財布を落とした時に見つかる確率と日数!警察から連絡が来ない場合は?

財布 落とした 生活

スポンサードリンク



お出かけ先でうっかり財布を落としてしまった…。

 

そんな時に警察に届け出たけど、どのくらいの確率で見つかるか、何日くらい経つまでに見つかるのか気になりますよね。

 

財布は60%以上の確率で見つかりやすく、落としたその日で見つかる確率も高いです!

 

しかし警察に届け出ていくら待っても連絡が来ないこともあり、その原因についてもお話していきます。

財布を落とした時に見つかる確率はどれくらい?

 

財布を落とした場合それが見つかる確率は世界全体で見ても60%以上の確率と高く、単に道端などに落としただけなら高確率で見つかるという結果がチューリッヒ大学の経済学者による実験によって検証されました。

 

しかし財布は戻ってきても中身のお金が抜かれていることが多く、いわゆる置き引きが拾われた財布で行われてしまいます。

 

お金を抜いた犯人を見つけるのは難しいと言われていますが、クレジットカードやキャッシュカードが盗まれている確率はやや少ないです。

 

カードが盗まれる確率は少ないですが必ずしも盗まれないというわけではないので、落としたと分かったらすぐカード会社に利用停止の申請をするようにしましょう。

 

また先ほど落とした財布が見つかる確率が高いと言いましたが、もしその財布がシャネルなどの高級ブランドだとしたらどうでしょうか?

 

本物でなおかつ目立つ傷などがなければ当然価値の高いものだということで、それを売られてしまう恐れがあるため見つかる確率が低くなってしまいます。

 

逆に見つかる確率を上げたいならば、紛失防止用のタグを財布につけておきスマホに連動させる方法があり、MAMORIOというタグがおすすめです。

財布を落とした時に見つかるまでの日数は?

 

財布を落としてからそれが見つかるまでどのくらい時間がかかるか気になりますよね。

 

落としてしまった場合、その日のうちに届ければ1日以内で見つかる確率が60%です。

 

こちらも先ほどのチューリッヒ大学の実験で検証され、実際に落とされた方の大半が落としたその日以内で見つかりました。

 

しかし1日で見つからなかった場合、2日目以降から20%に急激に下がってしまい、日数が経過するほど見つかりにくくなるようです。

 

さらに5日を過ぎてしまえば落としたとされる場所にはもうないとみなされ、見つけられるのは厳しくなります。

スポンサードリンク

財布を落としたが警察から連絡が来ない場合は?

 

財布を落としたとき、警察に遺失届と呼ばれる書類を書いて提出をするかと思います。

それにも関わらずいくら待っても警察から連絡がこない、なんてことはありませんか?

 

その原因の一つとしてあげられるのが遺失届に記入した内容を誤っていた可能性があることです。

 

遺失届には落とした物の特徴や落としたとされる場所、連絡先などを記入するのですが、それが実際と違う内容だったり正確ではなかったりするとどうなるでしょうか?

 

例えば財布を落とした場所が不明確だと、記入した場所になかった場合はそこから範囲を広げて探さなければならず、探す場所が変化すればその分見つかる可能性が減ってしまいます。

 

本気で財布を取り戻したいならば遺失届を書く際に5W1Hを警察に伝わるようできる限り正確に記入しましょう。

 

【5W1H】

Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を指し示す言葉

 

また財布を実際に落とした場所もそれが届けられる場所によっては警察が連絡できない可能性があります。

 

その例としては電車やバスの車両内または駅構内で落とした場合そちらの管理センターに届けられることが多いです。

 

管理センターは届けられたものに対しては一定の期間保管してくれますが、落とし物の名前や連絡先を知ったとしても落とし主に連絡しないという傾向が強いです。

 

落とし物に関する仕事については消極的で警察に『こんなものが◯◯に落ちていたそうです』と落とし物を引き渡す事務作業も行うため、引き継ぎに時間がかかってしまいます。

 

それにより財布を落としてから警察に引き渡され連絡が来るまでにどうしても時間がかかってしまい、連絡がこないという状態となってしまいます。

 

そして少し前にお話しましたが、財布が高価なものだったり中身のお金やカードが目的で盗まれた場合も考えられます。

 

心無い人に拾われた場合、中身のものを抜き取られた挙げ句財布本体が価値あるものならばそれを売りに出され、そうでなくても何らかの形で処分されることがありえます。

 

財布を盗まれそれを処分されたりしてしまえば、もう自分の手元に戻ってこないことになってしまうので、常日頃から財布を落とさないようにするなどの対策をしなければなりません。

 

まとめ

 

万が一財布を落としてしまった場合、届け出て1日以内で見つかる確率が60%と高いため、拾って警察に届けてくれる親切な人が多いかと思います。

 

しかし、中身のお金を抜き取られていることが多く、落としたとされる場所と拾われた場所が異なることがよくあるため、犯人を見つけることまでは難しいです。

 

また警察に遺失届を出して何日待っても連絡がないならば、遺失届の記入に間違いがある、悪い人に盗まれた、などの可能性がございます。

 

財布を落としたことによる災難に遭わないためにも予め対策を立てておくことも大事で、少し触れましたが『MAMORIO』という紛失防止タグを使うのも有効です。

タイトルとURLをコピーしました