国際交換局から発送のまま動かないのはなぜ?届くまでの日数は?

国際交換局から発送のまま 生活

スポンサードリンク



国際郵便物を預かる発着を担当している郵便局は、「国際郵便局」と言い、遠く離れた人に荷物を送るのに便利なツールです。

 

また、逆に海外の荷物を受け取る時にも経由する、いわば国際郵便物の橋渡しとなってくれる存在なのですよ。

 

でも海外からの荷物って、結構日数がかかってしまったり、動くのにも予想以上の日数がかかることが多いですよね。

 

そこで今回は、国際交換局から発送のまま動かない理由や届くまでの日数について、ご紹介していきます。

国際交換局から発送のまま動かないのはなぜ?

 

国際交換局の荷物の発送などの際には、通常の荷物と同様に必ず追跡番号が付いています。

 

この追跡番号で確認した時、国際交換局から発送のままになっていたり、動かない状態になっている事って経験したことありませんか?

 

私もよく海外に住む友達や家族に送付したことがあるのですが、この現象って意外と多いんですよね。

 

こういった時にまず考えられるのが、郵便局側が発送するのを忘れてしまっていたり、追跡処理を忘れてしまったということが考えられます。

 

特に郵便局の発送忘れになってしまうと、引受の状態からなかなか変化しません。

 

また、飛行機に発送されなければ、「国際交換局から発送」の状態から動かないことになってしまうのです。

 

他にも、海外側で処理を忘れてしまったり、遅れてしまっていると、この場合も「国際交換局から発送」の状態のままになってしまいます。

 

これでは追跡もできず、困ってしまいますよね。

 

そこでおすすめしたいのが、自分から発送した場合は、発送元の郵便局や国際郵便を担当する部門に問い合わせてみるのも良いです。

 

国際郵便に関する問い合わせセンターでは、平日は08:00~21:00まで、土日祝日は09:00~21:00まで受け付けています。

 

問い合わせの際は、ご自身の追跡番号なども手元に準備しておくと、スムーズに伝わるので良いですよ。

 

▼国際郵便に関する問い合わせ先(お客様サービス相談センター)

TEL:0120-5931-55(フリーコール)

携帯電話からかける場合:0570-046-666(通話料有料)

英語対応の場合:0570-046-111

 

国際交換局から発送が2回になっているのはなぜ?

 

利用者の方の中には、国際交換局から発送が2回や3回になっていると、不思議に思われた事もあるのではないでしょうか?

 

国際郵便の流れは、本来、「引受→国際交換局から発送→国際交換局に到着→通関→交際交換局から発送→到着→届け済み」となる流れです。

 

2回以上表示される場合は、課税対象の商品である可能性やインボイスの書類に不備がある可能性などが考えられます。

 

国際郵便で発送する際は、品物や型番、具体的な品目をインボイスに記載する必要があります。

 

それらが不十分だと、通関をもう1度回される可能性があり、国際交換局の発送が2回以上の表記が出てくることが考えられます。

 

どうしても不安な方は、通関手続きが行われる最寄りの国際交換局に問い合わせましょう。

 

ただし、物量が多い時期は国際交換局も混雑するため、問い合わせしても回答できないこともあります。

 

ですので、自分から発送する場合は書類不備がないか、しっかり確認するように気をつけるといいですよ。

 

国際交換局から発送して届くまでの日数は?

 

国際交換局から発送して届くまでの日数は、だいたい2~3日と言われています。

 

国際交換局に到着と表示があるのは、海外から日本などに到着したという意味を示しています。

 

ここに到着してから、各最寄りの郵便局に配達される仕組みなのですが、通関手続きの際、必要書類やコピー品でないかなどの厳しいチェックが入ります。

 

およそ2~3日で配送される予定ですが、荷物の多い繁忙期などによっては、予定よりも若干多く日数がかかってしまうことも考えられるでしょう。

 

この国際交換局を通る際のほかにも、国際郵便を使用する場合、民間航空会社などにあわせて発送してもらう形のため、届く日数が間延びすることも考えられます。

 

特に、フライト数が激減している現在の状況では仕方が無いかもしれませんね。

 

少しでも早く届けて欲しい・受け取りたいという場合は、FedexやDHL、UPSなどといった、民間の輸送会社を使用するのもいいですよ。

 

お値段ははりますが日数は短縮することが出来るので、検討材料に入れて見てもよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

国際交換局の通関手続きとは?

