お土産を受け取り拒否された時にすべき対象法!相手は好きな女友達!?

お土産 受け取り拒否 恋愛

スポンサードリンク



好きな女友達にお土産を買ってきたので渡そうとしたら

拒否されてされてしまったらショックですよね?

 

どうして受け取って貰えなかったのか分からず、

予想外の出来事に悩んでしまっていることと思います。

 

そこで今回は、好きな女友達がお土産を受け取り拒否する理由や、

拒否された時の対処法をご紹介します。

 

お土産を渡したら受け取り拒否されて、

悩んでしまっている方は是非参考にしてみてください。

 

女友達がお土産を受け取り拒否する理由とは?

 

好きな女友達がお土産を受け取り拒否する理由は、

さまざまな理由が考えられます。

 

なかでもお土産の受け取りを拒否する大半の理由は、

「遠慮をしているから」「いらないから」のどちらかです。

 

せっかくお土産を渡したのに拒否するなんて、

非常識で信じられないと思うかもしれませんが、

お土産を遠慮して受け取らない人は多く存在します。

 

お土産を遠慮して受け取らない人は友人関係が浅く、

あなたに気を遣ってもらうのは申し訳ないと感じる間柄と言えます。

 

また、お返しが出来ていない状態なのに、

あなたから再度お土産を貰う場面になった時も

気が引けてしまって貰いにくいということもあります。

 

遠慮して受け取らない場合は、

あなたの気遣いに対しての拒否ではなく、

 

あなたの気遣いに対して対等の関係、

同等の気遣いが出来ないので拒否しているのでしょう。

 

お土産を貰ったら悪いなと思っての行動なので、

あなたに対しての気配りや配慮である可能性もあります。

 

いらない場合も多数のいらない理由が考えられます。

 

まず、あなたからのお土産がいらない場合は、

好きな女友達との関係が良好でないことが考えられます。

 

何かトラブルがある状態での相手からのお土産はいらないですよね。

そのためお土産を拒否するという事があります。

 

特にこの場合、あなたはお土産を渡そうとした女友達とのトラブルに

気付いていない可能性があります。

 

渡そうとした女友達との間に、

問題やトラブルがないか良く考えてみましょう。

 

次に、嫉妬の気持ちからいらないと判断した事が考えられます。

 

一見、好きな女性の行動は大人気ない行動に感じるかもしれません。

しかし、お土産を貰う側の気持ちもよく考えてみましょう。

 

例えば、3人グループで仲良しだと思っていたのに、

自分だけ誘われなかった旅行のお土産はいらないですよね。

 

旅行にあまり行かない相手への旅行のお土産や、

不仲な家庭環境に悩んでいる相手への家族旅行のお土産など、

 

渡す相手の状況によっては、

お土産は旅行に行った自慢の品にしか見えません。

 

一応貰って「捨てる」や「譲る」など、

拒否するのではなく違う方法がなかったのかと思うような行動になりますが、

それすら出来ない程ショックを受けたことも考えられます。

 

また、女友達の性格によっても、

いらないと判断された理由として考えられます。

 

普段から借りを作りたくない方だと、

お土産を貰うのも抵抗があるでしょう。

 

お返しが面倒な方で、

誰からのお土産を受け取らないと決めている人もいます。

 

女友達にお土産を受け取り拒否された時にすべき対象法!

スポンサードリンク

お土産を受け取り拒否されたときの対処法は、

考え過ぎない事です。

 

友達関係であれば、相手はあなたのことを友達だと認識しているので、

友達に対する対応と同じ対応をしただけです。

 

お土産を渡しただけで、あなたの好意に気付くことや受け取りを拒否するのは、

あなたのことが嫌いという事にはなりませんので安心してください。

 

今後は、頼まれない限りお土産を渡さないのが無難です。

 

ただし、女友達からお土産を貰った場合は、

お返しにお土産を渡した方が良いでしょう。

 

また、お土産を渡したら「喜ぶだろう」「受け取る物だ」という勘違いがあると、

受け取りを拒否された時のショックも大きいです。

 

そのような思い込みがあったとしたら修正する事で、

受け取りを拒否されたときの感じ方が変わってきます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

お土産は大抵の場合貰って嬉しいものですが、

なかには受け取りを拒否する女性もいます。

 

そのことを理解する事で、

悩みが解決されるのではないでしょうか。

 

また、友人関係において受け取りを拒否された原因が思い当たるようなら、

問題を解決して恋人関係に進展する努力しましょう。

タイトルとURLをコピーしました