名刺入れのプレゼントはいらない?贈り物の意味や男性と女性別のおすすめも紹介!

名刺入れ プレゼント いらない プレゼント
スポンサーリンク

社会で働く人に贈るプレゼントとして、名刺入れは候補にあがるアイテムです。

 

ところが、名刺入れのプレゼントはいらない、名刺入れを贈られると迷惑という人も。

 

その一方で、名刺入れのプレゼントは大歓迎という人もいます。

 

名刺入れを贈るのが、ふさわしい相手とは?

名刺入れが持つ贈り物としての意味、男性・女性別のおすすめブランドをご紹介しましょう。

名刺入れのプレゼントはいらない?

リモートワークが進んで、実際に人と会って仕事をする機会がかなり減りました。

 

初めて会う人とリモート会議で挨拶をしても、名刺交換はありません。

 

名刺入れが必要になるビジネスシーンは少なくなり、そもそも名刺交換の必要がない仕事をしているケースもあります。

 

社会人だからといって、誰もが名刺入れを使うわけではないのです。

 

ボールペンなどの筆記用具のように、ひとつだけでなく多数持っていると便利なアイテムもありますが、名刺入れはひとつあれば十分。

 

自分で購入したお気に入りの名刺入れをずっと愛用したい、と考える人も多いはずです。

 

・名刺入れは使わない

・すでに持っているモノで十分

・お気に入りを使いたい

 

こんな人が名刺入れをプレゼントされると、とても困ってしまいますね。

 

名刺入れのプレゼントが嬉しいという人は?

名刺入れはいらない、という人がいる一方で、名刺入れのプレゼントが嬉しいという人も。

 

高校までは学校の制服、大学の入学式で初めてスーツを着る人が多いのではないでしょうか?

 

そして、就職活動で企業の面接を受ける時期になると、スーツ姿にビジネスバッグが定番になります。

 

大学を卒業して、晴れて新社会人。

就職活動中の装いと同じですが、大きく違うのが自分の名刺を持つようになる点です。

 

入社した会社から自分の名前が印字された名刺を渡されたとき、ようやく一人前になれた感じがしました。

 

とても誇らしい気持ちになって、友達と名刺を交換し合った記憶が。

 

この時、名刺に注目する前に、お互いに名刺入れを見せ合いました。

 

新社会人にとって名刺入れは必需品なので、名刺入れをプレゼントされるととても嬉しいです。

 

一方で、社会人として経歴が長い人が名刺入れをプレゼントされると嬉しい場合も。

 

長年、愛用してきた名刺入れがくたびれてきても買い替えるタイミングをなくして、そのまま使い続けている人が、けっこうな数いるのです。

 

名刺入れは相手の目に留まりやすいアイテムなので、どんなに愛着があっても擦り切れていたり、あまりにも状態が悪いのはビジネスマナー違反に。

 

買い替えた方が良い名刺入れを使い続けている人にプレゼントするととても喜ばれますよ。

 

名刺入れのプレゼントに意味はある?

新社会人に名刺入れをプレゼントする時は、「これから仕事をがんばってね」というメッセージを込めて贈ります。

 

新人を「がんばって」と応援するのは、とてもよいこと。

 

ところが年上の方に「がんばって」とエールを送るのは、意味合いがまったく異なってしまいます!

 

実績を積んできた方に対する「がんばって」は、「もっとがんばって」「もっと精進して」と現状の不満を訴えるメッセージに。

 

上司から部下、先輩から後輩、先生から生徒といった関係で、上の立場から下の人たちにエールを送るのはOK。

 

くれぐれも、目上の方にプレゼントとして名刺入れを贈らないように注意してくださいね。

 

名刺入れのプレゼントで男性へのおすすめは?

 

・コードバン

高品質の馬の革を使い、「革の王様」「革の宝石」と評価されるコードバン。

 

馬の革は耐久性に優れ、しっとりとした上質な光沢を放ちます。

 

手入れをしながら使い続けると、経年による深い味わいが増し、一生モノの名刺入れになります。

 

・PORTER(ポーター)

吉田カバンのブランド、ポーター。

 

ポーターのカバンを愛用している男性には、やはりポーターの名刺入れを贈るのがベスト。

 

裁断から仕上げまで、全工程を国内生産。

 

高い品質とデザイン性で、20代30代の社会人に人気です。

 

名刺入れのプレゼントで女性へのおすすめは?

 

・HERMES(エルメス)

多くの女性から支持を受けるエルメス、そのエルメスの名刺入れはたくさんの視線を集めるアイテムです。

 

いっさいの装飾を省くことで高級感をかもし出した名刺入れは、特別な女性への贈り物に最適。

 

・Kate Spade(ケイトスペード)

色使いやワンポイントのデザインで、カワイイを表現するケイトスペード。

 

フェミニンなイメージに、使いやすさがプラスされました。

 

20代の女性だけでなく、30代以上にも高い機能性が支持されます。

 

まとめ

名刺入れは使わない、すでに持っているモノで十分、お気に入りを使いたい、こういう人に名刺入れをプレゼントをするのはありがた迷惑に。

 

また目上の人に名刺入れを贈ると、「あなたのがんばりは足りていません。もっと精進してください」とかなり生意気なメッセージを送ることになってしまいます!

 

一方で、これから社会で働く人に応援の気持ちを込めて名刺入れをプレゼントすると、とても喜ばれます。

 

また長年使っていた名刺入れが古くなり、買い替えが必要な人にとっても、名刺入れは嬉しいプレゼント。

 

名刺を入れることにこだわらずに、ポイントカード入れや薬ケースとして使用する方法も。

 

贈る相手が名刺入れを受け取って、嬉しいのかどうか想像してからプレゼントするのが一番大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました