台風の時に窓を開けるとマンションはどうなる?開けっ放しの場合は?

台風 窓 開ける マンション 生活



スポンサーリンク

台風の時に窓を開けているとマンションはどうなるのでしょうか?

 

今回の記事では、台風の時に窓を開けているとマンションはどうなるのか?

 

開けっ放しにしている場合はどうなるのかなどについてご紹介します。

台風の時に窓を開けてるとマンションはどうなる?

 

近年、大きな台風がよく起きて、それも被害があるケースが多発しています。

大阪、熊本も台風によって甚大な被害を受けていました。

 

その時に見た光景として、大阪のマンションの中層階、高層階の被害が大きかったのです。

そして、窓が割れている悲惨なシーンもよく散見されました。

 

まず、高層階のほうが風が強くなるという説は本当です。

台風の風の被害は、高層階と角部屋が最も影響を受けやすいということです。

 

大阪の時に、ガラスが割れた原因として一番多いのが以下2点です。

 

・鍵を閉めていなかったこと

・強風なのにむりやりあけたこと

 

そして中層階の被害が大きかったのは小さな竜巻の発生により、飛来物によって割られたことがかなり多かったです。

 

たしかにTVなどを見ていても、屋根瓦やいろんなものが飛来していましたよね。

それがマンションの窓に当たるということも不思議ではない感じでした。

 

マンションのエントランスでも飛来物によって割られたり、風圧で天井が抜けたりしていましたよね。

 

でも、正直いまどきの窓は、そんな風圧で簡単に割れるようにはできていないんです。

 

だから、これらが割れる主な原因とされています。

・基準値以上の風

・飛来物

・鍵をしめていない

・劣化

 

大阪で二回目の大きな台風来ると言った時、twitterやSNSで拡散されていたのが、窓の装備でした。

 

養生テープを蜘蛛の巣状に張り巡らせて、段ボールを窓ガラスの内側にはって、飛散防止のフィルムを張るというように対策が拡散されていました。

 

飛来物でも割れた衝撃での飛び散りを防ぐこともできます。

カーテンをしておくことも、ガラスが割れた時の飛び散りを防ぐ役割を果たすので大切です。

 

風圧で窓を抑えようとする行為も見られますが、これが一番危険。

人は必ず窓から離れるようにと何度も通達されていました。

スポンサーリンク

台風の時に窓を開けっ放しの場合は?

 

台風が来て窓を開けっぱなしにしてしまった場合、もう窓から離れて近づかないようにしましょう。

むりやり閉める事で、風圧がかかったりしてむしろ危険です。

 

濡れたりする分には命の危険性はありません。

そこはやむを得ずそのままにしておきましょう。

 

その開いているところから、飛来物が入ってきたりする危険性もあります。

とにかく自分を守る行動だけをしっかりとることを最優先してください。

 

風圧は想像したよりかかりますので、本当に気を付けてください。

 

もし危険性がない状態であれば、窓を閉めて段ボールをそこに充てることをしてみてください。

でも風がないことを必ず前提としてください。

 

台風が来るという話が事前からわかっていたら、事前に対策を立てておく必要がありますよね。

 

しばらく窓を締め切って養生テープをして、段ボールをしてと閉じ込めた状態にしてしまいましょう。

 

そして鍵もしっかりかけないと、鍵を掛けないことで窓が割れる可能性も多いにあります。

 

特にマンションの高層階、角部屋は風力、風圧がすごいですので、対策をしっかりして窓には近づかないようにしておきましょう。

 

台風が始まってからの対策だと、飛び散りや飛来物で怪我をする恐れがあります。

もう対処するのはやめにして、自分の身を守ることに徹しましょう。

 

まとめ

 

昨今の台風は猛威で、多大なる被害を受けていますよね。

二次災害三次災害などにも及んでいますので要注意です。

 

台風が来るとわかったら、事前に対策しておくことが何より大切です。

停電用の備え、そして窓の対策です。

 

マンションは高層階に行けば行くほど風圧・風力が強いので養生テープをはって、内側から段ボールを当ててさらにカーテンもしておきましょう。

 

これで割れるのも防げますし、万が一の飛来物での怪我も防げます。

 

それと鍵は必ずしめておきましょう。

鍵を閉めないで補強などをすると、勢いで取れた時割れた時が大変です。

 

鍵を閉めて養生テープで蜘蛛の巣のように停めて、段ボールをあててカーテンをする。

 

しっかり補強をして、さらに窓には近づかないということを徹底しておきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました