ゴミ分別しないのがバレるとどうなる?違法で罰があるの?

ゴミ 分別しない 生活

スポンサードリンク



日常生活のなかでゴミを捨てるときに、

可燃物・空き缶・不燃物…と分別することに疑問を持ったことはあるかと思います。

 

そこで、もし分別せずにゴミをひとまとめにして捨ててしまうとどうなるのか?

バレるとどうなるのか、違法となり罰があるのか…?

 

ゴミ分別における真相をご紹介します。

 

ゴミ分別しないのがバレるとどうなる?

 

ゴミを分別せずに捨て、もしそれがバレると、

まず地域にもよりますが、ゴミ収集業者が発見すると回収せずに放置してしまいます。

 

それを見たマンション・アパートの管理人さんや自治体の人が中身を確認します。

 

回収されなかったゴミ袋の中にある手紙などから名前を発見すると、

ゴミを分別していない犯人が特定されるというわけです。

 

こうしてゴミを分別していない人物のもとへ返却し、

その場で注意されることとなります。

 

しかし何度も注意しても改善しないままだと、

『あぁこの人は何度注意しても聞かない悪い人だ』と評価が悪くなるし、

延々とゴミ袋が回収されずに家の前などに返却され続けます。

 

回収されずに残るたびに中身をチェックされますが、

プライバシーの侵害だとか言える立場ではありませんよ!

 

次第に家の前にゴミ袋がたまることで、

『ゴミを分別できない人』ということが通る人々に一発で知られてしまい

人間関係が悪くなります。

 

それだけではなくカラスなどの動物にゴミ袋を破られて、

家の回りの環境も悪くなってしまいます。

スポンサードリンク

ゴミ分別しないのは違法?

 

ゴミを分別しないからと、

人間関係が悪くなるだけなら別に構わないと思う方がいるのかもしれませんね…。

 

しかし、ゴミを分別するというルールが存在している以上そこには法律があり、

それに反すれば『違法』という扱いになってしまうのです。

 

自治体によっては詳細が異なりますが、

『廃棄物処理法』という法律のもと、

ゴミの分別におけるルールがそれぞれで定められています。

 

たとえばペットボトルについて、ある地域ではペットボトル用のゴミ袋を指定し、

別の地域では可燃物と一緒に入れても良いという具合に対応が異なります。

 

これは処理施設の焼却能力の違いなどが絡んでいます。

 

他にも発泡スチロールやアルミホイルなどに関しても

地域によって異なる場所もあります。

 

それぞれの地域ごとに定められたルールですが、

それらは法律と結びついています。

 

したがって、『ゴミを分別しない』=『自治体のルールを破る』、

つまり『違法行為』となってしまうのです!

 

違法行為となった場合どのような罰則を受けることになるのかというと、

『5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金』が課せられます。

 

まとめ

 

ではここでお話した内容をまとめさせていただきます。

①ゴミを分別していないと回収業者から返却され続ける。

②返却されたゴミを管理人から持ち主を特定され、注意を受ける。

③注意されても改善しない限りゴミの返却が続き、人間関係の悪化につながる。

④ゴミの分別は自治体ごとにルールが決められている。

⑤ゴミ分別のルールは法律の『廃棄物処理法』に基づいている。

⑥ゴミを分別しないことは違法につながり、重い罰を受けることとなる。

 

以上がここでお話したゴミ分別に関する要約となります。

 

ゴミ分別に関する知らなかった事実が、

お話した内容から明らかになったでしょうか?

 

ゴミを分別しなかったらどうなるのか、

ここで知った以上はしっかりルールを守るよう意識しなければいけませんね…。

 

たかがゴミといえども決められた通りに捨てないと、

それだけで重い罰を受ける羽目に遭ってしまいます。

 

少しの気の緩みで後悔することのないように、

お住まいの地域によって決められたゴミ分別のルールを守りましょう!

タイトルとURLをコピーしました