修学旅行でのスマホの隠し場所で飛行機でも絶対にバレない秘訣とは!

修学旅行 携帯 隠し場所 飛行機 学校生活

スポンサードリンク



現代では携帯の普及率が上がり、

大人ではほぼ100%の人が所有しているのではないでしょうか。

 

小学生が持っていても珍しくない時代になりました。

 

現代の高校生の場合、平成28年の時点ですでに、

94.8%の人たちがスマートフォンなどの携帯を利用しています。

 

高校生はスマホを持っているのが当たり前な時代なのですね。

 

そんな高校生では修学旅行の間でもスマホを離すのは

難しいのが現実なのではないでしょうか。

 

しかし携帯の持ち込みを禁止している学校も珍しくありません。

 

そんな修学旅行のときにスマホを上手く隠す方法はあるのでしょうか?

 

今回は、修学旅行でのおすすめの携帯の隠し場所と、

飛行機でも絶対にバレない秘訣を紹介します。

 

修学旅行での携帯の隠し場所で飛行機でも絶対にバレない秘訣

 

高校生にとって修学旅行とはビッグイベント。

現在では国内だけではなく国外に行くことも珍しくありません。

 

そんなときには高画質で手軽に写真を撮って、

仲間たちと共有したくなるのは当然の心理ですね。

 

高校生でのスマホの普及率も上がっていることで、

日常生活にはなくてはならない存在でもあります。

 

SNSなどで他者とも思い出を共有できるのも楽しみのひとつですね。

 

しかし実際は修学旅行は教育の一環のため、

スマホの持ち込みを禁止している学校も少なくありません。

 

そんなときには自己責任・自己管理を念頭に置いた上で、

おすすめの隠し場所を提案したいと思います。

 

預け入れ荷物

預け入れ荷物の場合、

キャリーケースやボストンバッグを利用する人が多いかと思います。

 

着替えなどを詰め込んでおく荷物に入れておくことで、

自然とスマホを触ることがないため、

先生に「怪しい動きをしている」と目をつけられにくくなります。

 

スマホを気にしていたりと怪しい動きをしてしまうことで、

先生にマークされやすくなるため、それを回避することも重要です。

 

ただし一部の携帯は過去に発火事故が発生したなどの理由で、

預け入れ荷物で持ち込めない機種もありますので確認が必要です。

 

モバイルバッテリーも同じく、

衝撃や温度の変化による発火や爆発の可能性が高いことから、

預け入れ荷物には入れておけません。

 

モバイルバッテリーを使用している人は、

その隠し場所も同時に考える必要がありますね。

 

また、手荷物の重量制限内であれば、

基本的にはスマホの持ち込み台数には制限がありません。

 

ただしタブレットは預け入れ荷物に入れてはいけないので気を付けてください。

 

手荷物カバン

預け入れ荷物のなかはなくしてしまったり、

破損するのが心配なこともありますね。

 

そういったときは手荷物カバンでも大丈夫かと思います。

 

しかし目に入りやすい状態で入れていると、

万が一先生による手荷物検査などでバレてしまう恐れがあります。

 

それを防ぐために筆記用具やポーチのなかに入れたり、

畳んだ上着やタオルの間に挟んだりすることをおすすめします。

 

しかし飛行機に乗る場合は手荷物検査の際に、

電子機器をカバンから出しておく必要があります。

 

そこで隠してしまうと問題が大きくなってしまうので、

そこで隠そうとしてはいけません。

 

先生が常に手荷物検査に付き添っていることは、

空港のセキュリティ体制上、ほとんどあり得ないかと思います。

 

ベルトやファスナーがついている上着を着ている場合は、

それらもトレイの上に置かなければなりません。

 

目視ではなくX線で検査するので、

上着の下にそれとなくスマホを隠しておくことでバレるリスクが減ります。

 

修学旅行の飛行機以外での携帯の隠し場所のおすすめは?

スポンサードリンク

手持ちのカバンに入れておく

修学旅行はお土産を買ったり、しおりやティッシュ、

ハンカチ、財布などを持ち歩くため、普段からカバンを持ち歩かない人でも

たいていはカバンを持って行動しているかと思います。

 

そこにスマホを入れておくと良いと思います。

 

一般的に持ち歩くカバンを先生が荷物検査することはないかと思いますが、

万が一の可能性を考えてポーチやハンカチの間に挟んでおくとより安心です。

 

音がなってしまうとバレてしまうので、

必ずサイレントモードにしておいて、

バイブも鳴らないように細心の注意を払いましょう。

 

Tシャツなどのポケット

アウターのポケットに入れてしまうと、

内ポケットであっても意外と形がくっきりと見えてしまいます。

 

そのため胸ポケットのついたTシャツやインナーにスマホを隠して、

そのうえからアウターやパーカーを着ておくと見た目からはバレにくくなります。

 

ボトムスのポケットに入れてしまっていると、

落としたり座る際に壊さないように気にしてしまったりするので、

そういった行動で先生からスマホがバレやすくなりますので注意が必要です。

 

まとめ

 

最近ではスマホの普及率も上がったため、

親としても常に連絡が取れた方が便利なんですが、

一般的には修学旅行での携帯の持ち歩きは禁止が多いですよね。

 

少ない先生の数で、

数百人規模の生徒の荷物をいちいち確認するというのは考えにくいので、

軽く荷物に紛れ込ませてしまえば実際にはバレないかと思います。

 

スマホを隠す際には「教師にバレにくい行動をする」ということが大切。

 

ついついスマホの所在を気にしてしまったりすることで、

先生からマークされやすくなってしまいます。

 

自由行動の際は特に先生がどこにいるか把握しにくくなるので、

やはり最低限しかスマホを触らないようにするのがベターですね。

タイトルとURLをコピーしました