空腹時に脂肪が燃えるって本当?筋肉とどっちが先に分解される?

空腹時 脂肪 燃える 生活

スポンサードリンク



ダイエットしている時って空腹時が大事と言われますよね。

 

そして空腹時に、脂肪が燃えるっていう話はよく耳にします。

それは本当なのでしょうか?

 

分解されるのは筋肉とどちらが早いんでしょうか?

 

今回の記事では、空腹時に脂肪が燃えることの真意、空腹時は脂肪と筋肉のどちらが先に分解されるのか?空腹時のウオーキングについてなどを紹介していきます。

空腹時に脂肪が燃えるって本当?

 

結論から言うと、空腹時に脂肪が燃えるというのは本当です。

 

脂肪は燃焼させるために分解される必要があります。

その分解に必要なのが一つは運動です。

 

脂肪の分解酵素のリパーゼが分泌されるため、運動が良いとされるのです。

 

空腹時には血糖値が下がっています。

血糖値を安定させようと、ホルモンの「グルカゴン」という物質が分泌されてきます。

 

このグルカゴンがリパーゼの活発化を促してくれるのです。

リパーゼが活発化することで脂肪が燃え分解されていくということ。

 

ですから、空腹時に集中的に運動するというのは理にかなっているというわけです。

 

グーっとお腹が鳴ったときにこそ、筋トレやジムで集中すること!

 

しかし、血糖値が下がってはいるので、倒れたり体調が悪くなってはいけません。

 

無理しない程度に行うか、もしくは少しだけバナナなどを摂取してから運動をするなど工夫をしてみてください。

 

空腹時は脂肪と筋肉のどっちが先に分解される?

 

消費カロリーより摂取カロリーのほうが大きければある程度の脂肪分解が先で、脂肪燃焼効果があります。

 

実際は、どちらも一緒に分解されるのですが、脂肪はある意味座っていてもすこーしずつ燃焼されていくものなのです。

 

必然的に少しずつでもずっと燃焼し続けている脂肪が先という言い方はできます。

 

空腹時のトレーニングは効率が悪いと言われるのは、筋肉に対して言える事なのです。

 

空腹中のトレーニングで筋肉が落ちやすくなるということもあり得ますので、そこは要注意ですよね!

 

空腹中に運動をするのが効果的というのは前述しましたが、血糖値が下がっていてリパーゼが活発化するからです。

 

だから空腹時が良いのではなく、その血糖値が下がっていてリパーゼが活性化されているときに運動することが効果的だということですよね。

 

ですので筋肉も付けたい方には、空腹時のトレーニングは合わないかもですね。

 

ただ、ダイエット目的であれば、空腹時の脂肪燃焼が活性化される…つまり分解されるので効果的ですよね!

スポンサードリンク

空腹時のウォーキングはダイエットに効果的?

 

空腹時に運動をすることが脂肪燃焼に繋がると前述しました。

 

そのことからも言えるように、空腹時のウオーキングはダイエットに効果的であるというのも事実です。

 

脂肪燃焼のための有酸素運動であるウオーキングこそ、空腹時にする運動に適しています。

 

食べた後に食べた分のウオーキングと考えがちですが、空腹の食べる前にウオーキングする方が効果があるというのは、意外で目からうろこ状態の人が多いかもしれません。

 

しかし、体のメカニズムから考えると血糖値の下がっているタイミングなので、理にかなっていると言えるでしょう。

 

体の中で使われるのは糖質が一番先で、その後に脂質、タンパク質という順番になっているのです。

 

要するに、脂質を燃やしたい・使いたい時には、糖質を先に使い果たしていないといけないんですよね。

 

お腹に何か入っている状態だと、糖質がある状態だということです。

ですので、まず糖質が先に使われるのです。

 

空腹だと糖質がないので、すぐ脂質を使えるわけです!

 

そして、減量というダイエット目的だけであれば、この食事前が効果的だということがメカニズムで理解できます。

 

食後にするということでは、スタイルを保つためのウオーキングとしてやるのがおすすめです。

 

あとは時間帯的に、朝であれば体の活性化・目覚め・体内時計の調節・不規則な生活の改善などにピッタリですし、夜にウオーキングするのはストレス解消に良いとされています。

 

そして食事前のウオーキング後には、プロテインやタンパク質やビタミン、ミネラルの摂取を心がけると効率的なサイクルができあがりますよ!

 

まとめ

 

・空腹時に脂肪が燃えるのは本当である

・空腹時に運動して先に分解されるのは脂肪であり、しかしタイムラグなく筋肉も分解される

・空腹時のウオーキングはダイエットに効果的である

 

それぞれの根拠やメカニズムに応じて言えることではあるのですが、ただ単にやみくもに食事前に運動すればよいというのではありません。

 

目的をはっきりさせて、メカニズムを理解して、効率的かつ効果的に運動することが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました