストーブの性能、古さ新しさでも違ってくるのでケースバイケースです。

 

石油ストーブはどのような状況があろうとも、つけっぱなしという概念はナシにしたほうが安全だと個人的に思いますね。

 

使用している限りは火事にも体調にも気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました