就活で書類を入れ忘れた場合の対処法とお詫び状の例文2選も紹介!

就活 書類 入れ忘れ 就活



スポンサーリンク

就職活動の一番最初の関門はエントリーシートや,

履歴書をはじめとする書類審査ですよね。

 

実は、その書類審査で結構足きりされてしまっているってことはご存じでしたか?

 

会社によると、全体の応募者の約半分が

その書類審査で落ちてしまうこともあるほどなんです。

 

重要性の高い書類審査ですが、

うっかり書類の不備をしてしまうこともありますよね。

 

そんな時、落ち込まなくても大丈夫です!

きちんと誠実な対応を見せれば、理解してくれるところもありますよ。

 

そこで今回は、就活で書類を入れ忘れた場合の対処法と、

お詫び状の例文についてご紹介していきます。

 

就活で書類を入れ忘れた場合の対処法!

 

就活で必要な提出書類って、たくさんあります。

 

履歴書、職務経歴書、添え状、写真、意外と種類が多いですよね。

締切り期日が厳しいものもあり、就活生にとっては大変です。

 

うっかり書類を入れ忘れしまうこともありますよね。

そんな時の対処方法についてご紹介していきます。

 

① 応募企業へ連絡する

まず、すぐに実行してほしいのが、応募している企業へ連絡することです。

企業によっては、書類が届いた時点ですぐに選考がスタートするところもあります。

 

書類不足のため、ここで足きりになってしまわないためにも、

すぐに企業へ入れ忘れの旨を連絡しフォローすることが必要です。

 

誠意と熱意が応募企業に伝わることで、

不足分を再提出することを許してくれる企業も多いので、落ち込みすぎないでくださいね。

 

書類不足の旨を伝え、すぐに不足分を再提出することで、

カバーリングしてもらえるように、めげずにお願いしてみましょう。

 

また、もし採用担当が不在で、連絡を伝えておきますと言われた場合でも、

できれば伝言だけではなく、再度折り返して直接謝罪連絡をすることをおすすめします。

 

伝言だけだと、万一伝わっていなかったというリスクもありますし、

直接、担当に1本連絡するだけで、大分イメージが違いますよ。

 

もし不在の場合は、戻り時間などを教えて頂き、

その頃に再度連絡するなどして調整してみてください。

 

② お詫び状を添えてすぐに再提出する

応募企業に連絡が済んだら、すぐさま不足書類を再提出しましょう。

その際、普通の添え状ではなく、「お詫び状」を一緒に同封する必要があります。

 

真摯に謝罪の気持ちを込めたお詫び状を添付することは、

社会人としては基本のマナーなので実践してくださいね。

 

また、再提出の際は締切り期日に関係なく、「速達」で送付するようにしましょう。

応募企業側に、少しでも速く到着することも大切です。

 

事前に応募企業へ連絡しておけば、

不足分の書類が遅れて到着することを先方も了承してもらえていますし、

待っていいて頂けることが考えられるので、迅速な対応を心がけましょうね。

 

そして、今度こそは絶対に不備がないように、

再度しっかり確認をして、送付するようにしましょうね。

スポンサーリンク

就活で書類を入れ忘れた場合のお詫び状の例文2選

 

続いて、書類を入れ忘れた場合のお詫び状の書き方についても、ご紹介していきます。

そもそもお詫び状とは、

自分側のミスや不手際があった際に、謝罪として提出する書類です。

 

書面でも改めて謝罪の気持ちを伝えることで、

誠意を示せるのでビジネスマナーの基本なんですね。

 

まず、お詫び状に必ず添えて欲しいことがあります。

・お詫び状を提出する日付

・応募企業の会社名、担当部署、使命

・自分の氏名

・お詫び内容についての案内

 

もし、採用担当の方のお名前が分からないときは、

「御中」や「担当者様」で大丈夫ですよ。

 

応募企業の会社名は、(株)などと省略してはいけません。

正式名称で記載しましょう。

 

分かりやすいように、お詫び状の例文についても載せておきますね。

 

■例文1■

株式会社○○

人事部採用担当係

次長 ○○様

令和2年8月31日

東京都港区○○○○

○○ ○○

書類不備に関するお詫び

拝啓 残暑の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。

 

このたびは、私の不手際で応募提出書類に不備があり、お手数をかけましたことを、深くお詫び申し上げます。

以下の通り、改めて書類をお送り致します。ご査収頂けると幸いです。

お忙しい所、誠に恐縮ではございますが、心よりお願い申し上げます。

敬具

・履歴書

以上

 

■例文2■

株式会社○○

人事部採用担当係

次長 ○○様

令和2年8月31日

東京都港区○○○○

○○ ○○

書類再提出に関するお詫び

拝啓 残暑の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

大変遅くなりましたが、下記の通り、不足書類を提出致します。

私の不手際で応募提出書類に不備があり、お手数をかけましたことを、深く陳謝申し上げます。

下記の通りお送り致しましたので、ご確認頂けると幸いでございます。

今後とも変わらぬお付き合いを頂けますよう、心よりお願いし申し上げます。

敬具

・職務経歴書

以上

 

就活書類を提出後は企業からの連絡を待つのですが、なかなか連絡が無い場合なんかは不安でいっぱいになりますよね?

 

出来るだけ早く結果をしりたいのですが、「こちらから連絡してもいいものなのか?」「急かしたりしてしまうと印象が悪いかな?」と気になってしまうところもあります。

 

別記事では、書類選考の連絡がなかなか来ない時の対処法なども紹介してますので、ぜひそちらの記事も参考にして下さい!

書類選考連絡が来ない時の問い合わせメールの例文や電話確認の方法!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

就活で書類を入れ忘れた場合の対処法と、お詫び状の例文のご紹介でした。

 

人間ですから、うっかり書類を入れ忘れてしまう失敗もありますよね。

 

そこでめげずに、応募企業にしっかり熱意と謝罪の気持ちを伝えれば、

後から挽回できるチャンスもあるので最後まで諦めずに交渉してみてくださいね。

 

今回の記事を参考にして、あなたの就職活動がうまくいくことを心から応援しています。

タイトルとURLをコピーしました