 

この国際交換局の事がわかったら、到着が遅くなる理由や遅くても安心だなと思えるようになります。

 

国際交換局という存在は、国際郵便物の発着の窓口業務を行う郵便局の事で、ネットで購入などした海外輸入品などが主に一般消費者にはわかりやすいです。

 

でも、郵便局の窓口といっても、物が海外からのものなので、輸出税関、輸入税関の手続きなどがあるわけです。

 

その手続きが終わってから航空機に乗せたり、国内仕分けをしたりという作業に入りますが、その一連の流れを行うのが国際交換局ということです。

 

この国際交換局は、東京国際交換局、川崎東郵便局、中部国際交換局、大阪国際交換局、新福岡国際交換局、那覇中央国際交換局があります。

 

海外のネット通販の場合はここを通って自宅に到着しています。

 

ですので、海外通販の足跡チェックをすると、その国際交換局という文字や通関手続き中などが表示されます。

 

これは正しく動いているということなんです!

 

そしてさらにその通関手続きというのは、この商品たちをチェックする作業です。

簡単に言うと、輸入・輸出してはいけないものなのかのチェックです。

 

国際交換局の通関手続きの時間はどれくらい?

 

国際交換局の通関手続きも、日ごと短くなるように取り組まれてはいます。

 

しかし、実際のところ海上貨物では2.5日、航空貨物では0.5日です。

 

海上と航空になぜこんなに差があるのかというと、航空に関しては空港にすでに税関があり、審査などがスムーズに行われる流れができているからなんです。

 

会場だと、コンテナを中から出すことからスタートなので、チェックするまでも時間がかかるのです。

 

まあそれにせよ遅れるというのは、確実にしっかりチェックしている証拠だともとれますよね。

 

国際交換局の通関手続き中が2回以上表示される理由とは!

 

国際交換局の通関手続きにおいて、手続中が2回以上表示されることがあります。

 

それも理由がちゃんとあります。

ようするに一度のチェックで通らなかった時です。

 

予定より遅れているとかスピードの問題ではなく、一旦チェックして通すのを保留にする理由があるわけです。

 

その理由をいくつかあるのですが、以下のようなものが疑われると二回目のチェックに入るわけです。

 

・必要書類不足

・税関告知書なし

・個人輸入量の超過

・薬事法違反の可能性

・ワシントン条約にふれてしまう

・食品衛生法にふれてしまう

・偽ブランド

 

書類不足や税関告知書がないのは、お店側のミスになります。

そのほかの薬事法や食品衛生法、偽ブランド、ワシントン条約などは怖いですよね・・・。

 

でも、通関手続中が二回目だからといって疑いのあるものかと言われると、ほとんどが必要書類不足や個人輸入量超過などのミスです!

 

ですので、もちろん追跡を見て遅いと思って問い合わせすることも可能ですし、電話も受け付けてくれます。

 

でも、同じ答えしか返ってこないし、あまり詳しいことも言えることでは無いと思いますので、数日我慢したほうが良いです。

 

私は以前衣料品で1ヵ月かかり、季節が変わってしまったことがありますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

国際交換局から発送のまま動かない理由と届くまでの日数のご紹介でした。

 

通常日程よりもどうしても日にちがかかるケースが多く、やきもきしてしまうこともありますよね。

 

通関手続きというのは様々なチェック、または必要書類の不足、税関告知書がないというようなミスも含まれ、その手続きには0.5日から2.5日かかります。

 

そして二回以上の通関手続きが表示されていたら、何らかのの理由に引っかかる疑いがあるかもしれないため再度チェックになっているということです。

 

こう考えるとおそいのはイライラもしますが、安全なものが送られていると思えば必要な日数かもしれませんね。

 

今回の記事を参考にして、国際交換局の気になる日数や理由などについての解決のヒントになると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました