ベルトのプレゼントの意味とサイズがわからない場合の対処法!

ベルト プレゼント 意味 プレゼント



スポンサーリンク

ベルトって、自分ではあまり積極的に買わない分、もらった時ってけっこう嬉しいですよね。

 

私もベルトはあまり必要ではないので買わないのですが、プレゼントで貰った物が、とてもおしゃれで気に入って長年愛用しています。

 

今回の記事では、ベルトのプレゼントの意味、サイズがわからないときの対処法などを紹介していきます。

ベルトのプレゼントの意味とは!

基本的に、ベルトというのは、『締める』もの『長い』もの『縛る』ものですよね。

腰に巻き付けて、腰を締めるものであり縛るもの。

 

ということで、プレゼントする相手によって意味合いはかわってきます。

 

男性から女性へとプレゼントする場合は、

・二人の結びつき

・束縛

・長く一緒にいようね

という良い意味のほうが多い捉え方です。

 

束縛もある意味は嫌な意味ですが、言葉を変えれば『自分だけのもの』という独占欲の現れですから、愛の表し方でもあると言えます。

 

女性から男性へも上記と同じ意味で、愛の表れとして使われるでしょう。

 

あとはプラスして、仕事頑張れということで『気を引き締める』ということでの激励のプレゼントとしてもよいとされています。

後輩や仲の良い同僚などもプレゼントには良いですよ!

 

でも、上司や目上の人には、気を引き締めるという意味合いが失礼にあたるのでプレゼントするにはあまりよくないとされます。

 

好きな人や大切な人から貰ったものを、身に着けていられると嬉しいですよね。

ふとした時に気づくとなんだか安心感にもなるというか、守ってくれている感も感じれるのではないでしょうか。

 

上司や目上の人以外には、ベルトはプレゼント向きと言ってもよいでしょう。

 

就職が決まった際の家族、兄弟姉妹にビジネス用のベルトをプレゼントするの嬉しいかもしれませんね。

 

なかなか自分で新社会人のセットをそろえるのも金額が張りますので、ベルトのプレゼントなんて嬉しいかもしれません。

 

実際ビジネス用は、ほとんどベルトは見える部分ではありません。だから逆にこだわっている人が少ない。

でも、一流の人になると見えないからこそ気を配っていると言われます。

スポンサーリンク

ベルトのプレゼントでサイズがわからない場合の対処法!

ただ、ベルトをプレゼントしようとなったときに困るのがサイズです。

指輪と同じでサイズ感がわからないとプレゼントできないですよね。

 

特に異性のもののサイズってなかなか分からないんですよね。

いくつか方法があるので紹介したいと思います。

 

■切って長さが調節できるタイプを選ぶ

■大体の身長と体重の平均で見て店員さんに相談する

■留め具などで止めるタイプのものを選ぶ

 

一般的にはよっぽどの個性のある体系でない限りは、どのタイプでも使えると思います。

フリーサイズの物などが多いので、穴のいくつかで調節できる範囲です。

 

極端な体系であればやはり考えた方がよいですけどね。

 

その時は上記のように、切って長さを調節できるタイプ、留め具などで止めるタイプであれば問題ないです。

 

あと、高級なものであれば、逆に穴は空けないでプレゼントして後でお相手と一緒にお店で開けてもらうというのも一つの方法です。

 

実際、若い人で、ベルトの穴に収まる体系の人でも、かなり腰を落として履きたい人もいます。

その場合は、穴をだいぶ遠くに一つ開ける必要がありますよね!

でもカジュアルなものは、切るタイプのものも多いですよ。

 

これは女性も男性も同じ条件です。

もしできるのであれば、もっているベルトを一本こっそり手に入れると一番早いです!

 

太さの好みやデザインの好み、いろいろ個人によってあると思いますので、その好みの傾向も調査しておかないとですね。

 

ビジネスタイプであれば、ある程度名前のしれたブランドのものを選べば間違いないのですが、カジュアルタイプだったり普段使いだと幅が広いので悩みますよね。

 

だからこそ、今までもっている好みの系統は知っておくと安パイです。

 

まとめ

ベルトのプレゼントの意味は

・束縛

・末永くよろしく

・気を引き締めて

というような意味合いを表すとされています。

 

男女間のプレゼントにも、兄弟や家族へのプレゼント、同僚や後輩へのプレゼントとしてもよいでしょう。

 

しかし気を引き締めるなどは上司にとっては失礼にあたるので、上司や目上の人へのプレゼントには不向きといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました