浴衣の金魚の柄には意味がある?子供っぽいと心配している方へ!

浴衣 金魚 意味 生活

夏のお祭りファッションと言えば浴衣ですね!

 

毎年トレンドはありますが、

購入する時にはどういった基準で選んでいますか?

 

自分の好みで選んでいると思いますが、

実はそれぞれの柄には意味があるって知っていましたか?

 

花言葉と一緒なんですね。

 

あと心配なのが、柄付きって、

10代の若い子が着るものって思っていませんか?

 

洋服と一緒でデザインや色をきちんと選べば、

子どもっぽく見えないんです。

 

ポイントを押さえれば、

お気に入りの金魚柄の浴衣を着ることができますよ。

 

浴衣の金魚の柄には意味がある!?

 

浴衣や着物に入れられる柄を「文様(もんよう)」と言います。

 

金魚は水の中を泳ぐ事から、

夏物の浴衣の柄としてぴったりですね。

 

中国では「きんぎょ」の音が金が余るという意味の「金余(きんよ)」とかけて、

豊かさの象徴とされています。

 

中国語だと音は「チンユイ」と言います。

金魚も同じ読み方をするそうですよ。

 

金魚の色もまた重要で、

赤色は「幸運を呼び込む」黒色は「邪気を吸い込む」という意味合いがあります。

 

金魚がモチーフで使用され始めたのは実は結構最近の話で、

大正・昭和時代から使われ始めたんです。

 

金魚以外の文様の意味は?

 

牡丹・百合・芍薬(シャクヤク)

ことわざの「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」から、

美しい女性の象徴です。

意味は「幸福」を表します。

 

卵から幼虫、さなぎを経て、成虫の蝶になることから復活や変化、

不老不死の象徴とされます。

 

また「ちょう」の読みが「長」と同じことから、

「長寿」や恋愛面で「長く続く」の意味があります。

 

菖蒲

「しょうぶ」と読むことから、

勝負強さ、尚武(武道・武勇を重んじること)に通じます。

 

また端午の節句で使われるように、

魔よけにも使われます。

 

朝顔

夏の風物詩の朝顔は、朝に花が開いて昼過ぎにはしぼんでしまうことから、

「はかない恋」という花言葉ですが、

 

浴衣の文様になると、ツルが絡んで伸びていく所から、

「固い絆」・「愛情」の意味があります。

 

ツバキ

椿の花はポトリと落ちるので縁起がいい花というイメージはありませんが、

長生きというところから「長寿」。

 

花がぐっと開くところから「発展」の意味があります。

 

藤の花は小さな花がたくさんつくところから「子孫繁栄」の意味があります。

藤の紫色は古来より高貴な色とされています。

 

七宝

七宝は金(こん)、銀(ごん)、瑠璃(るり)、玻瓈(はり)、硨磲(しゃこ)、

赤珠(しゃくしゅ)、碼碯(めのう)を指します。

 

瑠璃=ラピスラズリとも言われています。

玻璃=ガラスのことです。

硨磲=シャコガイの殻・もしくは白色のサンゴ。

赤珠=赤色のサンゴを指すと言われています。

 

浴衣でよく使われている文様を紹介しましたが、

他にも沢山ありますので、

浴衣を買う時は調べてから買うと面白いかもしれませんよ?

 

浴衣の金魚柄は子供っぽい?

 

金魚柄自体は問題はありませんが、

色合いやアイテム、デザインで子どもっぽく見えてしまうせいだと思います。

 

レトロ柄と言われる昔からあるようなデザインがオススメです。

 

レトロ柄

昔からある柄で、母親・祖母が着ていたようなデザインを思い浮かべてもらえれば、

イメージがしやすいのではないでしょうか。

 

「回顧的な」「古き良き時代を懐かしむ」という意味です。

 

モダン柄

ハートやバラのような洋風の柄が入ったものをイメージしてもらうといいと思います。

「近代的な」「現代的な」という意味です。

 

ではどんな基準で浴衣を選んでいけばいいのか

ポイントを見ていきましょう。

 

①生地の色は?

恐らく子どもっぽく見えるのは生地の色のせいかもしれません。

 

マリンブルーやピンク・オレンジっぽい生地は、

幼い印象を与えてしまうかもしれません。

 

洋服でも明るいポップな色味は若々しい印象ですが、

コーディネート次第では子どもっぽく見えますよね。

 

30代以上ですと生成色や白・グレーがメインの色味がいいでしょう。

(無難という意味です。)

 

もちろん、デザインによっては、

紺色や真っ白な生地でも十分着れると思いますよ。

 

例えば赤色でもバラのような真っ赤な色ではなく、

えんじ色のようなくすんだ風味、緑でも新緑のような緑ではなく、

落ち着いたうぐいす色だと落ち着いて見えますよね。

 

②デザインは?

黒色・グレーの模様が入ったりしているほうがいいと思います。

 

明るい色は入っていても問題ないですが、

分量が多いと幼い印象を与えてしまうかもしれません。

 

地色が落ち着いたもので、

金魚の柄も控えめなものが無難な線でしょう。

 

トーンを抑えたものを選択するといいかもしれません。

落ち着いた雰囲気であるというのもポイントになります。

 

③帯は?

こちらも色が重要と言えます。

 

生地が明るい色合いだと、

黒っぽい色で引き締めた方がいいでしょう。

 

もしくは同系色の帯で揃えるというのも手です。

 

まとめ

 

金魚柄はデザインや生地の色で大人っぽく見せることは可能です!

 

でも、全体の色合いだったりデザイン選びで、

子どもっぽく見えてしまうこともあります。

 

オトナ浴衣美人を目指すなら、

落ち着いた雰囲気のデザインを選ぶのがポイントです。

 

でも、洋服と一緒で好きなものを着るのが一番です。

 

自分のお気に入りの浴衣を着てお祭りへ出かけましょう。

タイトルとURLをコピーしました