食器のプレゼントの意味とは!贈ったら嬉しいって思ってもらえる?

食器 プレゼント 意味 プレゼント



スポンサーリンク

友人に家族にどんな相手でもプレゼントしやすい食器。

 

様々なデザインがあり、そのお皿があるだけで食卓が華やぐものもありますね。

 

日常使うものだし、自分では購入することがないであろう商品をもらうと嬉しいですよね。

 

そんな意味もあってか食器はプレゼントにとてもよく登場します。

 

そこで今回は、そんな食器をプレゼントすることについてご紹介します。

食器のプレゼントの意味とは!

 

プレゼントにはそれぞれ意味があるのをご存じでしたか?

 

普段、「これがいい!」と思って贈っているものも、実は相手に誤解を呼ぶ意味だったりすることがあるんです。

 

相手が心から喜んでくれると思ってプレゼントしているのに、そうは思ってないかもしれないということです。

 

例えばエプロン。

これは母の日によく登場するアイテムですよね。

私も義理の母に贈ったことがあります。

 

しかしぞの意味をみて、血の気が引いてしまいました。

「もっとはたらけ」です。

 

口紅は束縛だったり、靴や靴下は見下す、その人のもとから去るだったり・・。

 

そこで今回のテーマである「食器」。

プレゼントをする行為がどんな意味ととらえられてしまうのでしょう。

 

それはズバリ・・・・「仲が割れる」です。

 

食器は弱く、かけてしまいますよね。

食器が割れて完全にバラバラになってしまう姿が、仲が割れるという意味に結びついてしまったのでしょう。

 

残念ながらこの意味ではプレゼントにはあまり適さない内容ですね。

 

この内容を知っている人からすれば特別な日にもらったプレゼントが「仲が割れる」って意味だなんて・・・どういうこと・・・と思い悩んでしまうかもしれません。

 

口には出さなくても、意味をしっかりと理解している方はいます。

きっと知らないだろうと高をくくってしまうのは、あまりにもリスクが高すぎる行動でしょう。

 

プレゼントなんですから、喜んでもらうことを一番に考えましょう。

 

しかし最近ではそんな悪いイメージはあまり聞かなくなりました。

真逆のいい意味の変わってきているんです。

 

最近では食器が割れることで数を増やすわけですから、「子孫繁栄」の意味が出てくるようになってきました。

 

仲が割れるよりも子孫繁栄のほうが明らかに、良い意味ですし受け入れやすく、プレゼントにもしやすいですね。

 

おせち料理の意味の中にもよくでてきますしね。

 

昔と今とでは大きく考え方が変わってきているというのが、この意味の違いだけでもよく分かります。

 

食器はプレゼントするときには「意味を気にしていない、ただ、似合うと思って喜ぶと思って選んだ。」と、楽観的に考えて渡すのは少し危険かもしれません。

 

プレゼントの意味のも気を付けることに越したことはありません。

スポンサーリンク

食器のプレゼントを贈ったら嬉しいと思ってもらえる?

 

食器とひとくくりにいっても様々なものがあります。

 

それがあるだけで、食卓が華やかになる豪華なものもあれば、これがないと困るというような名わき役のお皿も。

 

その時に「これ!プレゼントしたい!!」と思えるものに出会ったら、それは運命です。

 

即、プレゼント決定!!したいところですが・・・食器のプレゼントの意味を忘れてはいけません。

 

贈る側は意味をしっかりと理解して、それでもプレゼントしたいものに出会えたら言葉を添えるといいでしょう。

 

そんな意味ではなく、単に喜んでほしいと思っていることを率直に伝えれば問題はありません。

 

プレゼントの意味についてあらかじめ話しておくのも伏線になりますよ。

 

その上で、「プレゼントの意味は、悪い意味ではないからね。」と断りを入れることで問題は解決です。

 

しかし、年配の方が相手となると少し見方は変わってきます。

 

どんなに言葉で伝えても、心から理解してくれるか微妙な部分があります。

昔からの知識や経験を塗り替える言葉を探すのはとても難しいですからね。

 

少しでも気になる場合は食器のプレゼントは避けた方が無難です。

 

喜んでもらいたいのに、心のどこかで疑問を持たれるなんて悲しいことないですからね。

 

まとめ

 

食器はいろいろな種類があり、プレゼントにするには最適と言ってもいいでしょう。

 

でも意味には注意が必要です。

悪い印象を与えるものと、いい印象のものがあります。

 

相手にどちらの意味で贈るのか、もしくは違う意味なのか、それを明確にすることでプレゼントとして成立しますね。

 

贈る側はしっかりと意味を理解してから、相手に気持ちを伝えましょう。

タイトルとURLをコピーしました