チョーカーのプレゼントを贈る意味とつける心理を詳しく紹介!

チョーカー プレゼント 意味 プレゼント



スポンサーリンク

チョーカーって時々集めたくなるくらいかわいいですよね。

 

チョーカーはネックレスと違って、軽い気持ちで付けられるし、もらう方も軽い気持ちで貰えるので嬉しいです。

 

今回の記事では、チョーカーのプレゼントの意味、チョーカーを付ける心理などを紹介していきます。

チョーカーのプレゼントを贈る意味は?

チョーカーというより、輪っかになっているもので身に着ける物、例えばネックレスも、ブレスレットもそうです。

そういうものを贈るときは、独占したい気持ちや、一緒にいたいという気持ちがプレゼントの意味になってくるのです。

 

その中でチョーカーというものは、実際首を絞めるというものが語源なので、束縛や独占が強いという印象に感じがちですがそれは違います。

 

しいていうなら、一緒にいたいという気持ちが大きいという風に捉えるのが、チョーカーのプレゼントの意味です。

 

常に密着していたいので愛が大きい、溢れている意味を持つと言われていますので、チョーカーをしている女子には手を出すなと言われたほどですよ(笑)

 

チョーカーにはチャームが良くついていますが、そのチャームにも意味があるのです。

ハートのモチーフであれば、愛情や結婚、花のモチーフは、幸せや女性らしさを表すのです。

 

だから、チョーカーにハートのモチーフをプレゼントすると愛情たっぷりということですし、ハートのモチーフのチョーカーを付けている女性は、誰かにものすごく愛されているということですね。

 

チョーカーのプレゼントの意味はネックレスとは違う!?

チョーカーのプレゼントとネックレスのプレゼントの意味は大概同じなのですが、意味的にチョーカーのほうが強めと考えて良いです。

 

そばにいたい、独占欲、相手を束縛したい、そのような内容がネックレスやチョーカーにはあるのですが、意味の強めなのがチョーカーというところですね。

 

ただ、チョーカーは、好みがあり、プレゼントする場合って、好みではないとなかなか付けない部類のアクセサリーです。

 

個性が強いので、好き嫌いや好みが激しいです。

 

ですので、好きだと知っていてあげるならチョーカーも良いのですが、ネックレスかチョーカーでプレゼントを悩んでいて、さらにサプライズで知らせていない場合などには、ネックレスのほうが良いでしょう。

 

意味合いもチョーカーは強めですので、はっきり恋人である関係であり、チョーカーを普段から付けるタイプの人であれば嬉しいものとなるでしょう。

 

だからこそ、あまり知らない人、恋人の可能性はない人からチョーカーをもらうと、逆にちょっと引いてしまうこともありえますので、プレゼントにするには注意が必要です。

 

好みをしっていなければ、チョーカーは万人ほどの受けはありませんよ。

スポンサーリンク

チョーカーをつける心理とは?

ではチョーカーを付ける人の心理を紹介していきます。

 

まず初めに、デザイン性が好きというのはあると思うので、全員に当てはまることはないでしょう。

傾向値としてあり得るということで紹介していきます。

 

まずは彼氏いますよ宣言です。

 

チョーカーは、「独占したい、一緒にいたい、束縛」などを意味します。

ですので、そう思ってくれる相手がいる、つまり彼氏がいるということを表すのです。

 

あとは、個人的に安心感を持ちたい人もチョーカーを着ける人に多いです。

 

なんとなく密着しているから、安心感やお守りみたいな意識が高くなるようで、付けたらホッとする、スイッチが入るなど、そういう役割もあるようです。

 

私は首が長いため、アクセントとして使っているので、あまり上記の意味が当てはまりません。(笑)

彼氏もいませんし、付けているときに安心も感じたことはありません。

 

一概にみんなに当てはまるというわけでもありませんね。

 

安心感だとは知らないで、なんか付けていると落ち着くと思っている人は、心理で安心感を求めているのかもしれませんね。

 

まとめ

チョーカーのプレゼントの心理は、独占したい、束縛、傍にいたいという意味です。

ネックレスも同様の意味をもちますが、チョーカーはさらに気持ちが強い場合のプレゼント。

 

チョーカーをプレゼントするなら、恋人か、チョーカーが好きだとわかっている人にするべきです。

 

恋人でもない、趣味でもない人にチョーカーをプレゼントするのは、引かれる可能性もありますので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました